ダイヤリ
by naniwametal


わらじウマー


 東京国際フォーラムで“Michael Schenker Fest”を観てきました~。

 MSG(&McSG)の歴代ヴォーカルが集うスペシャルなライヴ・イヴェントで、リズム隊もTORのスコピ2名とは違い、往年のMSGの(SAHBの?)コンビです。

●ゲイリー・バーデン<Vo>
●グレアム・ボネット<Vo>
●ロビン・マコーリー<Vo>
●マイケル・シェンカー<G>
●スティーヴ・マン<G,Key>
●クリス・グレン<B>
●テッド・マッケンナ<Ds>

 開演予定時刻を6~7分ほど過ぎた頃、まずは客電が点いた状態で泣きのインストが流れて、その後に暗転。
 しばし、ブ~ン…という効果音の後、メンバーがバラバラと出てきて、何と…“神”本人自ら「Hello, I'm Michael Schenker!」と自己紹介し、「Into The Arena」がスタート。
 その後もマイケルは、各ヴォーカルをいちいち自分で呼び込んでました。

 最初、ステージ中央にデンと陣取るのは、巨大化したクリス。
 “一番”Tシャツ着用です。
 野太いベース・サウンドは、ちょっとゴリゴリうるさいけどイイ感じ。
 並みのギタリストなら負けちゃうけど、常にキレッキレな今の“神”なら心配ありません。
 (珍しく、ちょこちょこミスもしてましたが…)
 テッドは全編で“コナしてる”感アリアリながら、敢えて裏方に徹してたのなら、それはそれで正解かと。
 少なくとも、ハーマン・ラレベルのようなガッカリ感は皆無でした。
 スティーヴはほぼ空気。
 マイケルとの絡みも殆どなかったかと。

 でもって、
 2曲目の「Attack Of The Mad Axeman」からしばしゲイリー・パート。
 相変わらずビックリするぐらいに歌えてないし、サビでオクターヴ下で力なく歌うのもアレでしたが──ゲイリーだからそれでもOKなんです。
 あのユルさこそゲイバーの真髄なんで。
 途中、大阪公演ではやらなかった「Cry For The Nations」(ピアノのイントロなし)が追加。
 ただ、“Sweden Rock”ではやったという「Rock My Nights Away」と「On And On」はありませんでした。

 続いて、作曲クレジット騒動の渦中にある(?)スコピの「Coast To Coast」(演奏直前にクリスが「やったことない曲だよ!」と一言)を挟み、グレアム・パートへ。
 やっさん、もう出てきた瞬間からコミカルでキュートなオーラを発しまくり。
 声量も充分…ってか、さっきまで全くヌケてこなかったヴォーカルが、ギターを掻き消さんばかりです。
 例によって、あちこち声がひっくり返りまくるものの、ゲイバーのように下げることもなく、声が出なくても、ひょろひょろヨレても全く気にもせず、ただただガナり続けるのはマジ強烈!
 いや~、やっさん最強ですわ。
 「Dancer」では、ゲイバーと、ホントの出番はまだ先のロビンがコーラスで登場。
 でも、まるでカッチリしてなくて、やっさんのメイン・ヴォーカルも含めて、かなり雰囲気モノ。
 どうやら、「Broken Promises」も予定されてたみたいですが、結局プレイされず。
 これは大阪でもヨーロッパでもやってないんかな?

 「Dancer」終わりで3人のシンガーが速攻で退場すると、またまたインスト・タイムで「Captain Nemo」が炸裂!
 「やっと聴けた!!」とオッサン達が涙、涙…。

 続いてロビン・パート…なんですけど、「This Is My Heart」でガッツリ盛り下がって、「Save Yourself」で少し持ち直すも、「Love Is Not A Game」で再び観客のテンションだだ下がり~。
 MTVでよく流れてた曲ですけどね。
 本編ラストにはUFOが2曲。
 そのままロビンが歌います。
 …って、「Rock Bottom」の長い長いギター・ソロの間、ずっと退場してましたけど。

 そして、アンコールはシンガー3名が揃い踏みで「Doctor Doctor」!
 勿論、観客は大盛り上がりです。
 イントロでテッドに「ライド叩いてよ!」と指示するマイケル。
 メインのパートは、グレアム → ゲイリー → ロビンの順に歌い、意外にアッサリ終了。
 最後、「札幌で会おう!」と叫んでたのは…誰でしたっけ?

1.Searching For Freedom(SE)~Into The Arena(MSG) 2.Attack Of The Mad Axeman(MSG) 3.Victim Of Illusion(MSG) 4.Cry For The Nations(MSG) 5.Let Sleeping Dogs Lie(MSG) 6.Armed And Ready(MSG) 7.Coast To Coast(SCORPIONS) 8.Assault Attack(MSG) 9.Desert Song(MSG) 10.Dancer(MSG) 11.Captain Nemo(MSG) 12.This Is My Heart(McSG) 13.Save Yourself(McSG) 14.Love Is Not A Game(McSG) 15.Shoot Shoot(UFO) 16.Rock Bottom(UFO) [Encore]17.Doctor Doctor(UFO)

 う~ん、「This Is My Heart」の代わりに「Anytime」か「Nightmare」のアコ・ヴァージョンだったらな~。
 あと、UFOは1曲ぐらいで良かったかも…。
 まぁでも、この手のイヴェントにしては演奏もまとまってたし、ヴォーカル3人もかなり健闘してました。
 マイケルが定番曲以外も、のびのび気持ち好さそうに弾きまくっていたのも良かったし。
 ヴォーカルが交代する度に(MAIDENみたいに)バック・ドロップが変わったらもっと良かったかも。

 そんなこんなで、終演は20:45頃。
 あれ? 2時間もやってないんか!
 客電が点くや、みんなさっさと退場していくから、アウトロが流れ終わる前に、もう客出しは半分以上終わってました~。
[PR]
by naniwametal | 2016-08-25 02:02
<< またもやサウナ状態(芬蘭産だけ... 琵琶かと思ったらやっぱり琵琶! >>