ダイヤリ
by naniwametal


「El Bimbo」やるかと思ったのに~


 ガス・Gのライヴを渋谷クアトロで観てきました~。

 FIREWINDのあのガスの、ソロとしては初の日本公演です。
 バックを務めるのは、WARDRUMのストラッター<B>と、FIREWINDのヨハン・ニュネス<Ds>。
 えっ? 鍵盤ナシ??
 でもって、ヴォーカルは元METALIUM他で現FIREWINDのヘニング・バッセ。
 さらに、AMARANTHEのエリーゼ・リュードもゲストに迎えられていました。

 お客さんの入りは6割ぐらい?
 いや、上手側と後方エリアが閉鎖されてたので、実際には半分ぐらいだったかも。
 OZZYのギタリスト…とはいえ、なかなかキビしいモノがありますな。
 ただ、最初はそこそこの盛り上がりだったものの、徐々にみんなヒート・アップしていって、後半以降は何曲かで合唱も起きてました。
 まぁ、殆どがヴォーカル入りだったとはいえ、やっぱりみんなギター・ソロに大注目なワケで、思わず見入っちゃいますよね~。
 つか、当然ですが巧いんですわ、ガスちん。
 流麗という言葉は彼のためにあるかのように、全く澱みなく華麗に弾きまくってくれます。
 あと今回は、何曲かのエンディングなどでディレイをいじくり、ギターをミンミン言わせることも多し。
 でも、相変わらず押しが弱いというか、前へ出てこないというか、存在感に欠けるというか──な~んか地味なんですよ。
 前々から誰かに似てる…と思いつつ、それが誰なのかずっと分からなかったのですけど──本日、判明しました。
 成田童夢です。
 顔はともかく、色々と薄くて弱いところとか…。

 そんなガスをガッツリ盛り立てていたのが、メイン・ヴォーカルのヘニング。
 今やすっかりパバロッティみたいな風貌になっていますが、それなりに貫禄が出て、客煽りも常に忘れず、以前と変わらず、フロントマンとして優秀なところを見せてくれました。
 喉の調子はそこそこだったものの(ちょい鼻声だった?)、やっぱり抜群に歌が巧いし、そもそも器用なんでね~。
 自分の持ち曲以外も見事に歌いコナしてくれます。
 唯一、何か違う…と思ったのは、DREAM EVILの「Children Of The Night」ぐらいかと。

 リズム隊は、あんま特徴のないストラッター、文字通りのパワー・ヒッターのヨハン…ということで、間違いなくドラムのインパクト強し。
 中盤にドラム・ソロもやったのですが、正に力で押し切る…ってな感じで、ラフに豪快に叩きまくってました。
 それにしても、やっぱり4人じゃ音が薄くて…。
 ベースが芯のないトーンだったのもあって、ギター・ソロになると、途端にショボくなってしまいます。
 どうせなら、ボブ・カトシオニスにも来てもらえば良かったのに~。

 セトリは以下の通り。

1.SE~My Will Be Done 2.Burn 3.Brand New Revolution 4.Hands Of Time(FIREWIND) 5.SE~Back On The Throne(FIREWIND) 6.Come Hell Or High Water 7.Vengeance 8.World On Fire(FIREWIND) 9.The Fire & The Fury(FIREWIND) 10.The Quest 11.Ds Solo 12.Terrified 13.SE~What Lies Below 14.Long Way Down 15.Children Of The Night(DREAM EVIL) 16.Redemption 17.I Am The Fire [Encore]18.SE~Breaking The Silence(FIREWIND) 19.Crazy Train(OZZY OSBOURNE)

 ほぼソロ曲とFIREWINDで占められ、DREAM EVILはまさかの1曲だけ…。
 せめて「The Book Of Heavy Metal」ぐらいは追加してよ~。
 あと、OZZYも『SCREAM』('10)から「Let Me Hear You Scream」とかやんのかと思いきや、何のヒネりもなく「Crazy Train」ですから。

 終盤になって、やっぱり露出度の高い衣装で登場したエリーゼは、持ち曲(?)の「What Lies Below」に加えて、「Long Way Down」と「Breaking The Silence」に参加。
 要は、女性ヴォーカル入り曲は任せた…ってことね。
 「Breaking The Silence」は当然、ヘニングとデュエット。
 (不安気なエリーゼに、「さん…ハイ!」と歌入りのタイミングを教えるヘニング)
 あとエリーゼは、「Crazy Train」の時もステージにいたものの、サビでまともにコーラスすら入れてなかったのは──まさかと思うけど、曲自体を知らない…の??
 まぁでも、ドラム以外とにかく地味だったので、今回エリーゼがいて本当に良かったと思います。
 リハの時間とかなくて大変だったでしょうけど、出来ればあともう1~2曲歌って欲しかったかも。
 コーラス的な参加でも良かったから…。

 そんなこんなで、暗転したのは19:04頃で、終演は20:41頃。
 客出しのBGMは『I AM THE FIRE』('14)から「Dreamkeeper」でした~。
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-03-23 04:16
<< “酒とロックとあなたとわたし”... マッキーおぢさんTNX! >>