ダイヤリ
by naniwametal


“ProgPower USA XVII” DAY 1


始まりましたー。
つか、水曜から参加は久々。
ソールドアウトだけあって、初っ端からフロアもスタンドもかなり埋まってます。

*LORD
オープニング・バンドは日本によく来る豪州パワー・メタラー。
初アメリカ…かな?
のっけからガンガン飛ばしていきます。
オーセンティックなリフ使いが心地好く、シュレッドも連発!
ただ、PPUSA の観客にしてはノリが大人しめ。
ラストは「Creeping Death」って、コレが一番ウケてたかも?
あれ? 「I Am Death」なかった??


*STREAM OF PASSION
オランダのゴシック・メタラー。
彼等も初アメリカ。(そして…ラストなの?)
マルセラ嬢は小柄ながらパワフルに、そしてしっとり歌い上げてくれます。
さらに、フィドルも(1曲だけですが)生で弾きます。
ベースとリード担当ギターは激しくアクションしながらプレイしてて、ちょっと意外?
ソナタとレディへのカヴァーやってました〜。


*SPOCK'S BEARD
米プログレの本物(?)登場!!

d0118153_15022679.jpeg
一応(?)メタル・フェスなのに、こういうバンドも平気でブッキングしちゃうのが、PPUSA の強みでしょーか。
当然、ウケもイイです。
YES とか GENESIS とかその辺の雰囲気もガッツリ。
今回もギターにヴォーカルにキーボードにと、テッドが大活躍…と思ったら、
やっぱり一番目立ってたのは、まるで江守 徹なアラン。
例によって、スタンド固定のアコギを弾いたり、テッドとフォーメーションを組んだり、アクションもいちいち派手だったりして、とにかく大活躍!
奥本 亮もまだまだ元気でした。
鍵盤要塞セットは使ってなかったものの、ソロでは何度ものけぞってたし。
メイン・ヴォーカルはテッドで、コーラスは時に全員で、人力で。
あと、曲によってはアランもデイヴもジミーもリード・ヴォーカルを執ります。
途中、マイキーのことネタにしてました??


*DRAGONFORCE
SB 開始時、既に40分以上押してて、トリのドラフォも同じようにオシオシでスタート。
えーと…マークん、いましたー!
コンディションも悪くなさそうです。
他のみんなはいつも通り。
サムはビールをガブ呑みしながら、みんなに茶々入れまくり。
クルーにも絡んでました。
ハーマンはギター膝蹴りやりまくり。
フレッドはデス声、出しまくり。
ヴァジムは飛び跳ねまくり。
ジーは…ちょいモタり気味?
途中、何度もサークルの要求が色んなメンバーから出るも、PPUSA のお客さんには無理
ムリ…。
でも、フロア後方で6人ぐらい暴れてたし、PPUSA では異例のサーフも何度か発生。
いや、アレでもみんな目一杯、頑張ってたんですよ。
ハゲネタも激しいー。
ヴァジムが、やたらキャップを脱いで自分のミニ・モヒカンをアピールしつつ、サムに「ニット帽、取っちゃうよ」とジェスチャー。
終演は午前0時20分頃かなー。

 1.SE〜Holding On 2.My Spirit Will Go On 3.Heroes Of Our Time 4.Operation Ground And Pound 5.Symphony Of The Night 6.Soldiers Of The Wasteland 7.Ds Solo 8.Seasons 9.Ring Of Fire 10.Cry Thunder 11.Valley Of The Damned [Encore]12.Fury Of The Storm 13.Through The Fire And Fire


[PR]
by naniwametal | 2016-09-08 15:01
<< “ProgPower USA... 連打で定休日とは… >>