ダイヤリ
by naniwametal


マッキーおぢさんTNX!


 Y&T@クラブチッタ川崎、2日目~。

 本日は“ALL TIME BEST SHOW”ということで、定番曲がガッツリ連打で…と思ったら、押さえるべき曲はちゃんとやりつつも、意外にレア曲が多かったです。
 意外といえば、昨日『EARTHSHAKER』('81)から全曲やったばかりなんで、今日はやっても1~2曲かな~と思ってたら、いきなり「Hungry For Rock」でショウが幕開け、他にも「Dirty Girl」「Rescue Me」「Hurricane」「I Believe In You」…と、計5曲もプレイ。
 まぁ、どれも欠かせない曲ではありますが。
 一番驚いたのは、『CONTAGIOUS』('87)からの「L.A. Rocks」!
 あと、「Rock'n'Roll's Gonna Save The World」も2日続けて聴けるとは。

 昨日ヤキモキさせられたデイヴのギター・サウンドは、見事に改善。
 のっけからレスポールの音が素晴らしくて…!
 リードではちょっとデカ過ぎでしたが…。
 青ストラトも勿論、イイ音してました。
 ヤマハのレヴスターはそこそこ…。
 本人にとっては、かなりのお気に入りみたいですけど。
 但し、チューニングは──昨日と同じく──念入りに。
 特にレスポールが狂い易いようです。

 問題は──デイヴの声。
 昨夜はしゃぎ過ぎた?
 それとも、年齢が年齢だけに、やっぱり2連荘で2時間超のライヴはキツいのか?
 本人はMCで「アレルギーが…」なんて風にも言い訳してたけど、何度か咳込んだりもして、実際かなり苦しそうです。
 おかげで、「Midnight In Tokyo」は続けて2度プレイすることに。
 要はやり直した…んですな。
 今日もライヴ録音&撮影(クレーンも設置!)が入っていたので。
 でも、2回目も最初とそう変わらず、それどころか、途中でブレークし、「さっきよりイイだろ?」なんてしゃべったりもしてたから、結局そのテイクは使えないのでは?
 そして、以降はどんどん声が荒れてきて、フェイクも目立つようになっていき──デイヴ自身、かなりヘコんでる様子でした。
 終盤にかけては、ギター・プレイにもミスが目立ってきて──つまりは、思うように声が出ない焦りや苛立ちが、演奏にも影響しちゃったんでしょう。
 それでも、本編は演目を削ることなく、予定されていた楽曲を全てプレイしてくれました。
 いや…それどころか、最初のアンコールこそ、1曲(『BLACK TIGER』から「Don't Wanna Lose」)減らしたものの、その後、急遽セカンド・アンコールをやってくれたのです!
 既に「本日の公演は全て終了しました…」というアナウンスが流れていたのに、さらなるアンコールを求める熱心な声にパワーをもらったのか、しばらくしてまた出てきて、さらに3曲(2曲半?)プレイ!!
 最初、デイヴが嬉しそうな表情で出てきた時は、喉のコンディションもあるので、きっと挨拶して、再度お辞儀して、それで終了…かと思ってました。
 そしたら、みんな楽器を手にして、「さ~て、もうちょっとやるか~」…と。
 その時点で、2階バルコニーは殆どのお客さんが撤収済み。
 1階フロアも半分ぐらいしか残っていなかったのでは?
 途端に湧き起こるリクエストの声、声…。
 それにいちいち反応しつつ、「う~ん、それは難しいな~」なんて言いながら、「んじゃ~、コレ!」と「Open Fire」がスタート!
 もうフロアは大騒ぎですよ。
 しかも、1曲じゃ終わらなくて、「まだエネルギーが残ってるぞ」と、さらにリクエストを募ります。
 ここで「Surrender」に反応するも、結局やってくれず──何故かブルースを。
 あ~でも、スタンダードじゃなくて、これはオリジナル…?
 何と、デイヴのソロ『ON THE BLUE SIDE』('98)から「Bad Feeling」でした。
 ただ、これはギター・ソロの途中でカット・アウト。
 でもって、「もう1曲──どのアルバムがイイ? そうだな…『MEAN STREAK』からいくか!」と、「Down And Dirty」が…!
 う~ん…地味~。
 でも、凄まじいサプライズですよ。
 つか、昨日やらず終いだった「Hell Or High Water」も、今日アンコールから外した「Don't Wanna Lose」も無視(?)して、ソロ曲をやってしまうデイヴは凄い?!
 いや、ホントに凄いのは、それに対応出来ちゃうエアロンでしょう。
 彼は元々Y&Tの大ファンだったそうですけど、それにしてもお見事ですわ。
 並みのバンドだったら、急遽の追加曲って、せいぜいド定番とか有名曲のカヴァーでしょ?
 それなのに、「Down And Dirty」…って!

1.From The Moon(SE)~Hungry For Rock 2.Don't Stop Runnin' 3.Hurricane 4.L.A. Rocks 5.Shine On 6.Dirty Girl 7.Lipstick And Leather 8.Mean Streak 9.Don't Be Afraid Of The Dark 10.Winds Of Change 11.25 Hours A Day 12.I'll Keep On Believin'(Do You Know) 13.Black Tiger 14.Midnight In Tokyo 15.Midnight In Tokyo(Reprise) 16.Hang 'Em High 17.I Believe In You 18.Contagious~Ds Solo 19.Rock'n'Roll's Gonna Save The World 20.Summertime Girls 21.I'm Coming Home [Encore 1]22.Rescue Me 23.Forever [Encore 2]24.Open Fire 25.Bad Feeling(Excerpt/Dave Meniketti) 26.Down And Dirty

 ちなみに、デイヴの調子が際立って悪くなる前──「Hurricane」の後には、実は無茶振りのリクエストに軽く応えてたりもしてます。
 声が上がったのは、『YESTERDAY AND TODAY』('76)収録の「Animal Woman」で、「流石にそれは無理だわ」…とか苦笑しつつ、サワリだけ歌ってくれたのです。
 何というサーヴィス精神。
 というか、それだけ日本のファンを大事に思ってくれているんですな。
 セカンド・アンコールにしても、とても無理だと思ってたのに…。

 正直言って、演奏も歌も初日の方がずっと良かった…けど、今日は今日で、生体験した人にとっては、忘れられない思い出となったことでしょう。
 今日も「I'll Cry For You」はなかったけど、亡くなった3人のメンバーに捧げられた「Winds Of Change」で、思わず涙腺崩壊した人もいたかも?
 それと、本編終了時には、フィルのベースがステージへ持ち込まれ──それを前に、エアロンがひれ伏す場面も…。

 そんなこんなで、
 暗転したのは19:04頃&まさかのセカンド・アンコールが終了したのは19:51頃でした~。
 今日は色々あり過ぎて、ライヴ作がどうなるのか、ちょっと心配ですが──まぁ、初日メインでいけば無問題かと。
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-03-20 00:08
<< 「El Bimbo」やるかと思... 未読が溜まる一方… >>