ダイヤリ
by naniwametal


<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

レッドブル効き杉


 吉祥寺クレッシェンドで五人一酒を観てきました~。


 


 何と、アコースティック・ライヴです。
 しかも、2回目。
 そもそもは、ドラムスのガクガクの持病が悪化し、ドクター・ストップがかかったことで、ドラムレスでのライヴを余儀なくされたことがキッカケでした。
 でも、
 これがなかなかイイ感じにハマってて、意外にアコも楽しめるな…と。
 実際、
 アコだとあの暗黒情念が再現出来ないと思ってました──最初は。
 ところが、アコだからこそ楽曲の世界観がより際立って、和風なのに無国籍な感触もあるあの独特なムードが、普段以上に濃く感じられたのです。

 セトリは、最初にファースト『五人一首』('05)から全曲を抜粋再構築してメドレーで。
 (前回は'05年のセカンド『内視鏡世界』のメドレーをやったみたい)
 まず、
 百田、ふ~みん、比叡山の3人だけで「狂骨の夢」をプレイし、その後ギターを持たずにまっつんが出てきて、軽くMCして、すぐ「経文刻印身体」に入る…という流れだったのですが、
 肝心なところで百田がミスって、まさかのやり直し…。
 まぁ、以降は問題なく一気にやりきって、最後には次作収録予定の「毒薬と再生」もやりましたけど。

 百田はシンセなし&エレピだけで奮闘。
 ふ~みんは7弦のアコギなんて持ってないよ…ってことで、ピエゾでアコ・サウンドを出していました。
 つか、いつも以上に動きが激しく複雑な運指だらけで、かなり無理させられてたような…。
 比叡山は、途中で逆回転とか何かエフェクト使ってた??
 ほぼデス声なしで頑張ってたまっつんは、いつも以上に伸びやかなノーマル・ヴォイスで、ハッキリ歌詞(オリジナルと変えてたトコロも)が聞き取れたのが新鮮でしたね~。
 あと、
 改めてなでしこジャパンのあの人に似てるな…とも。w


  


       


  


  


1.『五人一首』メドレー:狂骨の夢~経文刻印身体~二人遊び~月と半魚人~楼の主 2.毒薬と再生


 尚、
 この日は物販で売り子をやりながら、それでもスティックは手放さず、リハビリも順調そうなガクガクは、どうやらこの秋には復帰出来そう…とのこと。
 年末ぐらいにはフル・バンドでのライヴがまた観られそうかな?
 えっ? まずは、ガクガク入りでアコ・ライヴをやる…の??
 それはそれで楽しみですな~。
[PR]
by naniwametal | 2011-07-19 03:06

ファドなのに何故か北欧っぽいしプログレだし


 C.C.LemonホールでVERSAILLESの『HOLY GRAIL』に伴うツアー初日を観てきました~。

 場内に入ると、まずは3階建ての豪華なステージ・セットに「ををを…!」と。
 ステージ中央にはレッド・カーペット。
 その上にドラム・セットが設置され、さらにその上には、彼等にしてはメカニカルな印象の鉄骨が組み上げられ、中央に巨大な“V”マーク入りの薔薇に彩られたゲートが。
 でもって、暗転と同時にSE(Kamijoのナレーション…ってか、セリフ入り)が流れると、ゲートが開いてメンバーが次々と登場!
 毎度の1人ずつではなて、最初にギター2人、次にリズム隊、最後にKamijo(仮面着用!)…とスムーズに出てきて、そのまま1曲目の「Masquerade」へ。
 つかね、サビのアカペラでスタートし、イントロでクワイア(音源)が響き渡ると、ステージ前に火柱が4本ゴゴゴッっと上がっちゃいますから。
 さらに、次曲「Ascendead Master」のイントロでも、パパパンッと火花が飛び散ります。
 いや~、がっつりメタルなショウですわ~。
 それだけでテンション上がりますって。

 Hizaki&Teruは、それぞれ最新のカスタム・モデルを初使用!(アンコール時、「Aristocrat's Symphony」の前にKamijoからも紹介が)
 前者はストラト・タイプで、ワイン・レッドにキラキラ光る薔薇の模様が入っており、後者は黒のエクスプローラー風でした。
 2人とも、ショウを通じて他のギターには持ち替えず(同じ型のサブがあったかも?)、ほぼ全曲にあるソロ・パートでは、いつも通りにどっちも華麗に弾きまくり。
 ただ、PAとの相性が今ひとつだったのか、バンド・サウンド全体がシャカシャカ、シャリシャリと高音がやや耳障りで、少なくとも2階席では、クリアにリード・パートを聴き取ることが出来ず…。
 あと、Kamijoは…調子悪かった?
 いつも以上に声に伸びがなく…ってか、何曲か高音部でかなりキツそうにしていました。
 Masashiは相変わらず安定感アリ。
 ソロを執るパートでも常に落ち着いてて、とにかく上手さが際立ちまくり。
 でもって、
 本編ラストは大作「Faith & Decision」をフルで!
 イントロから次々と流麗なツイン・リードがハジけ、どんどん劇的に盛り上がっていって、何とも圧巻でしたね~。
 尚、今回アコギは全く使用せず。
 Kamijoの英詞が微妙な(ゴメン…)バラードの「Love Will Be Born Again」は、音源をバックにほぼカラオケ状態だったし。

1.SE~Masquerade 2.Ascendead Master 3.Judicial Noir 4.Flowery 5.Thanatos 6.Destiny -The Lovers- 7.SE~Love Will Be Born Again 8.SE~Desert Apple 9.SE~Vampire 10.Libido 11.Dry Ice Scream!!(Remove Silence) 12.Remember Forever 13.Philia 14.SE~Faith & Decision [Encore 1]15.Prelude(SE)~The Red Carpet Day 16.Aristocrat's Symphony [Encore 2]17.Sympathia 18.The Revenant Choir~Ending(SE)

 結局、
 『HOLY GRAIL』からほぼ全曲プレイ。
 でも、Hizakiは「Desert Apple」(エンディングに火柱!)をやったけど、Teruのソロ・タイム(「Threshold」)はなかった…よね?
 (Yukiのドラム・ソロもナシ)
 1曲知らん曲が…と思ったら、シングルB面曲の「Libido」か~。
 みんなピョンピョン跳び撥ねて、バルコニーが揺れる揺れる…!
 「Faith & Decision」のエンディングには、恒例のリボン砲も炸裂。
 …って、
 目の前に落ちてきたリボンを見たら、ちゃんと(?)バンド名とかツアー・タイトルが印刷されてんのね。
 初めて手に取ったんですけど、以前のも同様だったんかな?
 あれは記念品として持ち帰りたくなりますな~。
 そんで、
 2回のアンコールで4曲(「The Red Carpet Day」の途中で、Hizakiの衣装が照明機材に引っかかる~)をプレイし、アウトロが流れて終演…と思ったら、「Happy Birthday~♪」と音源が流れ、Kamijoのお誕生日を祝うサプライズが。
 でも、あんま感動的にならなかったのは、段取りの問題??

 そんなこんなで、
 17:39頃に暗転して、終演は20:09でした~。
 今回は新作からの曲が殆どで、もうちょっと過去曲もやって欲しかったけど、時間的にはアレで限界でしょうか。
 いや~それにしても、
 シンフォニックでエピックな紛れもないパワー・メタルを、今回も存分に堪能させてもらいましたよ~。
 毎回言ってる(書いてる)ような気がするけど──いつか彼等には、WOA出演を実現させてもらいたいですな~。
 あの絢爛かつ荘厳な演出が映えるゴージャスな音世界を、欧州のメロスパーどもがどんな反応で迎えるのか、見てみたい~。
 何とかならんかな、ホンマ…。

 ちなみに、
 これから日本全国を廻る彼等は、その後アジア・ツアーを経て、中南米~欧州を過去最大規模でサーキットする予定だとか。
 何とフランスではお城でライヴ…ってスゲー。
 あと、ドイツのゴス雑誌への露出も期待したいモノですな~。
[PR]
by naniwametal | 2011-07-18 01:16

ムジョルニア…かよ


 こんにちは。

 CHTHONICのジェシーにYG取材してきました~。


  


 インタビューが行なわれたのは、東京公演翌日のこと。
 ステージ上でのアグレッシヴ&ワイルドなアピアランスとは全く異なり、めちゃ大人しくて生真面目な印象のジェシーですが、やはりギターの話になると、目の色が変わります。
 今回は、現在の愛器については勿論のこと、現在制作中というシグネチュア・モデルについて、色々と細かく語ってくれました。
 日本贔屓の彼だけあって、そのモデル名も日本に関係したモノに。
 ココではまだ明かせませんが(既に本人がどこかで言ってるかもですが)、結構ベタながら「をををっ…!」と思わせられるのでお楽しみに~。
 あと勿論、
 最新作『高砂軍』についても、そのバックグラウンドなどについて、詳し~く解説してくれてますよ。

 そんなこんなで、
 掲載は8月売りの9月号なので、気になるアナタは是非チェキってみてみてくださいね~。
 あ…その前に、
 7/10発売の最新号もよろしくです!
[PR]
by naniwametal | 2011-07-15 02:12

VC付きでこの値段とは…!


 渋谷クアトロでCHTHONICを観てきました~。

 新作『TAKASAGO ARMY/高砂軍』の評判が上々な中、去年の“LOUD PARK”以来となる再来日公演です。
 …が、何故か動員が今ひとつ。
 ド平日の月曜ってのと、この猛暑が客足を遠のけてしまったのでしょうか?
 場内は6割ほどの入りでした。

 ただ、いざショウが始まるとスゲー盛り上がり!
 何つっても、暗転してすぐに“CHTHONICコール”が起きたぐらいですから。
 サーフもガンガン。
 フロアの人口密度が低めだったからか、モッシュも激しかったです。
 ステージ上には5人のメンバー。
 そう、兵役でしばらくバンドを離れていたC.J.が戻って来たのです。
 しかも、しっかり仮面着用ですよ。
 ドラムスのダニも、お馴染みマスクを着用。
 ドリスは少し痩せた?(でも、寄せて上げて…谷間はクッキリ!)
 メイクも邪悪なクール・ビューティではなく、キュートなオーラを放ってました。
 例によって女声パートは彼女が兼任してたんですけど、轟音に呑まれて聴こえない場面多し。
 (アテブリしてた曲もあったんかな?)
 ジェシーはいつも通り。
 前半、あんまソロを執らなくて、もっと活躍してよ…と思ったら、後半はガッツリ弾きまくってくれました。
 フレディも相変わらず。
 ちょくちょく二胡をアテブリしつつ、オーディエンスを煽る煽る!
 でも、苦手な(?)MCはいつも以上にダメダメで、ハァハァ言いながら何度も言葉に詰まって、時々まるでアマバンのような空気が流れそうになったりも…。
 途中、「金曜に高雄でプレイするんだ」とMCした時に、「京都ぢゃないよ」と言ってたけど──関東で京都の高雄がどれだけ知られてるか…って、
 その手のネタをコッチで挟むんなら、高雄ぢゃなくて高尾でしょうが。
 (あと、「高雄に届くように」と叫ばしてたのも何だか…)
 ただ、『TAKASAGO ARMY』からの曲をやる時、「70年前、日本と台湾は一緒に戦ったんだ」と何度も言ってたのには、ちょっとグッときたり。
 終戦…いや、敗戦時に台湾の徴用兵が日本兵と一緒に泣いた…なんてエピソードも思い出しました。
 そして、「Kaoru」は“カミカゼ”という言葉と共に、「Broken Jade」は“ギョクサイ”という言葉と共に紹介され、終演と同時に玉音放送が…。

 勿論、
 観客の熱気は最後まで衰えることなく、“CHTHONICコール”も度々起こり、実に熱いライヴとなりました。
 ほぼオンタイムで始まり、終演は20:20頃。
 セトリは多分、以下のような感じかと。

1.The Island(SE)~Forty-Nine Theurgy Chains 2.Bloody Waves Of Sorrow 3.Oceanquake 4.Legacy Of The Seediq 5.Takao 6.Spell Of Setting Sun:Mirror Of Retribution 7.Blooming Blades 8.Quasi Putrefaction 9.Mahakala 10.Kaoru 11.Rise Of The Shadows 12.Bloody Gaya Fulfilled [Encore]13.Indigenous Laceration 14.Broken Jade

 結局、近作3枚からのみプレイして、それ以前のレパートリーは全くナシ。
 「Relentless Recurrence」ぐらいはやるのかと思ってたのに…。
 つか、
 事実上、これが初の単独来日公演だというのに、1時間半もやらないなんて~。
 当然、オーディエンスもモノ足りない…ってな反応でしたよ~。
 フレディは「来年また来る!」と言ってたけど、今年中にもう1回来て~ん!

 ところで、
 ライヴ中、ちょくちょく最前付近の観客がお札みたいなのを撒いてたのは…何だったんでしょうか?
[PR]
by naniwametal | 2011-07-12 03:26

OPETH新鍵盤ってコーラスは勿論、パーカッションもか!


 吉祥寺クレッシェンドでMASTERMINDを観てきました~。


  


 めっさ久々──実に1年半余振りです。
 その間に、一身上の都合で(?)ベースの長谷川が一時バンドから離脱。
 現在はサポートでAFTERZEROの種子島洋二がプレイしており、彼が手伝うようになってから、もうすぐ1年が経過するというのに、その編成での現行マスタマをようやく初めて観たという…。

 とはいえ、当然マスタマはマスタマ。
 お馴染みのSEから演奏が始まると、怒涛のパワーでガンガン突っ走ってくれます。
 無論、ステージ下手から長谷川のあの暑苦しい存在感が消えてしまったのは、正直痛いどころぢゃないものの、種子島のプレイも充分に熱く、若さ全開で指弾き…ってのもイイもんです。
 新曲はナシ。
 よく知る定番ナンバーが飛び出す度に、な~んか懐かしさを覚えてしまったりも。

 驚いたのは、ヴォーカル佐藤則夫の見事な現役シャウターっぷり。
 相変わらず凄まじい高音スクリームを随所でぶちカマして…って、ヘタしたら2年前よりも余裕あったぐらいかも。
 本人もMCで「声出まくり♪」なんて言ってたけど、全くひっくり返ったりしなかったのはマヂ凄いと思います。
 ギター2人も、トレードマークのシュレッドを連発。
 こちらは、ところどころプレイにキレがなく、幾分経年を感じさせる部分もあったけど、まぁそれは許容の範囲内。
 そしてドラムスの小島は、ギックリ腰を患ったとかで、コルセット着用で頑張ってたそうで…。
 でも、あんま違和感はなかったし、パワーの衰えも殆ど感じませんでした。
 (痛さから早く開放されたい…との思いから、むしろ余計にテンポが速くなってた…という説も?)


       


       


       


       


  


1.The Walkyrie@VELVET VIPER(SE)~Departure~Phoenix Rising 2.Tell Me Why 3.No Doubt 4.Without Mercy 5.Never Say Never 6.The Way I Go [Encore]7.Over Enough


 ただ気になったのは、
 各メンバーから今イチ覇気が感じられず、ともすれば、“何となく続けてる”感すらにじみ出ていた点。
 きっとそういった面が、動員にも響いてしまってるんでしょう。
 あのマスタマがトリを務めたイヴェントにしては、少々寂しいお客さんの入りではありました…。
 いや、上に“怒涛のパワーで…”と書いたように、ライヴ開始直後はホントにそう感じたし、以降もその勢いが弱まることはなかったんですよ。
 それなのに、そこはかとなく漂うルーティン感──それを払拭するには、やはり新曲をやることが先決なのかもしれません。
 実際、
 このまま“昔からのファンが懐かしい曲を聴いて安心するためのバンド”…になってしまうのは、ちょっと勿体ないので──今後は何とか、ちょっとずつでもモチヴェーションをアゲていって欲しいモノですな。
 まだまだ頑張って~。
 
[PR]
by naniwametal | 2011-07-11 03:45

んで、帰宅したら『YOU』でなくて『ANGEL'S EGG』


 江古田Buddyでブノワ・ムーランのライヴを観てきました。


 


 …って、
 正直よく知らん人だったんですけど、
 GONG人脈にあるマリンバ/ヴィブラフォン奏者で、あのピエール・ムーランの実弟だとか。
 今年、初ソロ作『ROCKING ROLLER』をリリース。
 今回の来日('04年のGONGZILLAに続き2度目)ツアーでは、邦人ミュージシャンと共にアコースティック・セットとエレクトリック・セットの2パターン行なうそうで──Benoit Moerlen with SPROCKET名義の本日は後者でした。

 SPROCKETの面々は、KBBのドラマーを筆頭に、ギター、ベース、フィドルの4名。
 演目は「ジャズ・ロックやります」…ってことで、『ROCKING ROLLER』収録曲を中心に、2部構成の第1幕では、PIERRE MOERLEN'S GONGとGONGZILLAの曲もやったみたい。
 日本でどれぐらいリハの時間が取れたのか定かではありませんが、演奏はそこそこユルめ。
 アンサンブルはギリギリ均衡を保ってる感じで、ブノワ自身も4本マレットを駆使し、エレクトリック・マリンバ(?)も使いながら熱演するも、結構ズレズレだったりしてました。
 まぁ、誰も一糸乱れぬ演奏は期待してなかったでしょうし、ズレようがヨレようが、ブノワの妙技だけ見ていても、充分に楽しめるハズ。
 …ってか、
 ジャズ・マリンバの生演奏をプログレ風味で堪能出来るなんて、そうそうあるモノではないし、ブノワおぢさんの華麗なプレイは、もう眺めてるだけで楽しめましたよ。





 ただ、
 途中でドラマーが曲を完全に忘れてしまった時はどうしようかと思いました…が、
 フレンドリーなブノワの自然体キャラに救われ、笑顔でやり直し。
 あと、
 第1幕の終盤に、客席で小さな男の子がクズり始めた時も、「を~ゴメンよ、私が悪いんだよな」とお茶目なMCで場を和ませてくれたブノワは、とにかくイイ人オーラ出しまくりでした。

 そんなこんなで、
 セット・リストは多分こ~んな感じ。

[1st Set]
1.Camel Ride(Intro) 2.Mezzanine(GONGZILLA) 3.It Came Out Of The Blue 4.Say No More(PIERRE MOERLEN'S GONG) 5.Bad Habits(GONGZILLA) 6.Akimbo 7.Cross Currents(PIERRE MOERLEN'S GONG)
[Second Set]
1.Wasabi Time 2.Camel Ride 3.In The Black Forest 4.Tikami 5.Grin And Bear It 6.Rocking Roller
[Encore]
1.Oye Como Va(Tito Puente) 2.Tequila(THE CHAMPS)

 第2幕は『ROCKING ROLLER』収録曲のみをプレイ。
 そういえば、
 子供がグズった上記の場面で、ブノワは「よしよし、後でキミのための曲をやるから待っててくれよ」と言ったのですが、それもジョークかと思ってたら、ホントに子供達のための曲をやってビックリ。
 確か「Tikami」だったと思いますが、「この曲は“Fukushima”の子供達、そして、世界中の子供達に捧げる」とMCしてました。
 (あと、第1幕で被ってた帽子には、こ~んなメッセージが!)
 …で、
 アンコールはいずれもスタンダード。
 ちゃんと(?)キメのところで、ブノワ自身が「Tquiiiiila!!」と叫んでくれるんですよ。

 いや~、予想以上に楽しかった~。
[PR]
by naniwametal | 2011-07-04 04:20

時代設定は'79年…って『DISCOVERY』もか


 原宿アストロホールでAMARANTHEを観てきました。

 ショウケース・ライヴ“ニュー・ブラッド”で初来日。
 何とソールド・アウトだとか。
 人気あるんですね~。

 去年、“ProgPower USA”のKAMELOTのステージで、紅一点シンガーのエリセ、♂クリーン・ヴォーカルのヤーケの2人は観たんですけど、AMARANTHEとしてショウを観るのはこれが初めてです。
 トリプル・ヴォーカルなんで、さらにもうひとりデス声担当の♂シンガーがいて、そのアンドレアスはWITHIN YとかCIPHER SYSTEMの人みたい。
 あと、ギターでリーダー格のウーロフは、DRAGONLANDとNIGHTRAGEでも活動中。
 ドラムスのモルテンは、MERCENARYとかICON IN MEと掛け持ち。
 あと、ヤーケはDREAMLANDでも歌ってるんですな。
 まぁ、言うなればイエテボリ界隈のコミュニティにおけるプチ・スーパー・バンド?
 (MCでも言ってたけど、モルテンはデンマーク人かな)

 メニアの間では、本格デビュー前にKAMELOTのツアー・サポートに抜擢されたことで、一気に話題となったバンドですけど──この初来日公演の前売り券は、10分で完売した…ってホント?
 スゲーですな~。

 最大の観所は、やっぱりトリプル・ヴォーカル。
 なかなかインパクトありましたよ~。
 基本エリセを真ん中に置いて、3人で立ち位置を変えながら歌い、叫び、ハモり、吼えまくり、ひたすらオーディエンスを煽る煽る!
 キャラ的には、アンドレアスが最も前へ出て行くタイプで、声も見事に野太く、最もステージ慣れしてるという印象。
 ハイ・ノートまでよく声が出ていたエリセは、北欧っぽさよりもラテン美女的な雰囲気があり、その佇まいは妖艶かと思わせつつ(?)、笑顔とかめっさキュート系。(貧乳具合もポイント高し?)
 ちょい頼りなげなヤーケは、声量のなさも気になるところ…。
 そういえば、
 男子2人はワイアレス・マイク使用なのに、何故かエリセだけワイアードで、マイク・スタンドを使ってたのも彼女だけでした。

 あと、
 エリセは最初、上着着用で髪をアップにしてたものの、5曲目で上着を脱いでタンクトップ姿となり、次の曲で髪を下ろし、バラード風に始まる「Amaranthine」では、白い衣装にお着替えも!
 ただ、その時の段取りがちょっとダメダメで、
 アンドレアスが「もっと聴きたいかー? まだやるぞっ!」とMCし、一旦ステージからハケた際、
 本当なら、その後すぐに「Amaranthine」のイントロが出るハズだったんでしょうけど、エリセの着替えがモタついてたのか、はたまた他のトラブルか、モルテンもなかなかイントロが出せず、妙な間が空いてしまってました。
 ショウ運びという点では、他にもちょいちょいぎこちない場面が見られ、そういう意味では、ライヴ・バンドとしてまだ発展途上にあるのか…と思わされる部分も。

 以前、DRAGONLANDで初めて日本に来た時は、かなり拙い演奏でハラハラさせてくれたウーロフは、そこそこ弾けるようになってて、かなりの曲で堂々ソロを執り、ステージ中央に出てくることもしばしば。
 その際、3人のシンガーはちゃんと真ん中を空け、いちいち袖に引っ込んだりもしてましたね~。
 次また歌パートで戻って来るときに一瞬遅れて、歌い始めが欠けちゃうことも何度かあったけど…。

 お客さんは、最初っからガッツリ盛り上がりまくり。
 腕はガンガン振り上げるわ、「ヘイヘイ」言いまくりだわ、ぴょんぴょんジャンプするわで、サーフも続々。
 アンコールの「Hunger」では、小さなモッシュ・ピットまで出現して、ちょっとビックリしました。
 そんな熱狂っぷりに、メンバーみんな大感激。
 MCで口々に謝辞を述べ、水も配りまくり。
 最後には、エリセが感極まって泣きそうになってた…ような。

 結局、
 デビュー作『AMARANTHE』から全曲プレイして──日本盤ボーナス曲も!──演奏時間はちょうど1時間。
 ラストの「Hunger」が凄まじい盛り上がりだったので、そこで「ハイ、終わり…!」となった時の、観客みんなの脱力感たるや、相当なモノでしたね~。

1.SE~Leave Everything Behind 2.Enter The Maze 3.1.000.000 Lightyears 4.Automatic 5.Call Out My Name 6.Director's Cut 7.Amaranthine 8.Rain 9.Serendipity 10.Act Of Desperation 11.My Transition 12.A Splinter In My Soul 13.Breaking Point [Encore]14.Hunger

 ちなみに、
 シンセ・パートは同期音源を使用し、コーラス・ハーモニーも一部音源を使いながら再現。
 それでも、躍動感とかグルーヴはしっかり出せてましたよ。
 ちょっと同期の音量がデカ過ぎて、時々ヤーケの歌が聴こえなくなるのは問題アリだったけど…。

 終演時、エリセが「We'll come back Sooooon!」と叫んでたけど──まぁ、あんだけ盛り上がれば、再来日もそう遠くはないでしょうな~。
 次回は新曲にも期待したいものです。
[PR]
by naniwametal | 2011-07-02 04:32