ダイヤリ
by naniwametal


ウン十年ぶりのバス酔い…


 羽田空港のTIAT SKY HALLでFAIR WARNINGのプレミアム・ウォーム・アップ・ショウを観てきました~。

 これは、この週末に行なわれる彼等の25周年記念来日公演に先駆けて行なわれた“前夜祭”で、バンド史上初の公開リハーサル企画…です。
 あ…いや、実際のところ、事前に「バンドのウォーム・アップも兼ねており、曲が繰り返し演奏されたり、途中ストップしたり、本公演では演奏されない楽曲の披露もあるかもしれません」「曲中、曲間でのクルーとのやり取りなど、今までファンへ非公開だった事が目の前で行われます」とのアナウンスがあったものの──結果的に、ちょっとしたやり直しはあったものの、同じ曲を複数回プレイしたり、曲の途中で演奏を止めたりといったことは全くありませんでした。
 確かに、本番よりはユルい雰囲気だったものの、アレはリハーサルではなく、正にライヴでしたよ~。
 照明なんかも、もしかしたらずっと客電点けっ放しで演奏するんじゃ…なんて思ってたら、ちゃんと暗転して、それなりに効果も加えられてたし。

 のっけからトミーのテンションが高い、高い!
 ガンガン観客を煽り、ノリノリで歌い上げまくり。
 声もよく出てたかと。
 一部の高音パートはフェイクして、コーラスのニクラスに任せてたものの、前回来日時からは別人のように復活(?)してました。
 つか、ヒゲ生やしてるとGOTTHARDの故スティーヴ・リーに似てない?
 でもって、ニクラスはデイヴ・エレフソン@MEGADETHみたい。
 あと、絶賛肥大化中のヘルゲは、まるでヴィニー・ポールで──ウレは…どこかのマダムっぽい?
 ちなみに、ドラムのC.C.は、さらに志村けん度が薄れてました。
 誰かに似てるけど思い出せない…。
 可哀想に、鍵盤サポートのトールシュテンは、アンプの後ろでプレイ。
 まぁ、顔は見えてましたけど。

 セトリは以下の通り。

1.SE~Out On The Run 2.Longing For Love 3.When Love Fails 4.Helge G Solo~Eastern Sun(ZENO) 5.Crazy 6.Take Me Up 7.Long Gone 8.The Heat Of Emotion 9.Generation Jedi 10.Save Me 11.In The Ghetto(Elvis Presley) 12.The Call Of The Heart 13.Angel Of Dawn 14.Rain Song 15.Hang On 16.Follow My Heart

 やはりファースト曲、多し!
 ヘルゲは途中、弦を切る熱演?
 ZENO曲も飛び出し、セカンドも…と思ったら、「Generation Jedi」が。
 で、「In The Ghetto」以降はアコ・パート。
 ここでは12弦のチューニングが今イチだったヘルゲ。
 すかさず、「油が切れてるんじゃないの?」とトミーが突っ込み、給油するかのようにペットボトルをヘルゲの頭に当てたりも。
 「Rain Song」では、C.C.が楽器のレインメーカーを取り出し、「Hang On」ではニクラスとトールシュテンとC.C.がパルマの嵐!

 ところで、観客は終始、着席したままだったのですが、もしかして「立ち見厳禁」とのお達しがあったのでしょうか?
 それでも、盛り上がりは凄かったんですけどね。
 そんなこんなで、
 暗転したのが19:42頃で、終演は21:02頃…なので、ここまでちょうど80分。
 1/3がアコ・セットとはいえ、普通にほぼフル・ショウでしたな。

 そして──約20分の休憩を挟み、後半は質問コーナー&プレゼント大会~。
 プレゼントはどれもレア品ばかりでした。
 トミーは初来日時の衣装の一部を、プレート付きの木箱に納めたモノを5つ用意。
 ウレはデビュー当時の販促チラシとか、『PIMP YOUR PAST』('16)のレコーディングで用意したドラム譜とか、文字通りのお宝を連発。
 他の面々(サポメン2人はナシね)のブツも、かな~りファン垂涎でしたね~。
 ただ、22時を過ぎても、誰も慌てる様子はなく、終電がヤヴァい人達が泣く泣く帰っていくのに、プレゼント抽選はその後も粛々と続けられてました。
 22時半の時点で、最後のプレゼントが…って状況。
 もし、既に帰っちゃった人に当たったら…かなり可哀想なんですけど。 
 そして、みんなで写真撮影もやったようですが、さらにその後に何があったのかは、22時半を過ぎた頃においとましちゃったので…不明。
 全員握手会とかもやったのかな?

 しかし、パフォーマンス自体は素晴らしかったものの、土日の本チャンに向けて、ちょい謎の残る演目でした。
 「Sukiyaki」もなかったし。
 果たしてチッタでは、セカンドとサードからどれぐらいプレイしてくれるんでしょう?
 楽しみ半分、不安半分ですな~。
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-04-21 04:41
<< “Drachen Hauch”... まさかの核弾頭が… >>