ダイヤリ
by naniwametal


<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

“ぶらり”でどんどん擦れていく声を心配してたら…


 早くも今年のW:O:A終了から3週間余──帰国後すぐのバタバタ状態からようやく抜け出たので、まずは思いつくままにちょっと振り返ってみたり。


 


 今回は…何と言っても天気に恵まれてました!
 いや、決して連日晴天だったワケではありません。
 むしろ、快晴になることは殆どなく、3日間を通じて曇ってる時間が一番長かったように思います。
 でも、勿論カーッと晴れ渡るのも気持ち好いものの、湿気の少ないドイツでは、真夏の日差しは時に暑いというより肌に痛いので──適度に晴れて、適度に曇って、暑くなったら、チョロっと小雨でも降ってくれると、もう言うことないんですわ。
 その点、午前中に雨が降ってても、連日ちょうど開演時刻が近づくと、誰かスウィッチを切ったかのように、サッと雨が止み、フェス観戦中は適度に晴れて、適度に曇って、時々少し雨も降る…というパターンの繰り返しだった今年は、とにかく過ごし易かったな~と。
 (まぁ、最終日の最後の最後になって、突如スコールに襲われたりもしたのですが…)

 あと、
 プレス・エリアからごく近くに車を止めることが出来たのも、かな~りラッキーでした。
 実は最初、一番近いパーキング&キャンプ・サイトは満車状態だとセキュリティに言われ、ちょい遠い場所に一旦陣取ったのですが、直後に通り抜ける際、車が2台は止められそうな空きスペースを発見!
 そこで、車&テントの移動を渋るKohタンを何とか説得し、セキュリティにどう説明するかも伝授(?)して──何とかプレス・エリア&フェスティヴァル・エリアのごく近くへ拠点を移すことに成功♪
 いやいや、せっかく設営したテントをひとりでバラし、車を回してきてくれたKohタン(英語が全く通じないセキュリティと悪戦苦闘したそう…)にマヂ感謝ですよ!


 あと、
 今年はプレス・エリアの休憩&歓談スペースに、メイン・ステージの様子を映し出すスクリーンが設置され、バックステージにいながら、Black&True Metalステージの様子を見ることが出来るようにもなってました~。


  
 

 …って、
 みんな呑みながらダベるばっかりで、スクリーンなんて誰も見てなかったみたいですけど。
 まぁ、所用でプレス・テントに行ったり、裏で待ち合わたり、バッテリー充電で戻って来たり…とか、ちょっと休憩ってな時に、ステージの様子を確認出来るのは重宝しましたね~。

 スクリーンといえば、
 フェスティヴァル・エリアのど真ん中にも、新たに1台デカいのが設置されてました。


       


 ただ、おかげで後ろから直接ステージが見えなくなってしまったのですけど…。

 あと、
 毎年増える牛頭のオブジェ──今年は、バックステージへ通じる渡り廊下みたいな階段の入口にもデカいのが…!


  


 ライヴ中にはハプニングも幾つか。
 まず、HELLOWEENのショウが始まって間もなく、「Are You Metal?」の序盤に、何と3回も音が止まってしまい、その都度、止まったトコからやり直すものの、3度目でデリスがキレたのか、しばし沈黙のあと、いきなり次の「Eagle Fly Free」のイントロが…!
 何が原因だったのか不明ですが、WOAではああいったトラブルは珍しい…ってか、個人的には初めての体験でした。
 それから、OZZY OSBOURNEのショウでは、2曲目の「Suicide Solution」で早くもオジーがホースを持ち出し、泡々の液体を観客にブッ掛け始めたところ、ピットで写真を撮ってたワタシにも直撃…!
 '09年にも、GWARがブチ撒ける赤い液体をモロにカブったことがあったけど、今回はあのオジーにやられた…と思えば、逆に嬉しい出来事だったかも。
 ちなみに、
 直後の最前列付近は、そりゃエラいことになってましたですよ…。


  


 そんなこんなで、
 今年も8万人以上のメタラーが熱狂しまくりまくったWOA!
 それこそ幼児からお年寄りまで──どこでもいつでも、とりあえずデヴィル・ホーンでご挨拶~。


  


 つか、
 左のお子がヤケにやり慣れてる…と思ったら、右のお兄ちゃん(?)も密かに左手はそのカタチに…。
 いや~、将来が楽しみですな~。
[PR]
by naniwametal | 2011-08-30 02:05

風向きによってスルメのスメルが…


 “PROGRESSIVE ROCK FES 2011”@日比谷野音!

 お客さんの入りは7~8割ぐらい。
 去年よりも若干少ないかな…って感じ。
 去年との最大の違いは、蒸し暑さがそれ程ぢゃなかったこと。
 流石に陽が暮れるまではそれなりに暑かったけど(席が左右どちら側かで日陰天国と西日地獄だったのも同じ)、暗くなってからは涼しく快適にライヴ観戦することが出来ました。


WISHBONE ASH

 まず、トップで登場は英国オヤヂ達。
 いきなり『ARGUS』('72)3連打で盛り上げるも、アンディのプレイがチッタ公演以上にパッとしなかった…ような。
 前半はギターの音もおかしかったし。
 但し、マディ(ラップ・スティールなし&スライド・バーで対応)は本日の方がずっと良かったです。
 セトリは、新曲ゼロで定番のみ。
 しかも、「The Way Of The World」やったし!

1.The King Will Come 2.Warrior 3.Throw Down The Sword 4.The Way Of The World Part 1~Part 2 5.Jail Bait 6.Phoenix [Encore]7.Blowin' Free

 「Blowin' Free」は、厳密にはアンコールぢゃないかも。
 「Phoenix」で一旦終わったかに見せて(?)、アンディ自ら「More?」と観客に訊いて──「NO!」と言われるワケないので──ではもう1曲…みたいな感じ。
 セトリはフェス仕様かつ大作多めでプログレ対応?
 ほぼオン・タイムで始まって、17:01に終了。


PFM

 続いては、イタリア親父。
 のっけからチョッチョが濃い。
 ハウとはまた別の“博士系”ムッシーダは、ステージに登場するや「日本は第2のホームだ!」と。
 最初、ヴァイオリン聴こえないし、オルガン出ないし…で、ちょい音のバランスが悪かったけど、徐々に改善。
 ショウが進むにつれ、だんだん陽が落ちてきてイイ雰囲気に。

1.River Of Life 2.Photos Of Ghosts 3.Il Banchetto 4.La Luna Nuova 5.Out On The Roundabout 6.Harlequin 7.La Carrozza Di Hans 8.Impressioni Di Settembre [Encore]9.E'Festa

 あ…ちなみに、
 伊語詞で歌われた曲は伊語タイトルにしたけど、アレンジは英詞ヴァージョンに近いモノもありました。
 リード・ヴォーカルは、(1)(2)(3)(7)(8)(9)をムッシーダが、(4)(5)(6)をチョッチョが担当。
 後者が前へ出てきて歌う間、(6)の途中までドラムスは手下が叩き、(6)の後半に手下と交代して叩きながら熱唱。
 これまた一旦シメる感じ~「More?」で始まった「E'Festa」では、途中で手下とチョッチョが2人で叩きまくる場面も。
 静パートではセミの声が凄くて、陽が沈むとやっと鳴き止みました。
 ラストは勿論、チョッチョが「せー、れー、ぶれ、しょーん♪」と歌わせ。
 17:30開演で、18:37頃に終了~。


KANSAS

 トリはアメリカ親父が。
 予想通り…というか、チッタでの単独公演の縮小版セットでした。
 でも、演奏は本日の方がずっとタイトだったし、幻想的な照明の下、野外で堪能するKANSASはマヂ格別~。
 でも、ウォルシュ(キャップ着用)の声が明らかにチッタよりも出てなかったので──やっぱし両方観てナンボ…かも?
 それにしても、
 3人もクルーが付いてたKANSASは、他2組よりも大物感タップリ出してましたね~。

1.Vln Intro~Howling At The Moon@Magnum Opus~Musicatto~Belexes 2.Point Of Know Return 3.Song For America 4.Hold On 5.Dust In The Wind 6.The Wall 7.Miracles Out Of Nowhere 8.Icarus:Borne On Wings Of Steel 9.Portrait(He Knew)10.Fight Fire With Fire 11.Carry On Wayward Son

 こちらは19:03スタートで、20:17に終了。
 アンコールなしで、アッサリ引っ込んぢゃいました。
 結局、「On The Other Side」と「Cheyenne Anthem」が外れただけ&曲順もまんま…って、
 どうせならチッタでやってない曲をどれかと差し替えてくれたらよかったのに~。
 (「Paradox」聴きたかった~)

 ともあれ、
 夕立(ゲリラ豪雨?)もなく、暑過ぎることもなく、何とも贅沢な時間を過ごせましたよ~。
 フェスは来年もあるような感じでしたが、その前にギャラ払……(ry
[PR]
by naniwametal | 2011-08-29 01:30

「Breaking All Illusions」はプログレ・メタル


 WISHBONE ASH@チッタ~!

 何と、まさかのわずか1年で再来日。
 流石に満員とはいかなかったものの、1回フロアは7~8割の座席が埋まってたような。
 (2階は関係者席に…)

 メンツは去年と同じ。
 ただ、演奏がより枯れた感じになってたような…。

1.Blowin' Free 2.You See Red 3.Open Road 4.The Power 5.Can't Go It Alone 6.Persephone 7.Warrior 8.Throw Down The Sword 9.F*U*B*B 10.Northern Lights 11.Front Page News 12.The Pilgrim 13.The King Will Come 14.Reason To Believe 15.Engine Overheat 16.Phoenix [Encore 1]17.Rock'n Roll Widow 18.Jail Bait [Encore 2]19.Ballad Of The Beacon

 序盤から『NO SMOKE WITHOUT FIRE』('78)の「You See Red」とか『NUMBER THE BRAVE』('81)の「Open Road」とかが飛び出て、さらに『THE POWER OF ETERNITY』('07)の「The Power」が続いたかと思ったら、「Can't Go It Alone」なる新曲まで披露されて、中盤にも『THE POWER OF ETERNITY』から「Northern Lights」、去年も聴いたこれまた新曲「Reason To Believe」がプレイされ、なかなか濃ゆいセットになってました。
 (あと、「Engine Overheat」の途中には、短いドラム&ベース・ソロが挿入)
 …っても、
 結局また『ARGUS』('72)から4曲もプレイし、アンコールにも定番たっぷり。
 個人的には、去年観られなかった「Persephone」「F*U*B*B」をやってくれただけでもう感激です。
 あとは──明日、「The Way Of The World」のPart1&2があったら完璧!
 あ…「Vas Dis」も是非~。

 てなてな感じで、
 本日は18:09開演で、20:33終演。
 ちょっと長かったけど、ガッツリ堪能しました~。
[PR]
by naniwametal | 2011-08-28 01:16

FIDDLER'S GREEN、よりヘヴィに!!


 KANSAS@チッタ!

 立ち見含めビッシリですよ。
 当然、年齢層は高め。

 メンバーは以下の5人。

●スティーヴ・ウォルシュ<Vo,Key>
●リッチ・ウィリアムズ<G>
●ビリー・グリアー<B,Vo>
●フィル・イハート<Ds>
●デイヴィッド・ラグズデイル<Vln,G>

 スティーヴは爺さん髭をたくわえ苦しそうに歌うけどギリギリ何とかコナし、リッチは激痩せしつつもええギター弾くし、ビリーはロビー・パートのリード・ヴォーカルを執ってMCもコナし、フィルは短髪になってもかなりドタバタで、デイヴィッドはインカム・マイクでコーラスやりつつひとりアクティヴに動く。

1.Vln Intro~Howling At The Moon@Magnum Opus~Musicatto~Belexes 2.Point Of Know Return 3.Song For America 4.On The Other Side 5.Hold On 6.Dust In The Wind 7.The Wall 8.Cheyenne Anthem 9.Miracles Out Of Nowhere 10.Icarus:Borne On Wings Of Steel 11.Portrait(He Knew) [Encore]12.Fight Fire With Fire 13.Carry On Wayward Son

 ほぼオン・タイムで開演。
 終演は21時ちょい過ぎ。
 あと2~3曲欲しかったけど、メンバーの体力を考えるとあんなモン…?
[PR]
by naniwametal | 2011-08-27 02:15

WOA2011終了

d0118153_6405829.jpg



最後の最後で雨が降り出し、SUBWAY TO SALLYでは無慈悲な豪雨に…。
でも、STSのパフォーマンスが素晴らしかったので、まぁイイか…と。
結局、来日時と同じメンツで、WOAならではのスペシャルなゲストはいなかったもののーーAVANTASIAの壮大なショウにはやっぱり感涙。
あと、MAIDEN UNITEDで初生アンネケも堪能ー♪
さて、来年のスコピはどんな仕掛けが…?!
[PR]
by naniwametal | 2011-08-08 06:40

ハーヴ!

d0118153_1192519.jpg


STORMZONE!
お客さん少なかったけど、盛り上がってました。
でも、セカンドの曲多し。
DOTの曲やってくれー。
[PR]
by naniwametal | 2011-08-07 01:19

DAY 3!

d0118153_19395365.jpg


早くも最終日。
いきなりMOONSORRWです。
朝イチ(昼イチ?)に似合わねー。
でも、みんなまだ寝てるのか、フェスティヴァル・エリアは閑散。
集まったファンはスゲー盛り上がってますけどね。
[PR]
by naniwametal | 2011-08-06 19:39

JP!!

d0118153_5194427.jpg

「Starbreaker」と「Never Satisfied」で歌いまくり!
ロブも振り絞って頑張ってます。
ロブ&グレンの絡みもアリ!
「Breaking The Law」は全て客に歌わせ。
まだまだ続いてます!
ヘル弁当、始まったー。
[PR]
by naniwametal | 2011-08-06 05:19

DAY 2!


2日目も奇跡的に明け方からの雨が、開演前に止んだー。

d0118153_2317364.jpg


VAN CANTOが大人気でビックリ! でも、下手側で観てると、MORBID ANGELの轟音に呑まれて可哀想ー。
[PR]
by naniwametal | 2011-08-05 23:17

OZZY!!!


オジーに泡々かけられてボトボトにー♪
d0118153_5505780.jpg

[PR]
by naniwametal | 2011-08-05 05:50