ダイヤリ
by naniwametal


消えた副部長


 クラブチッタ川崎で“THE BEST OF ITALIAN ROCK VOL.5”を観てきました~。

 流石に集客はキビしかったけど、それでも1階フロア縮小版の椅子席は7割ほど埋まってました。
 根強いイタリア人気…ってか、やっぱりメニアは沢山いますね~。


SEMIRAMIS

 かつてアルバム1枚のみを残して消えた謎のバンド──まさかまさかの来日ですよ。
 現ラインナップにオリメンは2人。
 再結成の仕掛け人であるドラマーのパオロ・ファエンツァと、ギターのジャンピエロ・アルテジャーニです。
 他は、一応…というか、2人に比べれば若手?
 鍵盤奏者2名のうち、リノ・アマートは現IL ROVESCIO DELLA MEDAGLIAだそうで。
 演奏は意外に(?)ガッチリ安定してました。
 再現度も思いの他、高かったし。
 中でも、メイン・ヴォーカルのヴィト・アルディートと、リード・ギターのアントニオ・トラパニが実にイイ仕事をしてたかと。
 パオロのドタバタっぷりは想定済み。
 フルートは、鍵盤メインのダニエレ・ソレンティが担当です。
 ショウはまず、唯一作『DEDICATO A FRAZZ』('73)から曲順通りに全曲がプレイされ、その後、来年リリース予定の新作収録予定曲も2発。
 再現パートでは、終始椅子に座ってアコギを弾いていたジャンピエロが、1曲ずつ詩の朗読っぽく解説を入れつつ、淡々と進行していきます。
 ステージ後方にはスクリーンがあって、ジャンピエロの“解説”中、母国語で語られるその詩(?)の内容が、英語と日本語で映し出されてました。
 終盤には、フラッツ人形がでろ~んと首吊り状態で…。
 新曲はいずれもオールドスクールな暗さがあって、「Mille Universi」はかなりKC寄り。
 尚、「Finalmente Nuovo」はプレイされなかった模様です。

1.La Bottega Del Rigattiere 2.Luna Park 3.Uno Zoo Di Vetro 4.Per Una Strada Affollata 5.Dietro Una Porta Di Carta 6.Frazz 7.Clown 8.Morire Per Guarire 9.Mille Universi

 とりあえず、「Luna Park」に悶絶!
 いや~、マジ期待以上でしたわ~。


DELIRIUM

 コチラはあんまよく知りません。
 1~2枚、CDを持ってたハズですが、正直あんま聴いてないし…。
 オリメンは鍵盤奏者のエットレ・ヴィーゴだけ。
 …って、このオヤジが何とも地味で、シンセ・ソロとか弾く時も、ほぼ微動だにしないし…。
 メイン・ヴォーカルのアレッサンドロ・コルヴァーリャ(鍵盤&ギターも兼任)が何度か煽りにいくも、常に自分の世界…ってなノリでした。
 あと、フルート&サックス奏者のマーティン・グライスも、オリメンではないけど古株メンバーではあるのね?
 演奏はタイトでパワフル。
 SEMIRAMISよりもさらに現役感アリ。
 ジャジーなアンサンブル、哀愁漂う叙情パート、フリーのインプロ…と、観どころ満載ですよ。

1.Villagio 2.Tremori Antichi 3.Gioia, Disordine, Risentimento 4.La Mia Pazzia 5.Sogno 6.Dimentione Uomo 7.Culto Disarmonico 8.Pensiero Per Un Abbandono 9.L'era Della Menzogna 10.Il Nodo 11.Il Castello Del Mago Merlino 12.L'Inganno Del Potere 13.Verso Il Naufragio(Incl. Theme One) 14.Dolce Acqua 15.King's Road [Encore]16.Movimento I:Egoismo 17.Jesahel

 セトリはセカンド『LO SCEMO E IL VILLAGGIO』('72)収録曲中心…と聞いてましたが、彼等もまずはその再現からやったみたい。
 そんで、次に多くプレイしたのが、現時点での最新作『L'ERA DELLA MENZOGNA』('15)収録曲。
 あと、ファーストからも、初期シングルからもやって、'09年作『IL NOME DEL VENTO』からも「Theme One」が挿入された「Naufragio」なんかを。
 さて、明日はサード再現…ですね?
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-08-13 02:08
<< 鳥そっぷウマー!! WOA DAY 3 >>