ダイヤリ
by naniwametal


ずっと船漕いでたけど…


 渋谷クアトロでTREATを観てきました~。

 まず驚いたのがその動員力。
 クアトロとはいえ、場内はほぼ満員に。
 こんなに人気あったとは。
 しかも、いちいち歓声はデカいし、みんな歌いまくるわ…で、一体感が凄かった~。
 つか、一番ビックリしてたのはステージ上のメンバーだったかも。
 大歓声が起こる度に、大合唱が起こる度に、何度も「をいをいマジか…?!」ってな表情浮かべてましたから。
 そもそも、TREATの過去作って今も簡単に手に入るの?
 ベスト盤があるからOK?
 いや、どの曲も盛り上がってたし、最新作『GHOST OF GRACELAND』('16)からの曲も反応上々~。
 そういえば今回、中間部に『DREAMHUNTER』('87)収録曲をメドレーでガッツリやるパートがあったんですけど、そこでも曲が変わる度に歓声が上がり、全編(全曲ではないです)終えてヴォーカルのロベルトが一言──「みんなどの曲も知っててくれてるんだね…!!」
 あまりの驚きと予想外の嬉しさに、何だか不思議な表情を浮かべてましたね~。

1.SE~Ghost Of Graceland 2.Better The Devil You Know 3.Nonstop Madness 4.Ready For The Taking 5.Papertiger 6.Do Your Own Stunts 7."DREAMHUNTER" Medley:Sole Survivor~You're The One I Want~Take Me On Your Wings~Best Of Me~Dancing On The Edge~Outlaw 8.Inferno 9.Love Stroke 10.SE~Roar 11.Get You On The Run 12.Conspiracy [Encore]13.SE~Skies Of Mongolia 14.We Own The Night 15.World Of Promises

 今回も演奏は、ドラマーがしっかりしてるので安定感アリ。
 ただ、そのジェイミーはケツ出し衣装ではなかったです。
 新ベーシスト、ポントゥスは太いトーンがやり過ぎないビリー・シーン…って感じで最高!
 前半、出音のバランスが今イチで、ギターも鍵盤も妙に小さくて、あれれ…と思いつつも、その分ベースが際立ってたのは良かったかも?
 あ~でも、ギターのバッキングは埋もれ気味だったものの、ソロはハッキリ聴こえてました。
 コーラスは同期も使いつつ、人力でもやってた…のかな?
 あと同期は、サビのみメイン・ヴォーカルも流してましたよね?
 だからか──ロベルトは、曲によってはそれに頼りっきりで、ちゃんと歌わなかったり…。
 高音パートも、無理すれば歌えなくなさそうなのにね~。
 終盤、一番の盛り上がりとなったのは、あのイントロで悲鳴のような歓声が起こった「Get You On The Run」!
 この曲の大合唱には、ロベルトもアンデシュも鳥肌立つぐらい感動していた模様です。
 「World Of Promises」をメドレーから独立させていたのも大正解!
 今回やらなくて意外だったのは、「The War Is Over」とか「Party All Over」とか。
 後者はイントロSEの中に含まれてましたが…。

 いや~それにしても、盛り上がりまくりまくりましたな~。
 90分超だと短く感じた人もいたかも?
 実は序盤、地味曲の連打でどうなるか…とビビったけど、それでも全く問題なく、以降も極端に盛り下がる曲はなかったし。
 あの様子だと、次回はO-Eastでも余裕でやれそう?
 でもって、次作がもっとメロディックで、もっとキャッチーで、グルーヴ控えめなら、さらにファン層拡大も望めるハズ…!
 その辺にメンバーが気付くかどうか──ですな~。
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-05-18 03:28
<< おかげでかにチャーハンも堪能~ スタローンはん…何してますの? >>