ダイヤリ
by naniwametal


久々いんでぃら~


 渋谷O-WestでECLIPSEを観てきました~。

 スウェーデンのメロディックHR/HMバンド──これが初来日!
 北欧産らしいメロディアスなセンスとLAメタルのエッセンス、さらにジェイク~初期ザック期のOZZY+Geffen期のWHITESNAKEの手法も…ってなサウンドで人気です。

 意外だったのは、基本ギター1本で勝負していたこと。
 いや、シンセを同期で流し、ヴォーカルのエリクが何曲かでギター(アコ含む)も弾いてましたけど、
 出来れば、常にギター2本&鍵盤も生で…が望ましいかな~。
 実際、音の薄さが何度も気になったし。
 つか、
 専任ギターは、ソロでリヴァーブだかディレイだかを掛け過ぎてて、何だか妙に安っぽい音に…。
 あと、明らかにベースのチューニングがズレまくってて、何度も気持ち悪いことになってました…。
 普段あんまライヴやってないから、そういった詰めの甘さが出てしまう…のだとしたら、何とも勿体ない。

 ただ、エリクは客煽りを欠かさないし、赤いマイク・スタンドを振り回しながらのアクティヴなパフォーマンスもイイ感じ。
 あと、イケメン・ドラマーが、派手さもありつつ、しっかりプレイが安定していたのも良かったかと。

1.SE~I Don't Wanna Say I'm Sorry 2.Caught Up In The Rush 3.Wake Me Up 4.The Storm 5.Battlegrounds 6.Breakdown 7.About To Break 8.S.O.S. 9.Million Miles Away 10.G Solo 11.Blood Enemies 12.Stand On Your Feet 13.Ds Solo 14.Love Bites 15.To Mend A Broken Heart 16.Ain't Dead Yet 17.G intro~Bleed And Scream [Encore]18.Runaways 19.Breaking My Heart Again

 セトリは、最新作『ARMAGEDDONIZE』('15)と第4作『BLEED & SCREAM』('12)からのナンバーを中心に組まれ、初期2作からはプレイされず。
 サード『ARE YOU READY TO ROCK』('08)からは3曲…かな?
 「Blood Enemies」の前のギター・ソロ・タイムは、シンセを流しながら&ドラムも盛り立てながら。
 一方、ドラム・ソロはオルフの「O Fortuna」を使って、なかなかドラマティックに仕上げてました。
 アンコール1曲目の「Runaways」は、コンテスト用に書かれたシングル曲。
 エリクは、BLUE MURDERの某曲風の「Breakdown」などではアコを弾いたのに、何故か「The Storm」のイントロは音源使用。
 あと、「Blood Enemies」でギター・アンプにトラブル発生 → 歌いながらスタッフに身振りで指示を出すエリクが見事でした。

 そんなこんなで、暗転したのは19:12頃、終演後にアウトロとして「Battlegrounds」のアコ・ヴァージョンが流れ始めたのは20:41頃~。
 次回また来る時は、是非エリクが常時ギター兼任&鍵盤も連れて来て~。
 
 
 
[PR]
by naniwametal | 2016-09-15 03:24
<< “蜘蛛”って本名なんか! “ProgPower USA... >>