ダイヤリ
by naniwametal


台湾以降、GAMMAナシになるの~?


 ZEPP東京で“HELLISH ROCK PART II”ジャパン・ツアー初日公演を観てきました~。

 集客はちょい寂しかった(多く見積もって7割…かな?)けど、若い子達も多くて、なかなかの盛り上がり!
 …ってか、
 前回のことを考えると、“KEEPER”のリアル・タイム組はもうアラフォー以上なワケで、やっぱりスタンディングの会場は避けられたんでしょうか?
 あ~でも、7日(金)の渋谷AXが完売なので、単に曜日の問題かも。
 ともあれ、若年層のファンを掴んでるのはイイことですな。


GAMMA RAY

 まずはガンマ・カイから。
 ミヒャエル・エーレ加入後、初の日本公演です。
 そのミヒャエルが激タイト。
 去年、WOAで観た時よりもずっとハマってて、すっかり“GAMMA RAYのドラマー”になってました。
 カイは新しいギターを使用。
 白のVシェイプで、ボディの形がエッフェル塔みたい。(?)
 ヘンヨも白、ディルクも白…で統一?
 “Skeletons In The Closet”ツアーのパート2…ってか、“Skeletons & Majesties”ツアーの流れを汲んだセトリは、正直かなり地味…。
 なので、GAMMA目的でない若い子が初めて観るには、ちょっとメニアック過ぎたかも。
 ただ、疾走曲多めで、“アーライ”も2度飛び出したので、それはそれでオイシイかと。
 カイはところどころでオクターブ下げて歌ってもいたけど、ワリとよく声が出てたし。
 ヘンヨも絶好調で、いつも以上にソロとか流麗だったような。
 ディルクはコーラスをガッツリやりつつ、いつも通りな感じ。
 途中、最新EP『MASTER OF CONFUSION』から2曲を連打で。
 「Master Of Confusion」は'13年版「I Want Out」で、「Empire Of The Undead」は'13年版“JERICHO”ってな印象。
 特に後者は、カイのスラッシュ魂が久々に炸裂してました~。

1.Welcome(SE) 2.SE~Anywhere In The Galaxy 2.Men, Martians And Machines 3.The Spirit 4.Dethrone Tyranny 5.Master Of Confusion 6.Empire Of The Undead 7.Empathy 8.Rise 9.Kai's Intro~Henjo's G Solo~Future World(HELLOWEEN) 10.To The Metal 11.Send Me A Sign

 「Dethrone Tyranny」は「Induction」ナシ。
 どうせなら、その流れでオープニングに置けば良かったのに~。
 「Rise」はサビが、やっぱりストラトのあの曲にしか…。
 「Future World」は、まずはピンクVを手にしたカイ──「このギターを持ったということは、次に何やるか大体分かるよね?」と──による、お馴染みグリークのイントロがあって、そこから一気に…と思いきや、何故かヘンヨのソロ・タイム(「荒城の月」を少し…)が始まって、何とヘンヨがイントロを弾きました。
 「To The Metal」終わりで、何となく終演っぽい雰囲気になって、一旦メンバー全員が引っ込むものの、アンコールがかかるかどうか…ってタイミングで、すぐにまたカイが出てきて、「もう1曲!」と。
 なので、「Send Me A Sign」はアンコールではない…とします。
 いや~しかし、ミヒャエルの凄さがヒシヒシを伝わるパワー全開のショウでしたな。
 「Send Me A Sign」とかも、いつもより微妙に速かったような…。
 開演はほぼオン・タイム&終演は20:06頃でした~。


HELLOWEEN

 セット・チェンジの際、『MASTER OF CONFUSION』のバックドロップが幕代わりに使用されてて、開演を告げるAC/DCの「For Those About To Rock(We Salute You)」が流れ、その途中で暗転すると、そのタイミングで『STRAIGHT OUT OF HELL』のバックドロップが登場。
 左右のタペストリー状のは、その前から出てましたけど。
 オープニングは「Walls Of Jericho」で、その後、“Ladies & Gentlemen…”ってナレーションがあって、ガツンとパワー・コードで幕開け。
 1曲目は…「Eagle Fly Free」ですよ。
 いや~、初っ端から無茶しよんな…。
 例によって、アンディは全く歌えてません。
 それどころか、高音を無理矢理出そうと酷いことに…。
 アレでは完全に“出川ヴォイス”ですがな。
 カイのゴッド・ヴォイスに対抗して、“ヤヴァいよヤヴァいよ~”…ってか?
 続いて最新作から「Nabataea」…って、絶対にコッチが1曲目の方がイイと思うけど。
 ただ、このツアーでは新作から結構多めにやってて、ヨーロッパ・ツアー中に一旦落ちてしまった「Burning Sun」も見事復活!
 大いに熱狂を呼んでおりました。
 ただ、全体的にどうも音のバランスが悪くて、ダニーのドラミングも今ひとつタイトさに欠ける…というか、キメ・キメが弦楽隊とカチっと合わないというか…。
 な~んか大味な印象は──でも、HELLOWEENの場合、いつものことかと。
 ドラム・ソロは空襲警報で始まり、機銃掃射に合わせたツー・バスから。
 最後は飛行機が撃墜されて…ドカーン?
 でも、その次に何で「I'm Alive」なの?
 UNISONICでホンモノ聴いたから、余計に酷さが身に沁みて…。
 ここで「Where The Rain Grows」やっとけば、もっと盛り上がるのに~。
 つか、アンディは何で拒否らないんでしょ?
 好き好んで出川ヴォイスで歌いたいワケじゃないだろうし…。
 本編ラストは、定番の「Power」でシメ。
 「オーオーオオオオーオーオー♪」も短めで、しつこくなくて良かった~。

1.Walls Of Jericho(SE)~Intro~Eagle Fly Free 2.SE~Nabataea 3.Straight Out Of Hell 4.Where The Sinners Go 5.Waiting For The Thunder 6.Burning Sun 7.Ds Solo 8.I'm Alive 9.Live Now! 10.Hold Me In Your Arms 11.If I Could Fly 12.Hell Was Made In Heaven 13.Power [Encore 1]14.SE~Are You Metal? 15.Dr.Stein [Encore 2]16.Medley:Halloween~How Many Tears~Heavy Metal(Is The Law)~Halloween 17.I Want Out 18.Outro:A Tale That Wasn't Right(SE)

 アンコールはまず、「アーユーメター♪」から。
 続いて、またまたアンディ節が楽しめる(?)「Dr.Stein」を。
 でもって、
 セカンド・アンコールは、いよいよカイとの共演ですよ。
 最初、ヴァイキーだけが出てきて、「Halloween」のイントロを弾くと、ゾロゾロとカイ含む残りのメンバーが登場。
 な~んか、やたらマーカスが嬉しそうに見えましたが?
 そこからメドレーなんですけど、何故か「How Many Tears」は、あの泣きのリードをオミット。
 をいをい…。
 ベース・ソロからの「Heavy Metal(Is The Law)」の掛け合いパートでは、カイがギター持たずにアンディと登場して、「ヘービメターぁ♪」「ホイ!」をたっぷり。
 (いや…「ホイ!」になってませんでしたよね?)
 そんで、再びカイがギター持って、何故かサシャが出てこないまま、「Halloween」に戻って終了~。
 続いて、ヘンヨとディルクが出てきて──「I Want Out」のイントロ・フレーズはヘンヨがプレイ!
 今度はヤケにヴァイキーが嬉しそう。
 やたらヘンヨに絡んでいきます。
 ここでもサシャは出てこず。
 いじけたの…?
 お腹でも痛くなった??
 これはアンディとカイがヴォーカルを分け合うのかと思ったら、最後までアンディが歌いきって、あ~あ…と。
 でも、後半サシャが出てきて、4人ギターで楽しませてくれました~。
 大歓声の中、アウトロは『UNARMED』('10)ヴァージョンの「A Tale That Wasn't Right」で。
 20:28頃(まだAC/DCが流れてる中で)暗転&終演は22:15頃でした~。
 さて、明日以降はちょっとぐらいセトリ変わるのかな??
[PR]
by naniwametal | 2013-06-06 02:59
<< カラスも共演? 行きも帰りも迂回ながら安く済んだ~ >>