ダイヤリ
by naniwametal


鳥そっぷウマー!!


 クラブチッタ川崎で“THE BEST OF ITALIAN ROCK VOL.6”を観てきました~。

 集客は昨日と同じぐらい?
 両日参加という人も多いんでしょうね~。


RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO

 “到着返信書留郵便”です。
 オリメン2人のうち、ヴォーカルのルチアーノ・レゴーリは、このRRRの後、SAMADHIを結成するワケですが、その遥か後には、何とあのDGMのシンガーになったりします。
 そんなメタラーでもある(?)彼は、片目だけアリス・クーパーってなメイクで登場。
 衣装も騎兵隊風(?)で──途中、片側のみのマスクを被ったりも。
 さらに、プロジェクターで彼の絵画をステージ後方のスクリーンに投影していたのですが、コレがなかなか重厚な本格派で、見事な効果を生んでいました。
 もうひとりのオリメンはベースのナンニ・チヴィテンガ。
 コチラは結構、地味めだったような…。
 注目はギターのロレンツォ・ミローネ。
 まだ若そうな彼は、もう見た目がまんまインギーで、流石にココでは大人しく弾いてたものの、きっと本当はネオ・クラシカルなシュレッダーなのでは?
 実際、NOVERIAやSTEEL SEALといったメタル・バンドのアルバムに客演しているみたいです。
 他のメンバーもかなり地味ですが、その中ではドラマーの巧さが光ってました。
 よって、アンサンブルも実にタイト。
 現役感ガッツリあります。
 …って、
 本当はRACCOMANDATA RICEVUTA RITORNOではなくて、LA NUOVA RACCOMANDATA CON RICEVUTA DI RITORNOという名義で活動しているんですよね??

1.Nulla 2.Su Una Rupe 3.Il Mondo Cade(Su DI Me) 4.Nel Mio Quartiere 5.L'ombra 6.Un Palco Di Marionette 7.Sogno Di Cristallo 8.Il Cambiamento 9.L'uomo Nuovo 10.Le Anime 11.Babe,I'm Gonna Leave You(LED ZEPPELIN)

 で、彼等もオリジナル活動期の唯一作『PER…UN MONDO DI CRISTALLO』('72)をまず曲順通りに全曲再現して、それからLA NUOVA RACCOMANDATA CON RICEVUTA DI RITORNOとしての『IL PITTORE VOLANTE』('10)から3曲やって、ラストは何故かZEPカヴァー!
 サックス入りです。
 つか、ルチアーノはMCで「俺はハード・ロック好きで、ドラマーはジャズ畑出身」と言ってましたな。
 郵便とは全く関係のない、邪悪な暗黒風味もしっかり健在でした~。


DELIRIUM

 2日目はサード『III:VIAGGIO NEGLI ARCIPELAGHI DEL TEMPO』('74)の再現ショウ…と思ったら、
 暗転するや、フロア後方からマーティンが現れ、サックスを吹きながら観客の間を抜けて行き、そのままステージへ上がって、まずは「Verso Il Naufragio(Incl. Theme One)」から。
 “再現”はその後に始まりました。
 メイン・ヴォーカルのアレッサンドロは、今日もよく動いて頑張ってたけど、バンド全体の地味さは相変わらず。
 ジャズのノリにハマりきれないとキツい部分もあるかも…。

1.Sax Intro~Verso Il Naufragio(Incl. Theme One) 2.Il Dono 3.Viaggio Negli Arcipelaghi Del Tempo 4.Fuga N.1 5.Dio Del Silenzio 6.La Battaglia Degli Eterni Piani 7.Un Uomo 8.Viaggio N.2 9.Ancora Un'alba 10.L'era Della Menzogna 11.Il Nodo 12.Dolce Acqua 13.King's Road 14.Il Castello Del Mago Merlino 15.Movimento I:Egoismo 16.Jesahel

 “再現”後の演奏曲は、昨日とほぼ同じ。
 「L'Inganno Del Potere」のみ抜けてたように思ったけど──どうでしたっけ? やりました??
 でもって、「Il Castello Del Mago Merlino」で本編終了かと思わせておいて、マーティンが「もう1曲聴きたいか?」と煽って、インプロでスモコン@DPなんかも挟み込む「Egoismo」をやって──さらに引っ込みそうで引っ込まず、「もう1曲?」と観客に迫り、ラストは「Jesahel」~。
 なので、最後2曲はアンコールという形ではありませんでした。

 2日間観ての感想は、やっぱしSEMIRAMISが凄かったな…と。
 RRRもヴォーカルの存在感が際立ってて──結局のところ、2日とも出演してメイン・アクトっぽかったDELIRIUMは、両日ともそこそこな印象だったかと。
 まぁ、分かり易い曲もあって、お客さんのノリは決して悪くはなかったのですけど。
 やっぱしイタリアン・プログレといえば邪悪なオーラが重要ですな~。
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-08-14 02:56
<< ゴールデン街で何が…? 消えた副部長 >>