ダイヤリ
by naniwametal


「Vigilante」とか「Breadfan」とか…


 MAGNUMのドラマーが来日中!!
 …ということで、
 クラブチッタ川崎にてTHUNDERのライヴを観てきました~。

 2DAYSで本日はスタンディングの日。
 お客さんの入りは7割ほどでしょうか?
 ゆったりフロアが埋まるぐらい。
 年齢層高いので、のんびり観られてちょうどイイ?


THE UNION

 まずはスペシャル・ゲストとして、ルーク・モーリーを擁するTHE UNIONが登場。
 初来日です。
 ベースはTHUNDERのクリスが務めてました。
 …って、
 1曲目を歌い始めた瞬間、ピーター・ショルダーの声がいきなりひっくり返ってビックリ!
 風邪にやられたそうです。
 初日を終えて、思わずハメ外しちゃった?
 ずっと前のTHUNDERの公演を思い出して、どうなるのか…と心配したものの、何とか最後まで歌いきってくれました。
 そのピーターはギターも弾いて、何曲かでソロも執って、アコギも爪弾きます。
 ルーク(WOAの時より少しだけ痩せた?)のプレイは、THUNDERとそう変わらず。
 ただライヴでは、CDで聴くよりも'90年代以降のどんよりヴァイブが強くて、ピーターのSSW志向(?)がより明確に出てもいた…かと。
 それでも、まんまZEPなフレーズとか、グラム・ロック風のノリとか、勿論ブルージーな空気などは、しっかり英国産を主張してましたけどね。

1.SE~Step Up To The Plate 2.Black Monday 3.The World Is Yours 4.Obsession 5.Saviour 6.Siren's Song

 ほぼオン・タイムで始まって、終演は18:34頃。
 ピーターの体調を考えてか、予定の演目に入っていた「Cut The Line」と「Black Gold」を外し、さらにアンコール候補(?)の「Holy Roller」&「Watch The River Flow」も演奏されず。
 「The World Is Yours」では、何度かハウリングを起こしそうになってましたね~。
 ちょっと短かったけど、まぁあんなモン…かな?


【THUNDER】

 続いて、解散しても解散しても日本へ来てくれる、しぶといオッサン・バンドの出番。
 いつものAC/DCは、アッサリFOして、“ドコタン! ジャ~ン♪”な王道で幕開け。
 のっけからダニーは笑顔満面。
 しかも元気イッパイ。
 飛ぶわ撥ねるわで、何でそんなテンション高いの?
 ルークはTHE UNIONと同じVを使用?
 既に疲れちゃってたのか、ミス多かったな~。
 ベンは2本のLPとテレキャスを使い分けてました。
 ハリーのドラミングは、往時からややパワー・ダウンしたかと思ったけど、見せ場では叩きまくってくれてたので──バンドの経年に合わせた結果なのかも。
 クリスは、THE UNIONでは完全に空気だったけど、THUNDERではそれなりに存在感あります。
 意外に動くし(但し、その度にダニーに追いかけられて…)。
 観客はいつもの忠実なTHUNDERの観客でした。
 ダニーの指示にどんどん従い、盛り上げ、ジャンプだって何だってやります。
 ただ流石のダニーも、マジック・フィンガーなんかは封印。
 MCも抑え目で(ホントはもっとしゃべりたいのに、ルークやベンがイントロを弾き始めるから、曲に移らざるを得ない?)、歌わせる場面も定番曲の定番コーラスのみ。
 ただ、アンコールで飛び出したスプリングスティーンでマイクを向けたのは…ちょい無理ありませんか?
 それでも、ちゃんと歌えてる人達もいましたけど。
 残念ながら、ハリーのボケも控え目でしたな…。

1.Thunderstruck@AC/DC(SE)~Dirty Love 2.River Of Pain 3.Higher Ground 4.Fire To Ice 5.I'll Be Waiting 6.The Devil Made Me Do It 7.Until My Dying Day 8.An Englishman On Holiday 9.Just Another Suicide(You Wanna Know) 10.Love Walked In 11.Somebody Get Me A Spin Doctor 12.I Love You More Than Rock 'N' Roll [Encore]13.Play That Funky Music(WILD CHERRY) 14.Born To Run(Bruce Springsteen) 15.Backstreet Symphony

 アタマの3曲はWOAで観た時と同じ流れ。
 つまり、本日はフェス仕様のセトリがベースになってる…ってことね?
 それにしても、ファースト率高いな~。
 「Born To Run」には、THE UNIONのピーターと、ドラムスのデイヴが乱入。
 デイヴがベンのギターを構えてて、ダニーに「をい、ヤメロ~w」と言われても、ガンとして渡さず、そのままホンモノのギターを使ってエア演奏。
 仕方なく(?)ベンはエレピ弾いてました。
 ピーターは全く歌わず、ギターを弾いてたけど──まぁ、完全に余興ですな。
 でもって、「Backstreet Symphony」でアッサリ終了~。
 暗転は18:56頃で、終演は20:33頃でした。
 さらなるアンコールを求めて、最前付近の熱心な信者達がずっと手拍子し続けてたものの、それは実現せず。
 もう1~2曲は聴きたかったという人も、きっと多かったでしょうね~。

 つか、
 日本へ来る前にMOTT THE HOOPLE(!)の前座やってきたんね?
[PR]
by naniwametal | 2013-11-24 03:19
<< やっぱりトンチンカンなこと書いてた… 同じ質問が次々と… >>