ダイヤリ
by naniwametal


<   2015年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

WOA DAY 1

朝からガッツリ雨…。
テンションだだ下がりな中ーーいきなりMBJ 優勝バンド、ETEREAL SIN からですよ。
不運にも朝イチな上、天候も激悪だったのに、お客さんはそこそこ集まってた、結構盛り上がってました!
結果が楽しみです!

IN EXTREMO は25周年ってコトで、定番曲やりまくり!
U.D.O. はオーケストラと共演。

d0118153_09043089.jpg
復活のSAVATAGE は、まさかのTSO との共演。
しかも、メイン・ステージを両方使っての仰天ショウを敢行しましたですよ。
最初、SAVATAGE がやって、次にTSO がやって、最後はマジ共演!
「Chance」キターーー!!
アンコールなかった…よね?




[PR]
by naniwametal | 2015-07-31 08:57

明日以降、どーなるの??


WOA 前々夜祭ーー現地に到着したら、既に地面がグチャグチャで、晴れたり曇ったりを繰り返す中、夕方以降、雨がガンガン降って、風もメッチャ強くて、寒くて…もー大変なコトに。
初っ端から泣きそうです。

でも、アンネケが THE GENTLE STORM で THE
GATHERING やってくれて、涙チョチョ切れ。
GRAILKNIGHT のスーパーヒーロー・メタルにも悶絶ー。

d0118153_08315728.jpg


で、ウリは専任シンガーなし。
EUROPE は、アタマ2曲だけ観ました。

いやー、また降ってきたし…。



[PR]
by naniwametal | 2015-07-30 08:31

100均マスターへの道



 そんなこんなで──



 



 本年も行って参ります~!!
[PR]
by naniwametal | 2015-07-27 07:45

Garret、行けなかった…


 VOLCANOの屍忌蛇YG取材してきました~。


  


 …って、少し前のことでですが。
 VOLCANOのニュー・アルバム『MELT』(ズバリ…“泣き”満載!!)に伴うインタビューです。
 酔いどれギタリストとしてのイメージがすっかり定着してしまった屍忌蛇ですが、この日は(多分)シラフで登場し、名言を連発!
 当然、ギター関連についての発言も数多くありましたが、他にも数々の人生哲学が飛び出しまくり。
 酒にまつわる迷言も出る中、「俺の肝臓はヘヴィ・メタル!!」は、帯タタキにも使えそう…?!
 勿論、機材についてのコダワリも沢山話してくれましたよ~。
 次号掲載予定なのでお楽しみに!!


 それから──先日の来日時、VENOM INC.のマンタスにもインタビューすることが出来ました~。


  


 東京公演のショウ前、バックステージにて話を訊いたのですが、相変わらずめっさナイス・ガイで、めっさ真面目な人でした。
 ギター愛もハンパなく、機材面&プレイ面の両方で、コチラも名言が飛び出しましたよ~。
 ちなみに、VENOM INC.が動き出しても、M-PIRE OF EVILは健在らしく、来年は両方のニュー・アルバムがリリースされそう…?
 その両バンドの違いについても、マンタスは熱く語ってくれました。
 ちなみに、〆切などの都合でインタビュー記事が出るのはちょっと先に…。
 次号には、まずライヴ・レポートのみ掲載予定されますので~。
[PR]
by naniwametal | 2015-07-26 23:08

イケメン李さん、360度スピンしてたって…?


 原宿アストロホールでVENOM INC.を観てきました~!


 


 アバドン降臨!
 まるでタイムマシーンにでも乗ってきたのか…ってぐらいに若々しい!
 マンタスがNeat時代とほぼ別人なのに対して、ある意味で昔よりもイケメンになってるし…?
 つか、1曲目…!ww


       


       


  


1.SE~Prime Evil 2.Die Hard 3.Don't Burn The Witch 4.Live Like An Angel(Die Like A Devil) 5.Buried Alive 6.Raise The Dead 7.One Thousand Days In Sodom 8.Warhead 9.Schitzo 10.Blues Jam 11.Seven Gates Of Hell 12.In Nomine Satanas 13.Bloodlust 14.Sons Of Satan [Encore 1]15.Welcome To Hell 16.Black Metal 17.Countess Bathory [Encore 2]18.Witching Hour

       
[PR]
by naniwametal | 2015-07-19 02:21

32cmから40cmへ…!


 渋谷O-EastでAMARANTHEを観てきました~。

 単独ではショウケースでの初来を含め3度目かな?
 去年ラウパに出たとはいえ、現時点での最新作『MASSIVE ADDICTIVE』('14)はその頃のリリースで、あれからかなり期間が空いてしまったので、それが集客に響くか…と思いきや、そんなことは全くなく、1階フロアはほぼ満員。
 ギュー詰めではなかったので、実質8~9割の入りでしょうけど、前回単独公演よりも会場がデカくなってるのですから、充分だと思います。
 盛り上がりも凄かった~。
 客層が若いからか、みんなピョンピョン飛び跳ねまくり。
 歓声もスゲー。
 いやいや、ホント人気あるわ~。

 そして、バンドもさらなる進化を遂げてました。
 かつてのステージ運びのぎこちなさや、間の悪さは全く見られず、立ち位置やポーズもかなり計算されてたし、全編でちゃんと“見せる/魅せる”ショウをやりきったのはお見事!
 特に、エリーゼのポテンシャルはマジ200倍ぐらいアップしてたかと。
 いちいちアクションがカッコ好くキマるし、セクシー系からおちゃらけ系、オラオラ系(?)まで、ヴァリエーション豊富になってたし、とにかく隙がない。
 最初、白のミニスカ衣装にレザー・ジャケット姿で登場し、2曲目で早くもミニスカ・キックを決め──ジャケットを脱いだら、肩出しで胸元も強調(貧乳ですが…ガタイはイイ)。
 そして後半──ドラム・ソロの間にお着替えし、今度は黒のミニスカ衣装で登場し、さらにアンコールではショーパン姿に。
 髪型もアクビちゃんからお団子へ。
 前者では、結った髪を途中で解いて、風車ヘドバンを大全開で連発しつつ、遂にはポニーテールも解き放ち、バッサバッサとヘドバンしまくり。
 当然、フトモモの逞しさも(&O脚気味も…)健在ですよ。
 一方、赤髪のソフト・モヒカンになってたヤーケは、もう以前のように声が聴こえてこない…なんてこともなく、MCでも熱く煽る、煽る!
 動画(?)撮ってた最前の観客から携帯を奪って、自ら撮影に加担したり、何度かフロアに水を撒いたりも。
 グロウル担当のヘンリクは、前任のアンディに比べたら、色んな面でやっぱりちょっと弱いものの、時々エリーゼに負けじと風車ヘドバンもしてたし、それなりに頑張ってました~。
 ただ、バラードでは出番ナシ。
 アンディのようにギターを弾くこともなく、横から携帯で写真撮ったりしてましたね~。

 しかしながら──序盤から気になったのが、ギター・サウンドがヤケに引っ込んでたこと。
 下だとまた違ったのかもしれませんが、2階バルコニーでは、何だか遠くで鳴ってるようにしか聴こえず、時々「実はCDかけてる?」…ってな印象で、デジ・サウンドやベースの重低音に呑まれてしまうこともしばしば。
 ギター・ソロも、あんまキレなかったし…。
 まぁ、ウーロフのサラサラ・ヘアー(若干、後退…?)は梅雨にも台風にも負けてませんでしたけど。
 そして、ベースのヨハンはカツオみたいな丸坊主に。
 でも、重厚な存在感は保ってました。
 アンコールでは、前回もやってた、指を上げたら「ワ~っ!!」と叫ばせるお遊び演出を再び。
 忠実に付いてくるオーディエンスに、「やっぱりオマエらめちゃくちゃポライトだな!」…と感激?
 感激といえば、エリーゼも途中MCで大入り満員に対して謝辞を述べ、終盤には感極まって、ちょい涙ぐんでた…?
 ドラムのモルテンは、申し訳ないけど、あんま特筆すべき点はなかった…かな?
 ドラム・ソロも普通。
 前回ほどウマさが際立ってもいなかったし。
 あ…曲出しのタイミングは、以前よりもずっとずっと良くなってましたけどね。

 そんなこんなで、セトリは以下にて。

1.Intro(SE)~Digital World 2.Trinity 3.Hunger 4.Invincible 5.Razorblade 6.Infinity 7.1.000.000 Lightyears 8.Serendipity 9.True 10.Massive Addictive 11.Over And Done 12.Afterlife 13.Electroheart 14.Ds Solo 15.Burn With Me 16.Leave Everything Behind 17.Amaranthine 18.Call Out My Name [Encore]19.Automatic 20.Dynamite 21.Drop Dead Cynical 22.The Nexus

 「Hunger」は序盤に。
 「Mechanical Illusion」と「Skyline」がなくて残念。
 あと、「Rain」もなかったか…。
 そういえば今回、エリーゼとウーロフの絡みが多めでした。
 向かい合ってエリーゼに弦をハジかせたり、ソロに合わせてのけぞらせたり。
 「Amaranthine」では、ソロを弾いてるウーロフの髪をエリーゼが後ろから掻き上げて、ほっぺにチューして抱きしめたりも。
 (その間もウーロフは黙々とプレイ…)
 あと、エリーゼは「Massive Addictive」では、ヘンリクを踏み台に(?)足を掛けたりもしてましたな。
 他にも、各メンバー同士の絡みはイロイロと。
 演奏中にヨハンがウーロフを突き飛ばすフリをし、ウーロフが泣き真似をしたら、ちゃんと(?)謝って握手したり…とか。
 とにかくメンバー全員がやたら仲良さそうで、それがしっかりパフォーマンスに反映され、ホント素晴らしいライヴ・バンドへと成長を遂げてましたわ~。

 結局、アンコールは4連打でぶちカマしてくれたものの、それであっさり終了~。
 ほぼオン・タイムで暗転し、終演は20:34頃。
 最後はヤーケが「オーレーオレオレオレー♪」と観客を歌わせ、全員でお辞儀して、さらに写真も撮って、退場するまで──会場を包む一体感は、全く途切れることがありませんでした~。
[PR]
by naniwametal | 2015-07-18 02:10

牛乳生産が全然追いつかない~


 RAVEN3度目の来日公演から約2週間──まだまだ興奮冷めやらず、ルナティクスの中には、未だRAVENのアルバムばっか繰り返し聴いてる&DVDばっか観てる…という人も少なくないのでは?



 


 いや~しかし、今回も強烈でしたね~。
 オヤジ・パワー炸裂しまくり!
 何より驚いたのは、ジョンのシャウトに全く衰えがなく、見事にキレッキレだったこと。
 初来日時は喉の調子が最悪で、前回は腰を痛めてたのもあって、これまで決して万全とは言えない状態での来日が続いていたジョン──そういう意味では、今回ようやく本来の力が発揮出来たと言えるのでは?
 もうリハから凄いの何の…って、経年を考えれば正に超人ですわ。
 マークの豪快さも健在。
 よく“ギターを掻き毟るように弾く”…なんて言いますけど、アレはマークのためにあるのではないか…と。
 あと、ジョーの巧さも相変わらず際立ってました。
 つか…アノ人、もう還暦ですから。


  


       


  


 3人のコンビネーションも抜群!
 マーク主導のジャム・パートでも、文字通り阿吽の呼吸でキメもハズしも完璧だし。
 お馴染みギターとベースをガツンとぶつけ合うのだって、もう序盤からやっちゃいます。


  


 MCでの煽りも絶妙。
 真摯にメッセージを伝える兄ジョン、感情の赴くままに叫ぶ弟マーク…というバランスもイイ感じ。
 2人して中指立て合ったりもしてたけど(勿論、演出ですが)、この兄弟だってもう50代後半なワケで…。
 体型もすっかり横に広がって、2人とも腹とかエラいことになってたのに──どこにあんな体力が…?!


       


  


 そして、その様子を後ろからニヤニヤ見ているジョー。
 意外に細かく、兄弟の動きや発言に反応してもいるんですよね。
 マークのソロ・タイムで、あまりにギターがギャンギャンうるさくて、「いい加減にしてくれ~」…とアピールしたりもしてました。
 (勿論、これまた演出ですが)


  


 ただ、セトリにはちょい不満もアリ。
 いや、ほぼ2時間やってくれるのはありがたいのですが──近作からの曲をもう少し増やしてもイイのでは?
 あと、“Speed Of The Reflex メドレー”はすっかり定番化してきているので、そろそろ新しいパターンが欲しいかな。
 ただ、YouTubeとか見てると、最近も「Architect Of Fear」とか「The Ballad Of Marshall Stack」なんかを、突如(?)やったりしてるみたいなんですよね~。
 元々、ファンからのリクエストには頑張って応えてくれるバンドなので…。
 となると、次回はアッと驚く選曲が期待出来るかも?
 もう毎年来てくれ~。
 毎月、いや…毎週でもイイわ~。
[PR]
by naniwametal | 2015-07-17 11:49

RÄFVEN、遂にデス声解禁?


 渋谷クアトロでHAREM SCAREMを観てきました。

 新作『THIRTEEN』に伴う2夜連続公演のうち、本日は2日目“All Time Best Night”の方。
 お客さんの入りは上々で、ギュギュッと詰めたら7~8割ぐらいかもしれんけど、何となく満員に。
 ショウは約5分押しで、ハリーの「Shall we Rock…?!」という一言からスタート。
 観客のノリはそれなりに熱狂的で…と思ったら、3曲目にお馴染み(?)「Dagger」が飛び出して、一気に盛り下がる~。
 でも、バンドも知っててセットに入れてるんでしょ?
 曲紹介の時、ハリーもおどけたような感じだったし。
 ハリーといえば、今回も必要に応じてギターを弾いていたのですけど、ヴォーカル専任の時は、ピートのソロでいちいちソデに引っ込んでました。
 しかも、時々まるで傍観者のように横から眺めてたりもしたし…。
 あと、ピートのあの老け様は一体…。
 髪を染めないと、あんな風になっちゃうのね?
 ただ、ギター・プレイは相変わらずスゲー!
 まぁ、お手軽に弾いてしまってた曲もあったけど、あの流れるようなプレイは、いつ見ても素晴らしいですな~。
 単にメロディアスに弾きまくるだけでなく、ちょくちょく小技を挟んでもくるし。
 ダレンの豪快なドラミングも健在。
 当然、同期も交えつつのコーラスでも大活躍で、「Sentimental Blvd.」では大熱唱~。
 …って、
 上手側の端っこから観ていたので、リズム隊は2人とも殆ど観えず。
 ベースは下手側に動いた時のみ見えるものの、ドラムスは全滅。
 なので、途中で何か(?)が起こっていたようですが、それも全く分からず終い。

1.Garden Of Eden 2.So Blind 3.Dagger 4.Distant Memory 5.Killing Me 6.Slowly Slipping Away 7.Troubled Times 8.Something To Say 9.Honestly 10.Sentimental Blvd. 11.Mandy 12.Turn Around 13.Human Nature 14.If There Was A Time 15.Karma Cleansing 16.Voice Of Reason [Encore 1]17.Change Comes Around [Encore 2]18.No Justice

 セトリは決して“All Time”ではなかったけど、初期2作から多めで、それなりに日本のファンのこと考えてた…のでしょうか?
 あ…でも、初期2作からって初日公演でガッツリやったんですよね?
 つか、本編ラストをダーク&グルーヴィな2連打でシメるのは、日本のファンへのささやかな反抗?
 途中MCで、「今日も曲間はみんなポライトだね。いや、日本はそれがイイんだ」…とか、ちょっとおちょくってるような感じでもあったし。

 とりあえず、「Empty Promises」がなくてガッカリ…。
 勿論、初日にはやったんですよね?
 でもって、
 ホントは#7と#8の間に「Something To Say」があったのに、何故か外されちゃいました…。
 どうせなら、代わりに初日にない曲を増やしてくれれば良かったのに…。
 アンコールを2回に分けたのも謎ですな…。
 終演は20:28頃。
 結局、90分もやらず──言うまでもなくモノ足りないオーディエンスは、サード・アンコールを要求するものの、あっさり客電が点き…実現せず。
 それどころか、今回もハリーは、本編ラストもアンコールの最後も、いずれも歌い終わるとすぐに引っ込んでしまい、よくある全員で並んでお辞儀…とかもナシ。
 毎度、淡々としてますわ。
 お仕事、お仕事…ってか?
 まぁ、それでもアレだけ盛り上がるんですから、辞められませんな~。
[PR]
by naniwametal | 2015-07-16 01:31

ドラフォDVDに……


 RAVENのギャラガー兄弟にYG取材してきました~。


  


 え~と…、左が兄のジョン<B,Vo>、右が弟のマーク<G>です。
 もう2人ともいいオッサンなのに、何も言わなくてもこの表情…。
 いや~、このサーヴィス精神──いつまでも変わりませんな~。
 インタビューが行なわれたのは、東京公演のリハ後でショウ前、会場のバックステージにて。
 熱くしゃべくる弟、冷静に語る兄…というバランスも、勿論これまで通りでした。
 特にマークは、機材についてのコダワリを熱弁しまくり。
 そんな中、どこかからイビキが響いてくるので、「??」と思ったら、後ろでドラムスのジョーが、イスに座ったまま寝落ちしていた…という。
 当然、兄弟はそれに全く動じることなく、そのまま取材は続けられました~。
 ちなみに、その時は夢の中にいたジョーは、最近レッドバロンとスペクトルマンにハマっているのだそうです…。


 ところで──そのRAVEN東京公演が行なわれた原宿アストロホールで、来週末にVENOM INC.のライヴがあります!
 &大阪公演もあります!!


     


 ─ VENOMじゃないの?
 ─ ハイ、INC.です。
 いや──確かにクロノスはいませんが、マンタスにアバドン、そして、ザ・デモリッション・マンの3人が、初期VENOMの代表曲をやり尽くす…というので、コリャ観ないとですな!
 (M-PIRE OF EVILも良かったけど、正直ドラムは「違う…」と思ったので)
 個人的には、アバドンを観るのはVENOMの初来日公演以来。
 『PRIME EVIL』('89)から何をやってくれるのかも楽しみ~。
 (今回はちゃんと予習しとかないと…)
 ちなみに、オープニング・アクトにあのSIGHが付く…ってのも、かなりポイント高し!
 あ…あと、今回もマンタスがメガネくんなのかも気になる…。
[PR]
by naniwametal | 2015-07-08 01:13

山ちゃん、GJ&TNX!


 渋谷O-EastでMACHINE HEADを観てきました~。

 7/2は大阪までRAVENを観に行ったので、ホントは観逃すところだったんですけど──まさかの事態で観られることに…。
 金曜から月曜に振り替えられたことで、少なからず客足に影響が出るかも…なんて思っていたら、フロアは軽く8割の入り&2階も一部開放していて、驚くぐらいに入りは上々。
 開演が30分ほど押したものの、暗転するや、凄まじい大歓声に包まれ、すぐさまモッシュ・ピットが発生し、開始数秒で最初のクラウド・サーファーが転がっていきました。
 曲間には“MACHINE f**kin' HEAD”コールがひっきりナシ。
 心配されたロブの体調も、全く問題なかった模様。
 大阪、名古屋に続き、連続3日目というのに、パワー満載&元気イッパイに長丁場のショウをコナしてくれました!

 そう、“An Evening Of~”とタイトル(?)が付いた今公演は、何と2時間半のロング・セットが組まれていたのです。
 集大成的な演目は、大阪&名古屋と大筋は同じながら、ところどころ曲を入れ替えてて、そこそこレアな曲もプレイ!
 でも、どの曲もガッツリ盛り上がり、何度も何度も大合唱になっていました。
 フィルも絶好調で弾きまくり。
 デイヴも全開で叩きまくり。
 新加入のジャレッドは野太いグルーヴを吐き出しつつ、コーラスでもイイ仕事してましたよ。

 今回、ロブはビールもラム・コークも呑まず?
 少なくとも、かつては恒例だったカップ投げもナシ。
 「イチニー、イチニサンシッ!」という掛け声が頻出する中、
 「トキヲ~!」「アメージング!」「オーサム!!」と連呼しまくり、
 「Darkness Within」と「Descend The Shades Of Night」ではエレアコも弾いてました。
 …って、
 「Darkness Within」の前の長い長いMCで、ロブは日本好きを改めてアピール。
 「俺は元々ヲタで、ヤマトとかマクロスが好きで、ウルトラマンにもハマってた」…って、まままマジ?!

1.Imperium 2.Beautiful Mourning 3.Now We Die 4.Bite The Bullet 5.Locust 6.From This Day 7.SE~Ten Ton Hammer 8.This Is The End 9.SE~Beneath The Silt 10.The Blood, The Sweat, The Tears 11.A Thousand Lies 12.Phil's G Solo 13.Darkness Within 14.The Declaration(SE) 15.Bulldozer 16.SE~Killers & Kings 17.Davidian [Encore 1]18.SE~Descend The Shades Of Night 19.Now I Lay Thee Down 20.Aesthetics Of Hate 21.Game Over 22.Block [Encore 2]23.Halo

 「Davidian」終わりで、上機嫌のロブは「Cum Oooon Feeeeel The Noize♪」と歌い始め、すかさずフロアから「Wild, wild, wild!!」と反応が。
 若い子も沢山いたのに、みんなよく知ってますな~。
 「Aesthetics Of Hate」は、故ダイムバッグ・ダレルに捧げる…ってな流れで、“Beast Feast”の思い出話をしたり、ダイムバッグ・コールを求めたりも。
 例によって、サークル・ピット要求も度々。
 「Block」では、WODも起こりました。

 結局、「Clenching The Fists Of Dissent」ナシ。
 「Old」とか「Supercharger」もナシ。
 「Struck A Nerve」もナシ…。
 でも、2時間半超みっちりやってくれたんですから、贅沢は言いますまい。
 いや~、とにかく濃密過ぎて、終演後は呆然としたまま──ついドリンク・チケット使うの忘れて帰っちゃいました…。
 「今度は5年と空けずに戻ってくるからな~!」…って、マジで頼んまっせ~。
[PR]
by naniwametal | 2015-07-07 03:38