ダイヤリ
by naniwametal


SMS削除しちゃってたみたい…


 クラブチッタ川崎でLATTE E MIELEを観てきました~。

 “The Best Of Italian Rock Vol.3”です。
 LATTEのオリジナル・メンバー3人に、豪華ゲストが共演!
 つか、要はLATTE+TROLLS(+PICCHIO)ということで──来日メンバーは以下の通り。

●マルチェッロ・ジャンカルロ・デッラカーザ<G,Vo>
●アルフィオ・ヴィタンツァ<Ds,Vo>
●オリヴィエロ・ラカニーナ<Key>

●ヴィットリオ・デ・スカルツィ<Vo,Key,G,Flu>
●アルド・デ・スカルツィ<Key,Electric Wind Instrument>
●アンドレア・マッダローネ<G>
●ロベルト・ティランティ<B,Vo>

 NEW TROLLSから、あのLABYRINTHのロブ・タイラントも参加!
 何と、彼のソロ作『SAPERE ASPETTARE』('15)からもプレイされたり、スカルツィ弟が張り切ってPICCHIO DAL POZZOまでやっちゃいます。
 う~ん、正に“ベスト・オブ・イタリアン・ロック”ですな~。
 2部構成で3時間以上みっちり!
 本日のセトリは以下のような感じ。

[第1部]
1.PASSIO SECUNDUM MATTHEUM:SE~Introduzione~Il Giorno Degli Azzimi~Ultima Cena~Getzemani~Il Processo~I Testimoni(1°&2°Parte)~Il Pianto~Giuda~Il Re Dei Giudei~Il Calvario~Il Dono Della Vita 2.PAPILLON:Ouverture~Primo Quadro(La Fuga)~Secondo Quadro(Il Mercato)~Terzo Quadro(L'Incontro)~Rimani Nella Mia Vita 3.MARCO POLO:San Marco~Carnival 4.Pavana

[第2部]
1.Una Notte Sul Monte Calvo(NEW TROLLS) 2.La Nuova Predica Di Padre O'Brien(NEW TROLLS) 3.Ho Visto Poi(NEW TROLLS) 4.Merta(PICCHIO DAL POZZO) 5.Cocomelastico(PICCHIO DAL POZZO) 6.Non È Più Tempo(Roberto Tiranti) 7.CONCERTO GROSSO PER I NEW TROLLS:4°Tempo/Shadows(Per Jimi Hendrix)(NEW TROLLS) 8.Il Treno(Tigre-E 633-1979)(NEW TROLLS) 9.Una Miniera(NEW TROLLS) 10.Quella Carezza Della Sera(NEW TROLLS)

[Encore 1]
11.CONCERTO GROSSO PER I NEW TROLLS:2°Tempo/Adagio(NEW TROLLS)

[Encore 2]
12.PAPILLON(Reprise):Ouverture~Primo Quadro(La Fuga)~Secondo Quadro(Il Mercato)~Terzo Quadro(L'Incontro)~Rimani Nella Mia Vita 13.Let It Be Me(NEW TROLLS) 14.La Prima Goccia Bagna Il Viso(1°&2°Parte)(NEW TROLLS)


 まずは、『PASSIO SECUNDUM MATTHEUM』('72)全編を、オリジナル・アレンジで再現!
 ただ、ところどころ細かいアレンジは違ってました。
 (一部“The Complete Work”ヴァージョン…?)
 最初だけヴィットリオが参加&すぐに離脱して、以降は6人でプレイ。
 リード・ヴォーカルは、アルフィオとロベルトで分けてました
 コーラスは人力でも頑張るものの、基本的に同期を使用。(&幾つかの楽器も同期で)
 あと、ところどころでアルドがウィンド・シンセでソロを執ったり、指揮者になったりも。
 加えてアルドは、MCというか、やたらメンバー紹介で気合い入ってましたね~。

 LATTEはその後、『PAPILLON』('73)のA面を途中まで(マルチェッロも歌うも、どうやら音源を流しながら…のアテブリだったみたい)とか、『MARCO POLO』('09)の序盤とかをやって、『AQUILE E SCOIATTOLI』('76)の大曲「Pavana」でシメ。
 ここでもロベルトが大活躍です。
 (オリヴィエロは全編ほぼ空気…)

 そして、20分ほどの休憩を挟み──第2部はヴィットリオが主役を奪ってしまい、“LATTEはどこに?”状態。
 いきなり「禿山の一夜」からですよ。
 そう、アタマ3曲は『ATOMIC SYSTEM』('73)から!
 「La Nuova Predica Di Padre O'Brien」のフルート・ソロでチビりそうになりました…!
 お次は、インプロ満載のPICCHIO DAL POZZO。
 当然、アルドがさらに張り切りまくりまくります。
 さらに、TROLLSをガッツリ!
 ヴィットリオが初めて書いたという初期曲とか、『ALDEBARAN』('78)&『FS』('81)からもやりました。
 アンコール“その1”は、スタンディング・オヴェーションからそのまま「Adagio」へ。
 その後一旦引っ込んで、抜粋「Papillon」をもう一度。
 それから、その場のノリで(仕切りは当然ヴィットリオ)、TROLLSをあと2曲!
 ここでもロベルトが超絶ハイ・トーンで絶唱!!
 いや~、最後は完全にTROLLSのライヴになってました。
 入場時に頂いたセトリによれば、元々は「Papillon」ではなく、『受難劇』の抜粋をアンコールに用意してたようですが、観客席からも「Papillon」のリクエストがあったことから、急遽プレイ…となったようです。

 そんなこんなで、開演は19:01頃、終演は22:28頃。
 何とも深~く濃ゆいイタリア祭でございました~。
 
 
[PR]
by naniwametal | 2016-10-22 06:42
<< 来年のToRが見事ブラック祭に…! また争奪戦になるのか…それとも? >>