ダイヤリ
by naniwametal


天一が…薄い!


 高円寺HIGHでSKULL FISTを観てきました~。

 カナダのNWOTHM? オールドスクーラー?
 まぁ、何でもイイけど──タイ、シンガポール、インドなどを廻る“ASIAN INVASION”ツアーの一環としての再来日です~。

 本日はオープニング・アクトとして、イタリアの若手スラッシャーがまず登場!

ULTRA-VIOLENCE

 バンド名からも、2枚のジャケからも分かるように、映画『時計仕掛けのオレンジ』に影響されてるみたいで、ショウのオープニングにも映画の冒頭テーマが使われてました。
 (卍山ちゃん卍、TNX!
 ただ、メンバーのルックスはモロにオールド・スラッシャーな感じで、フロントマンが坊主頭にバンダナ…ってのもシブい?!
 メンバーの着用Tシャツは、そのギター/ヴォーカルがTESTAMENT、ベースがGOJIRA、ドラムスは…何とEXTREMA!!
 あ…上手ギターはダース・ヴェイダーでした。
 とにかくドラマーのパワーが凄い。
 勢いイッパツで走ったりモタったりと忙しいけど、ひたすら大きなアクションで叩きまくる姿はなかなかインパクトありました。
 (常に口が半開きなのも気になった…)
 バンド全体の演奏も勢いあります。
 MCも最低限でキレよく的確。
 長尺の曲が目立ち、凝ったキメとか多用してるものの、ガッツンガッツン突撃&突進しまくりなんで、観客も序盤から大暴れ!
 モッシュにクラウド・サーフに…って、誰もステージに上がってダイヴしないのは、みんな真面目というか大人というか律儀というか…。
 いや、落ちる際にマイク・スタンドとかモニター・スピーカーに激突するヤツはいましたけど、演奏に支障が出ることはギリギリありませんでした。

1.Title Music From A Clockwork Orange(SE)~Burning Through The Scars 2.Why So Serious? 3.L.F.D.Y. 4.In The Name Of Your God 5.10,000 Ways to Spread My Hate 6.Turn Into Dust 7.Lost In Decay 8.Fractal Dimension 9.Restless Parasite

 「L.F.D.Y.」では、“Live fast, Die young!”のところをみんなでシンガロング。
 「In The Name Of Your God」は、途中で一旦ブレークし、アコギのパートを丸々すっ飛ばして、次のヘヴィなパートへ。
 当初の予定では、「Fractal Dimension」が本編最後で「Restless Parasite」はアンコール用だったみたいですが、何となく空気を読んで(?)、「もう1曲聴きたいか~?!」と叫んで、そのままプレイ。
 でもって──終盤、ヴォーカルくんのギター・ストラップが外れて…と思ったら、どうやらストラップ・ピンが壊れてしまったようで、かなり苦戦しつつも(モニターにずっと足を掛けて弾いてたけど、歌いながらなんで大変そうでした)、何とかコナしてたのはエラい!
 そんなこんなで、暗転したのは18:11頃、終演は19:01でした~。


【SKULL FIST】

 セット・チェンジに30分ほどかけて、いよいよSKULL FISTが登場!
 彼等も速い曲はお得意ながら、所謂ひとつのスラッシュではなく、やっぱりスピード・メタルかな~。
 もっとメロディックな曲もあって、単にイケイケなだけのバンドではありません。
 本来は4人組ですが、ギター/ヴォーカルのジャッキー(ザッキー)が喉を痛めたとかで、ヘルプ・シンガーとして、ブライアン・スティーヴンソン(前ドラマーの兄弟で、元BEEHLER!!)が起用されてました。
 そうそう、MIDNIGHT MALICEのサポート・ギタリストとしても来日経験アリ…って、あのやたら元気だったヤツか!
 ベースも弾くし、ヴォーカルも出来るのね?
 ただ、ジャッキーばりのハイ・トーンは流石に無理みたいで──やはり、ところどころで違和感が…。
 いや、かなり頑張ってはいましたけどね。
 メンバーとも相当に仲がイイみたいで、ライヴ中、全員とずっとじゃれ合い、掴み合い(?)、蹴り合って…もいて、イイ感じに観客も盛り上げていたし。
 一方、数年前には首を骨折するという大事故(スケボーでしたっけ?)に遭っているジャッキーは、大人しくギターに専念して…と思ったら、のっけから大きなアクションをキメまくり、右へ左へと忙しく動き回り、トレードマークの(?)旭日旗ギターもガッツリ弾きまくり!
 勿論、シュレッドも連発。
 相棒のジョニーも頑張るものの、ツイン・リードでも掛け合いソロでも、完全にジャッキーに全て持っていかれてました…。
 (ただ、2人とも音量が小さめだったのが残念…!)
 ちなみに、コチラはTシャツにあんま見どころナシ。
 ベースはAC/DCだし、ドラマー(前回来日後の'14年に加入。彼もかなりのパワー・ヒッターながら、ハイハットが何度も壊れて? 可哀想でした…。あと、どうやら“Metal Battle Canada” のスタッフらしい)は最初っから裸だし、ブライアンも途中から裸になってたし。
 あ…いや、ジョニーが着てたのはNIGHT DEMONでしたっけ?
 どうせなら、全員それクラス(?)の濃いトコを揃えて欲しかったな~。

1.SE~Ride The Beast 2.Hour To Live 3.Get Fisted 4.You're Gonna Pay 5.Mean Street Rider 6.Commit To Rock 7.Call Of The Wild 8.Sign Of The Warrior 9.Chasing The Dream 10.Bad For Good 11.Head Of The Pack [Encore 1]12.Like A Fox [Encore 2]13.No False Metal [Encore 3]14.Ride On

 日本語MCをちょこちょこ入れてたブライアンは、「オツカレサマ~」がお気に入り?
 彼とジャッキーが、何度かサークルを求めるようなアクションしてたけど、フロアではモッシュすら一度も起こらず。
 転換の時、ULTRA-VIOLENCEとファンがすっかり入れ替わっていたんでしょうか?
 ヘドバンは激しかったけど、全体的なノリとしては、ULTRA-VIOLENCEよりもずっと大人しめで──ブライアンはそれがモノ足りなかったのか、後半はさらに煽りを強化してました。
 しかし、ジャッキーの“ワシはギターを触ってないと死ぬんじゃ~”ばりの(?)“常にひたすら弾きまくり”は凄かったな~。
 「Head Of The Pack」とか「Head Of The Pack」とか、ちゃんとイントロにアドリブ付きだったし。
 「No False Metal」はナレーションなしで、ギターの掛け合いミニ・ジャムからスタート。
 そして、予定外のサード・アンコール「Ride On」も、イントロなし&ドラム・フィルからメイン・リフへ。
 あと、暗転して最初に流れたのは、何故かWARの「Why Can't We Be Friends」でした~。
 暗転したのは19時半頃、終演は20:43頃~。
 
[PR]
by naniwametal | 2016-07-18 05:44
<< 去年のToRにARTCH出てた... 舐められるとお腹が痛くなる…って! >>