ダイヤリ
by naniwametal


<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

S. GRIMMETT新作…まんまG. REAPERですわ!


 “Extreme the DOJO Vol.18”へ行ってきました~。

 直前にDYING FETUSがキャンセルとなり、2バンドで強行されたのですけど、その影響が出たのか、やっぱりお客さんの入りはそこそこでした…。
 まぁ、
 それでも7割ぐらいは入ってましたけどね。


DAATH

1.SE~The Hinderers 2.War Born(Tri-Adverserenade) 3.Medley:Praise The Lord(Opium Of The Masses)@DYING FETUS~Hammer Smashed Face@CANNIBAL CORPSE~Day Of Suffering@MORBID ANGEL 4.Sightless 5.SE(Hitler)~Festival Mass Soulform 6.SE(Piss)~Placenta 7.Ds Solo~Emil's G Solo 8.From The Blind 9.Cosmic Forge 10.Ovum 11.Blessed Through Misery 12.Subterfuge

 キーボードのマイケル・キャメロンがいない?
 …と思ったら、
 イアル曰く「ああ、ヤツはハネムーン中だ」…って何だソレ?
 でも、
 バッキング・トラックを流しながら5人でやったら、ほぼそれでOKだったり…。
 もしかして、鍵盤奏者必要ナシ??
 …って、
 予想していたよりは小粒なライヴだったかも。
 ギターの2人も、もっと超絶なのかと期待したら、そこそこウマいけど…って感じ。
 でも、
 下手ギターのエミルは、ジャズ系プレイもコナす有望株なんで、今後ナニかやってくれそうな気もしますな。
 あと、
 上手ギターのイアルも、エキゾティックなメロディ使いはなかなかでした~。
 3曲目のメドレーにDYING FETUSのリフを組み込んでたのは…ファンへのプレゼント?
 (ドラマーが元DFだから…か?)
 とりあえず、
 もうちょっとツアー経験積んで一気に化ける…のに期待!


ZYKLON

1.Intro(SE)~Subversive Faith 2.Core Solution 3.In Hindsight 4.Disintegrate 5.Transcendental War - Battle Between Gods 6.Ways Of The World 7.Psyklon Aeon 8.The Prophetic Method 9.Underdog(Inc.:Ds Solo) [Encore]10.Subtle Manipulation 11.Hammer Revelation

 …で、
 チクロンBさんは相変わらず地味で…とか言ったらファンに怒られそうですけど、実はあの地味さがイイのかも?
 例によって、サモスには全くオーラなし(つか、めっちゃフレンドリーな感じ~)。
 デストラクターのワザと運指を難しくしてるような引き攣り系ギター・ソロも、あんま凄みが伝わってこないのは勿体ないかも…。
 唯一、ドラムスのタリムだけがいつもの冷たいオーラをビシビシと発しておりましたけど。
 …って、
 ドラム・ソロとかやっちゃうなんて意外~。(しかも、始まりは「Painkiller」@JPだったし)
 残念ながら、EMPERORの曲はやりませんでした…。
 サイン会でのタリムの笑顔は──ちょっと見たかったかも?


 では、また。
[PR]
by naniwametal | 2007-09-29 03:08

DAATHのエミルはしゃべりも速弾き?


 “Melodic Power Metal Night Vol.10”@渋谷クアロト2日目~。

 …って、
 〆切大襲来中につき、SILENT FORCEしか観られなかったのですけど。

 セット・リストは同じでした。
 う~ん…やっぱり、もうちょっと初期からの曲をやって欲しいかも。
 ただ、
 ショウとしては初日よりも全然良かったと思います。
 何故だか急遽写真を撮ることになってピットにいたので、PAからの出音は聴けていないのですけど、昼間にアレックスも「CDみたいにならないサウンド・バランスにする」と言っていたので、少しは改善されてた…ハズ。


 


 まぁ、
 演奏面での細かなミスはさておき、各メンバーも初日以上にハジけてた感じだったので、良かったのではないでしょうか。


 では、また。
[PR]
by naniwametal | 2007-09-28 13:09

どこまでが1日なのか分からない…


 “Melodic Power Metal Night Vol.10”@渋谷クアトロへ行ってきました。


SILENT FORCE

1.Introduction~Man & Machine 2.Walk The Earth 3.Point Of No Return 4.Once Again 5.Goodby My Ghost 6.In From The Dark 7.Key Solo~G Solo 8.The King Of Fools 9.Save Me From Myself 10.Hold On 11.Heroes 12.Ride The Storm 13.Message To God(ROYAL HUNT)

 まずはD.C.の肥大化に着目。
 声はそこそこ出てたけど…動きにはキレがなかったかな?
 アレックス(@演奏中ニヤけ過ぎ!)は相変わらず。
 ユルゲンの(オフとは大違いの…)カッコ良さも変わらず。
 現RAGEでもあるアンドレのドラミングは豪快ながら、音がCDみたいで…。
 (コーラスもキレイ過ぎ~)
 でも、
 やっぱりリハ不足は否めないかな~。
 あと、
 初期ナンバーを完全に外しちゃったのは…どうなのよ?
 RHカヴァーの選曲もちょい地味? 



HAREM SCAREM

1.Dagger 2.Human Nature 3.Caught Up In Your World 4.The Paint Thins 5.With A Little Love 6.Killing Me 7.Honestly 8.If There Was A Time 9.Change Comes Around 10.Hard To Love 11.Don't Come Easy 12.Mandy 13.Higher 14.Voice Of Reason 15.No Justice 16.Karma Cleansing

 これが最後?
 あ…でも、もう1枚アルバム出すのなら、その時にもツアーあるんかな?
 …って、
 いずれにしても、ヤケに淡々としてたのは何故?
 (ハリーに至っては、ところどころ投げやりな印象も…)
 しかも、
 本編ラストが「Voice Of Reason」だったのは、ある種の日本のファンへの決別宣言??
 そんな中、
 客電点いてもお客さん帰らず、予定外のセカンド・アンコールはかなりのサーヴィス?

 とりあえず、
 本日は“HSファン >>>>>> SFファン”だったみたい…ね。


 では、また。
[PR]
by naniwametal | 2007-09-27 06:09

まだ少年のようなパッデンは現在31歳…なの?!


 “Thrash Domination 07”2日目~。


NEVERMORE

1.SE~Medicated Nation 2.I, Voyager 3.The River Dragon Has Come 4.Inside Four Walls 5.My Acid Words 6.Final Product 7.Born 8.Narcosynthesis 9.Deconstruction 10.This Godless Endeavor 11.Enemies Of Reality

 今日はワレルがあんまMCやらず(特に前半)。
 …で、
 リハ前に「今日はセット・リスト変わる? “Beyond Within”とか“Poison Godmachine”やらない?」と訊いたら、「いいや」とそっけない返事。
 ところが──その10数秒後、
 わざわざ後ろから追いかけてきて、「もしかしたら“Deconstruction”をやるかもしれん…もしかしたらな」…と。
 そんで、実際に追加してくれました~。
 つか、
 「昨日と違う曲やるぞ! 昨日も来たヤツは…?」(手を上げたの…約30名)「えっ…ホントにそれだけなん?(汗)」──って。


ANNIHILATOR

1.SE~Operation Annihilation 2.King Of The Kill 3.Clown Parade 4.Set The World On Fire 5.The Fun Palace 6.Never, Neverland 7.W.T.Y.D. 8.Stonewall 9.Refresh The Demon 10.Crystal Ann~Alison Hell

 「昨日のライヴは人生最悪だった…」と言ってたジェフですが、今日はみっちりリハもやって、機材トラブルなんて無縁…と思いきや、
 今度はデイヴのギターが途中でダメに…。
 何か呪われてますな~。
 ただ、
 「Stonewall」はちゃんとやってくれました。
 その代わり(?)「Clown Parade」にジェフ・ルーミスは不参加。
 …で、
 WHITE WOLF絡みなのは、ベースのラッセルなん?
 EXCITERのTシャツ着用なドラマーは──実はEXCITERとは全く関係ないのだとか。


DESTRUCTION

1.SE~Curse The Gods 2.Nailed To The Cross 3.Mad Butcher 4.Eternal Ban 5.Life Without Sense 6.Machinery Of Lies 7.Death Trap 8.Cracked Brain 9.SE~Thrash 'Til Death 10.Tormentor 11.Soul Collector 12.SE~Total Desaster 13.Bestial Invasion 14.The Butcher Strikes Back~Outro(Theme from “Omen”)

 昨日と同様、本日も最高潮の盛り上がり。
 出音のヌケも良くなってたし。
 …でもって、
 シュミーアは「1・2・3…ダーーーーッ!!」をやってくれました。
 結局、「Release From Agony」はやってくれなかったけど、「Tormentor」でサビを絶叫出来たので…まぁ、ヨシとしますか。
 それにしても、
 シュミーアのカリズマ度はますますアップしてるし、ライヴ・バンドとしてのポテンシャルも、'80年代当時を軽く上回ってるのでは?
 (マイクはただ弾いてるだけなんですけどね…:笑)


NUCLEAR ASSAULT

1.Rise From The Ashes 2.Brainwashed 3.F# 4.New Song 5.Critical Mass 6.Game Over 7.Butt Fuck 8.Justice 9.Sin 10.Betrayal 11.Third World Genocide 12.Price Of Freedom 13.F(Wake Up) 14.When Freedom Dies 15.Trail Of Tears 16.Stranded In Hell 17.After The Holocaust 18.My America 19.Hang The Pope… 20.Lesbians 21.Technology [Encore]22.Fight To Be Free 23.Great Depression

 今日もジョンはヘンなMCを連発しつつ、ビールも呑みまくり(&演奏中にも呑ませてもらいまくり)なら、カンペも捲りまくり?
 でも、
 バンドとしては昨日よりもずっとまとまってました。
 エリック・バーク(アンプのキャビに日本語で“ホモです”の張り紙:笑)もサンダル履きではなかったし。
 「Trail Of Tears」の前には、一瞬「移民の歌」が飛び出したりも。
 本編ラストには、ベッカム・ヘアのハズがすっかり出川ちっくなジョンが観客の中へダイヴ!
 あ~でも、NUKESに今後はあるんでしょう…か??
 それになりに気になりますね~。

 ともあれ、
 2日間──10時間以上に亘るスラッシュ漬けはなかなかタフでありました。
 来年は誰が出るんでしょ?
 真性スラッシュぢゃない枠にRAVENとか…無理かな??


 では、また。
[PR]
by naniwametal | 2007-09-24 02:26

トイレの洗面台に鮮血…?


 “Thrash Domination 07”へ行ってきました~。

 最初、
 フロアが7割ぐらいしか埋まってなかって、「あれ?」とか思ってたら、いつの間にかギッシリ。

 当然、
 スラッシュ現役世代も多かったけど、結構若者も目立ってましたね~。


NEVERMORE

1.SE~Medicated Nation 2.I, Voyager 3.The River Dragon Has Come 4.Inside Four Walls 5.My Acid Words 6.Final Product 7.Born 8.Narcosynthesis 9.This Godless Endeavor 10.Enemies Of Reality

 いきなり“ネヴァモア・コール”が起こったりしたけど、やっぱりスラッシュぢゃないので盛り上がりはソコソコ。
 いやいや、
 それでも充分に健闘したと思いますですよ。
 とりあえず、ジェフ・ルーミスがスゴ過ぎ…。
 クリス・ブロデリックもウマいんですけど、ジェフのあの安定感の前ではかすんでしまう~。
 ワレル・ディーンは赤毛になってた?
 例によって、キャップ着用ながら、ヘドバンする時には飛んでいかないように(?)手に持ちます。
 何かテンション低そうなMCしてたけど、アレはスラッシュぢゃない引け目から?
 つか、
 「C.B.F.」とは言わないまでも、「Beyond Within」とか「Poison Godmachine」とかやってよ~。


ANNIHILATOR

1.SE~Operation Annihilation 2.King Of The Kill 3.Clown Parade(Feat. Jeff Loomis) 4.Set The World On Fire 5.The Fun Palace 6.Never, Neverland 7.W.T.Y.D. 8.Refresh The Demon 9.Alison Hell

 デイヴ・パッデンがギタリスト兼任で、一応リード・ヴォーカルなんだけど、ジェフ・ウォーターズもまだまだ歌います。
 それにしても、デイヴは(元々ギタリストだけあって)普通にギターうまいわ~。
 アルバム通りにジェフ・ルーミスが参加しての「Clown Parade」では、デイヴはハンドマイクで熱唱!
 …って、
 そんな感じで序盤はイイ感じだったのに(チューニング下げの「King Of The Kill」は違和感あったけど…)、「Set The World On Fire」の途中でジェフのギターがトラブって(ワイアレスが壊れた?)、
 その時は何とか3人で最後まで演奏しきったものの、しばらく長い沈黙があり(デイヴったら、「ちょっと待ってね」とか言って、そのまま引っ込んでしまうし…)、
 その後ようやくジェフが出てきて、ショウが再開されて以降も、ずっと流れは悪いまま…。
 キレ気味のジェフは、やりきれない思いが炸裂してか、かなり凄まじいギター・プレイをキメまくってくれてたけど、な~んかもどかしい雰囲気を最後まで引きずってしまってたかも。
 そのおかげで(?)、「Stonewall」がカットされてしまったし…。
 ところで、リズム隊…って誰なのよ?
 ベースはラッセル・バーグキスト?
 あと、
 ドラムスが元WHITEWOLF…ってのはマヂ?


DESTRUCTION

1.SE~Curse The Gods 2.Nailed To The Cross 3.Mad Butcher 4.Eternal Ban 5.Life Without Sense 6.The Defiance Will Remain 7.Death Trap 8.Cracked Brain 9.SE~Thrash 'Til Death 10.Ds Solo~Invincible Force 11.Soul Collector 12.SE~Total Desaster 13.Bestial Invasion 14.The Butcher Strikes Back~Outro(Theme from “Omen”)

 本日、最高潮の盛り上がり。
 やっぱりシュミーアのカリズマ性は並ぢゃないです。
 難点は、そのシュミーアの表情とかが全く見えない真っ暗な照明…。
 何て勿体ないんですかね!
 あと、
 ディーン使用のマイクが、それでも全然出音に以前と変化がないのは凄い!
 つか、
 日本語満載なMCはスゲー楽しいんですけど、シュミーアに「オッパッピー」とか教えちゃいかんでしょ♪
 とりあえず、
 まだまだやるべき曲は山ほどあるんで、明日はまた違ったセットになる模様。
 (シュミーアも“明日は「Release From Agony」とか期待しててね~”とか言うてましたな)
 本日の一番のサプライズは「Cracked Brain」…だったでしょうか?


NUCLEAR ASSAULT

1.Rise From The Ashes 2.Brainwashed 3.F# 4.Game Over 5.Butt Fuck 6.Justice 7.Sin 8.Betrayal 9.Third World Genocide 10.Price Of Freedom 11.F(Wake Up) 12.Trail Of Tears 13.When Freedom Dies 14.Stranded In Hell 15.Radiation Sickness 16.After The Holocaust 17.My America 18.Hang The Pope… 19.Lesbians 20.New Song [Encore]21.Critical Mass

 え~、
 “どこまで本気なの?”…ってライヴでしたな。
 髪を切ったジョン・コネリーはスペイン語でMCしたり、「あれ? ドイツだっけ? ソ連…ぢゃなくて、ロシア? あっ…ココって日本だったのね? オゲンキデスカー!」とか言ったり、最後には早口の英語でまくしたてたり…とか。
 …ってか、
 ジョンのギターは何であんなチューニングが狂いまくるの?(や、安物か…?)
 そんでもって、
 マイ・ペース過ぎるジョンのフォローをやってたのが、これまた日本語MCが得意なダン・リルカーでした。
 あと、
 グレン・エヴァンスが予想以上に頑張ってましたね~。
 エリック・バークは短パンにサンダルでプレイ。
 そんなグダグダなノリに戸惑ったのか、観客も今ひとつ盛り上がりきれず…。
 (終演時には、バルコニーの関係者席がすっかりガラガラになってて苦笑しきりでした…)
 ともあれ、
 ジョンのあの妙な佇まい(声もよく出てて、ヴォーカル面ではそう問題なかったのにね~)は、ヤル気のなさではないことを祈る…。
 つか、
 明日もちゃんとやってくれるのか、ちょっと心配になったり…?
 

 では、また。
[PR]
by naniwametal | 2007-09-23 03:32

君炎の2/5が揃ってのサウナ・ライヴ~


 GOTTHARD@渋谷O-East。


1.SE~Master Of Illusion 2.Gone Too Far 3.Top Of The World 4.The Call 5.Hush 6.Sister Moon 7.Make My Day 8.I Wonder 9.Tomorrow's Just Begun 10.One Life One Soul 11.Let It Be 12.Domino Effect 13.All We Are 14.Dream On 15.Firedance 16.Mountain Mama 17.Anytime, Anywhere [Encore 1]18.Falling 19.Heaven 20.Lift U Up [Encore 2]21.Mighty Quinn
[PR]
by naniwametal | 2007-09-19 03:17

浪漫座報告はまた後日に…


 こんにちは。

 コルピの余韻冷めやらぬ中、THUNDER@渋谷O-Eastを観てきました。

 …って、
 いきなりですが、セット・リストから。

1.SE~Welcome To THE Party 2.Dirty Dream 3.Everybody Wants Her 4.Low Life In High PLACES 5.The Devil Made Me Do It 6.River Of Pain 7.A Million Faces 8.Robert Johnson's Tombstone 9.Somebody Get Me A Spin Doctor 10.You Can't Keep A Good Man Down 11.Love Walked In 12.She's So Fine [Encore]13.Play That Funky Music(WILD CHERRY) 14.I Love You More Than Rock'n'Roll 15.With A Little Help From My Friends(THE BEATLES) 16.Good Lovin' Gone Bad(BAD COMPANY) 17.Tumbling Dice(THE ROLLING STONES) 18.Dirty Love:Inc.(I Can't Get No)Satisfaction@THE ROLLING STONES

 まぁ、
 言ってみれば(いい意味で)いつものショウですよ。
 すっかりオヤヂなメンバー達の、シブくてパワフルな魅力が全開の、楽しくて、歌いまくりで、叫びまくりの…!
 つか、
 ルーク…ったら太った?


 …で、
 実は、五人一酒@目黒ライヴステーションと掛け持ちだったワタシは、
 アンコールを2曲観たところでO-Eastを後にして、そのままダッシュで目黒へ──。


 

 …って、
 駄菓子菓子のレコ発ですよ。
 五人一酒は約30分で2曲を演奏。
 まず新曲をやって、「あと1曲です♪」というMCに続いて、「赫い記憶」をガッツリ…!!

 あ~でも、
 「赫い記憶」は久々だったためか、ところどころギコチなくて、百田とか大ミスをカマしてしまったり…と、
 こないだの沼袋サンクチュアリほどの情念は迸ってませんでした~。

 まぁ、
 それでも充分に観応えあったし、何年振りかに駄菓子も観れたのでヨシとしましょう~。

 つか、
 本当に久し振りに観たのに、やっぱし駄菓子は駄菓子でしたわ。
 …でもって、
 結論:クッキー(@出戻り)最強。

 何でしょうか、アノ壮絶な空気の抜けた存在感は…?

      
       ▲とにかく全てが最強──九鬼元威秘・改!


 では、また。
[PR]
by naniwametal | 2007-09-18 02:37

コルピと焼肉ドンジャラホイ!


 都内某所で行われた“KORPIKLAANIと行く肉々バーベキュー”イヴェント(?)に潜入してきました~。


  


 抽選で選ばれた20名のラッキーなファンと、コルピの面々による、言わば懇親会…でしょうか?

 結構、
 皆さんシャイで、最初のうちはメンバーを遠巻きに取り囲んで眺めてる…という感じだったのですが、
 ユーホによるナイスなアコーディオンのBGM効果もあってか(?)、徐々に打ち解けてきて、中盤以降はみっちり盛んに交流されておられました~。

 

 当然、
 “アヤーヤヤーヤー♪”とか、「酒場で格闘ドンジャラホイ」の大合唱もありつつ、
 やはりユーホの伴奏で、ストラトの「Black Diamond」とか、EUROPEの「The Final Countdown」なんかも、みんなで歌いまくりですよ。

      

 …って、
 実は全員かなり大人しいコルピの面々──意外に肉も酒もそこそこな感じだった…かも?
 (ちなみに、ベースのヤルッコはベジタリアンだったり…)

  
   ▲肉配給──妖精もきちんと並んで順番を待ちます。

 つか、
 最初はお箸に悪戦苦闘していたものの、すぐに慣れてたのは凄いかも?

  
   ▲誰も「フォークがなきゃ食えねぇ」なんて言いません。


  
   ▲何故か肩にタオル…のヒッティス──肉に喰らい付く!!。


 …で、
 酒が進むにつれて、森の妖精がいつの間にかヴァイキングに??

  


 一番ノリが良かったのはドラムスのマットソンで、大人気のヒッタヴァイネンにも笑顔が何度も飛び出したし、いつの間にか、片隅でヤルッコ先生のフィンランド語講座が開講されたりもしてましたわ。

  

 …って、
 終盤にはヒッタヴァイネンが疲れちゃったのか、宴座から外れてひとりでボ~っとされておられましたけど。

  


 ともあれ、
 メンバーも「一生の思い出になった」と言ってたように、モロモロめっちゃ楽しい大宴会となりました~。
 (1週間前は雨の予報だったのに、天気も良かったしね)
 終始満足気な笑顔を浮かべていた主催のカミーン@ハウブルも、さらにコルピへの思いを強くしたことでしょう~! 


 では、また。
[PR]
by naniwametal | 2007-09-16 17:08

マットソンはひとりで何してた?


 こんにちは。

 KORPIKLAANIをYG&ERP取材してきました~。

 ガッツリ2連荘で、
 まずYGではヨンネ&カーネを──

 

 ──続いて、
 ERPではヨンネ&ヒッタヴァイネンをインタビュー!

 

 …って、
 他のメンバー(ドラムスのマットソンのみ不在)も同席していたため、どっちの取材ものっけから“みんなでディスカッション”…みたいに。
 つか、
 ベースのヤルッコもアコーディオンのユーホもギターが弾ける…ってコトで、YG取材時には、みんな交代でギターを掻き鳴らしながら、賑々しくギター談義が交わされました~。
 一方、
 ERP取材では、プログレ・メニアなベースのヤルッコが「俺の好きなアーティストばっかり載ってる!」とはしゃぐ横で、ヨンネがALAMAAILMAN VASARATの記事に見入ったりする中、
 取材嫌いとの噂もあったヒッタヴァイネンが、意外なぐらいにイッパイしゃべってくれてちょっと感激。
 つか、
 ユーホもヒッタヴァイネンも殆ど英語がしゃべれない…なんてハナシもありましたけど、全然そんなコトなかったですよ。

 あ~でも、
 取材の合間にみんなで食ってたのが、骨付き肉とかぢゃなくて──パスタだったというのは、ちょいイメージ違ったかも…?
 しかも、
 ヨンネもヒッタヴァイネンも、ちまちまタバスコかけつつ、スプーンも使って可愛らしく(?)食べてましたね~。
 あと、
 カーネが缶入りチューハイ(梅)を呑んでたのにもちょっとだけビックリ!


 …でもって、
 コルピ取材×2から約2時間後に、今度はADAGIOをERP取材~。

 

 …って、
 こちらはステファン・フォルテひとりだったので、さっきまでの喧騒(?)が嘘のように落ち着いたインタビューになりました。

 予想通りのマヂメくんだったステファン(@“h”は発音しないぜ!)は、自らの“ネオクラ”観や意外な音楽趣味なんかに加えて、
 既に“半分ほど完成”というニュー・アルバムについても、色々と熱く語ってくれましたよ。


 それぞれ露出はちょい先ですが、モロモロお楽しみに~。


 では、また。
[PR]
by naniwametal | 2007-09-16 01:36

PA卓から酸っぱい異臭が…?


 こんにちは。

 遂にフィンランドから森の妖精楽団が日本初上陸!

 その──渋谷クアトロでの初来日公演を観てきました~。
 ソールド・アウトで会場内は超満員!


 まず、
 オン・タイムでオープニング・アクトのADAGIOが登場~。

 暗転と同時の大歓声にバンマスのステファン・フォルテもビックリ&メッチャ笑顔ですよ。

 何故かヴォーカルがグス・モンサントではなく、元OUTWORLD~BEYOND TWILIGHTのケリー・サンダウン・カーペンターでした。

 演奏はまぁまぁまとまってたし、ステファンが見事なグロウルをキメて、ケリーもカンペとか見ることなく、パワフルなハイ・トーン(マイク・ヴェセーラ+スティーヴ・グリメット…?)で歌い上げまくってたのですけど──やっぱり、最初はちょっと硬かったかな?
 ステファンもリード・プレイとかメッチャぎこちなかったし…。
 あと、
 ドラマーが相当ドタバタしてました。

 …で、
 ネタバレ注意報なセット・リストは以下の通り。

1.Arcanas Tenebrae/Dominate 2.Second Sight 3.Fire Forever 4.Terror Jungle 5.In Nomine…

 たった5曲ですよ。
 演奏時間は30分。
 ケリーが殆どMCをやらなかったので、ホントにあっという間でした~。


 その後、
 セット・チェンジに30分強かかって、いよいよKORPIKLAANIが…って、
 セッティングの時に、メンバー本人が次々と出てくるんで(ドラムスのマットソンなんて、ほぼ自分ひとりでセットを組み立ててました)、誰かがステージ上に現れる度に、観客はまるでもうショウが始まったかというぐらいに大盛り上がり。
 特に、フィドラーのヒッタヴァイネンが出てきた時は、一斉に手拍子で迎えられてました。
 やっぱり大人気ですな~。
 あと、
 鹿角付きのマイク・スタンドが運び込まれた時も、大きな歓声が上がってました。
 …って、
 最近、その一部が折れてしまったのだとか。(この写真で分かりますでしょうか…?)

 …でもって、
 民謡SEの中、メンバーがバラバラと出てきて、ドラム・ロールからお馴染み「Journey Man」が弾け、待ちに待ったコルピのショウがスタート!

 いや~、
 とりあえず…もう、ホントに凄まじいコトになってましたわ。
 どの曲でもみんな歌いまくり、ジャンプしまくり、モッシュしまくり。
 例によって、
 マットソンはかなりヤヴァかったけど(それなのに…ドラム・ソロをやっちゃう!)、そんな細かいコト気にしてる暇がないホド、ひたすら盛り上がりに盛り上がりまくってました~。

 ヴォーカルのヨンネも大感激してたみたいです。
 あと、
 専任ギターのケーン(母国語読みだと“カーネ”)もひたすらはしゃぎっ放しでしたな(笑)。
 ちなみに、
 彼の皮ベストの背中には、GMMでザック・ワイルドにも「COOL!」と言われたこんな文字が…!
 あと、
 ベースのヤルッコは見事に(?)ドワーフ系の好々爺だったし、
 相変わらずユーホは大人しいし、
 ヒッタヴァイネンは愉快でシブくて…とにかく大人気!


 そんで、
 またまたネタバレ注意報なセット・リストはこんな感じ~。

1.SE~Journey Man 2.Korpiklaani 3.Cottages & Saunas 4.Tervaskanto 5.Palovana 6.Tulikokko 7.Orbina(SHAMAN)~Ds Solo 8.Pellonpekko 9.Veriset Aparat 10.Happy Little Boozer 11.Juokse Sina Humma 12.Hunting Song 13.Wooden Pints 14.Beer Beer [Encore]15.Let's Drink 16.Ii Lea Voibmi(SHAMAN)

 ヒッタヴァイネンは「Tulikokko」でバグ・パイプをプレイ!
 (でも、ヨウヒッコは持ってきてなかった…)
 「Orbina」はヨンネのヨイク・ソロ。
 アンコールの最後も、恒例のSHAMANナンバー「Ii Lea Voibmi」でしたが、この曲でも変わらず激しいノリだったのは…凄い?

 個人的には、「熊唄(Karhunkaatolaulu)」と「呑めや、歌えや、夏休み(Midsummer Night)」がなかったのが残念だったものの、約1時間15分──かな~り楽しませてもらいましたよ。


 あ~でも、
 あの人気は(いい意味で)ちょっと異常だわ。

 ADAGIOも良かったけど、すっかり記憶の彼方ですもん…。


 さて、
 名古屋と大阪はどうなるのでしょうか?


 では、また。

  
   ▲名古屋と大阪でもヨロシクな~!!
[PR]
by naniwametal | 2007-09-13 03:56