ダイヤリ
by naniwametal


<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

AMORPHIS新作でフリゲル@ELUVEITIEがイイ仕事しまくり!


 渋谷O-WestでNozomu Wakai's DESTINIAを観てきました~。

 アートディレクターとしても活躍しているというマルチなギタリスト、若井 望のHR/HMプロジェクト──初ライヴです。
 “A Live Requiem For A Scream~One Night Only Requiem”…ってことは、一夜限りのライヴと考えてイイのかな?
 出演ラインナップは以下の通り。

●ロブ・ロック<Vo>
●Fuki<Vo>
●榊原ゆい<Vo>
●小野正利<Vo>
●森川之雄<Vo>
●若井 望<G>
●小松優也<G>
●寺沢功一<B>
●宮脇“JOE”知史<Ds>
●Mao<Key>

 何と、このためにロブは遥々アメリカからやって来たのだそうです。
 つか、オープニングからいきなりFukiをコーラスに従えてロブ登場!
 数曲だけであっという間に引っ込んでしまったものの、マジ素晴らしい歌声で感動しきりでございました。
 ただ、バック陣は流石にリハが足りていない様子…。
 特に、ドラムがどうもしっくりこない。
 曲によってはカンペ見ながら叩いてたんで、どうしてもノリがもっさりしてしまうし。
 若井自身も、2階席だとギターの音がジャリジャリして聴こえ、プレイ自体にも今ひとつキレがありません。
 つか、ネオクラの人ではなくLAメタルの人なのね?
 あのたどたどしさも、きっと味のウチなのでしょう。
 鍵盤も音色に難アリ…ながら、アレは狙ってのこと?
 寺沢のベースはブリブリ、ブンブン。
 でも、ベース・ソロとドラム・ソロは必要なかったかな~。
 (若井としては、大先輩を立てたカタチ?)

 ヴォーカルは、2~3曲毎に次々と交代していきます。
 (女子2名はその時々にコーラスも担当)
 ロブとデュエットもコナしたFukiは、シャウトはパワフルなものの、ロブの後にひとりで歌うと、やっぱりちょい弱い…かと。
 いや、ロブより凄いなんてこと、他の誰であっても、そうそう有り得るワケがないのですが。
 本職は声優という榊原も、流石に荷が重過ぎだったか…。
 本人達もMCで言ってた通り、女子2人はいずれも英詞がキツそうだったし。
 一方、サプライズ登場だった(?)森川は、唯一ロブと比べても遜色ない野太い歌唱で圧倒!
 本編最後を任された小野も、安定感のあるハイ・トーンが見事でした~。

 それにしても、若井のイケメンっぷりはハンパないですな。
 アイドルっぽい売り出し方をされていた時期があった…というのも納得。
 最後、上半身裸で出てきて、女子ファン悶絶??
 でも、MCでは全くイケメン・キャラではなく、演奏中のアクションなんかも決して華麗ではなくて、その辺のギャップも良い…の?
 アンコールでは、若井の素肌に張り付く黒髪を小野がやたら気にしてて、何だか妙な状況に…。
 …って、
 セカンド・アンコールでは「紫の炎」@DPがほぼ全員(何故か森川のみ不在)でプレイされたのですが、ここでもロブが完璧過ぎて、もう笑っちゃうほど。
 若井のメイン・リフが、ヤケにユルかったのは…キー下げの影響でしょうか??

 そんなこんなで──アンコール2回含め、たっぷり2時間超!
 18時ちょうどに始まって、終演は20時15分頃でした~。
 セトリはご容赦を。
 まぁ、どこかにアップされるでしょう~。
[PR]
by naniwametal | 2015-08-31 01:20

仁王立ちのジャコポさん…って『聖闘士星矢』好きなの?


 DARK LUNACY@渋谷サイクロン!!


 


 いや~、マジ大感動!
 2曲目の「エイコ~ラ~」が聴こえてきた瞬間、マジでチビりそうになりました…。
 「Motherland」も鳥肌!
 そして、「Dolls」のイントロが今も頭から離れない。
 しかし、ロシア軍っぽい衣装は駅員に見えたりも…。
 まさかの“ぽっぽやメタル”でしたがな。


       


       


  


  


1.Intro:Incl.Dawn Of Victory(SE)~Red Blocks 2.Aurora 3.Play Dead 4.Sacred War 5.Through The Non-Time 6.Pulkovo Meridian 7.From The Don To The Sea 8.Motherland 9.The Decemberists 10.Stalingrad 11.Dolls [Encore]12.Victory 13.Outro:Silent Riot(SE)
[PR]
by naniwametal | 2015-08-24 04:09

美髪王の親衛兵は一部ベルセルク伝説…がスゲー!


 今年のW:O:Aで、“Metal Battle”日本代表として奮闘した挽歌ブラック・メタラー、ETHEREAL SINのショウを振り返ってみたり。


 


 “WOA DAY 1”の前夜祭──彼等がHeadbangerステージに登場したのは、7/30(木)の午前11時。
 文字通り朝イチの出番で、司会のオッサンに呼び込まれ、イントロダクションが始まった時には、まだステージ前にはひとりも観客がいませんでした…。
 というのも、ゲートが開くのが遅かったらしく(一部ゲートはまだ開いてもいなかった…って酷くない?)、SEが流れる中、どんどんお客さんが雪崩れ込んできて、一気にステージ前が埋まっていきます。
 そして、何とか演奏開始の時点で200~300人ぐらいが集まり、その後も増え続け──最終的に500人以上になり、何とか最悪の事態だけは避けることが出来ました。
 ただ、この日は朝から雨が降り続いていて、寒いわ、風は強いわ…で、まだテントにこもっていた人が大多数だったのではないか…と。
 もっと天候に恵まれていれば、軽く2~3倍の観客が詰め掛けていたであろうことを考えると、不運というか…何と言うか。

 それでも、バンドは大健闘。
 2曲目、3曲目…と進むにつれ、観客のノリもどんどん良くなっていったし。
 最初、ヴォーカルが聴こえなくてちょい焦ったけど、それもすぐに改善され、MCに対する反応も上々でした。
 和装もなかなか効果的。
 一見してブラック・メタルでありながらも、しっかり印象を残すことが出来たでしょう。


  


       


       


  


  


  


1.Prologus De Oblivionis(WOA version:SE) 2.Finem Millenium 3.Curse By The Venom Insects 4.With My Izuna


 しかしながら──結局のところ、ベスト5へ入賞することは叶わず…。
 つか、何人かのジャッジが観に来なかった…という事態には、呆れるしかないのですけど。


 そんなESの奮闘振りをもっと詳しく知りたいアナタは、ちょうど配信が始まったばっかりの『キャプテン和田の劇的メタル』をチェキってみてみて~。
 フロントマンのYamaが、WOAを振り返ってガッツリ語ってくれてますので~!

 ちなみに──私のWOA報告も先週配信されて、まだ聴けますので、そちらもよろしければ是非。

 でもって、ESは今週末より“Extreme Dark Night”で、あのDARK LUNACY(+2バンド)と共に東名阪をツアーします!
 詳細はコチラを参照ください~。
 いや~しかし、DARK LIUNACYが日本で観られる日が来るとは…!!!


  
[PR]
by naniwametal | 2015-08-19 22:36

WOA報告@『劇的メタル』…絶賛配信中!!


 MYSTERIOUS PRIESTESS@Wild Side Tokyo──ニュー・アルバム『夢国ノ義士』レコ発!!


 


 ゲスト多数!!
 ツイン・ドラム+パーカッションにフルート奏者&グロウル・コーラスまで…!
 ミニミニ・フロントマン、小金丸もメガネを吹っ飛ばして大熱演!
 リズムのパワー感がハンパなく、弦楽隊は完全に負けてたし、フルートもあんま聴こえなかったけど──あと、例によってMCになると、ユルユルで学祭テイストがググっと濃くなっちゃうものの、演奏のテンションはさらに濃厚!!



       


  


       


1.産霊ノ追憶 2.八岐ノ大蛇 3.草薙ノ剣 4.Seven Moons 5.夢国ノ義士 6.満願ノ夜明 7.AMATERASU(SE)
[PR]
by naniwametal | 2015-08-16 02:07

WOA DAY 3

本格的に晴れたー!
しかも、去年みたいに酷暑な晴れではなく、適度に暑いぐらいで(西日はキツかったけど)、ある意味サイコー。
ただ、地面は完全には乾くハズもなく、あちこちにまだ “沼” が存在してました…。

ライヴは、「SABATON スゲー!」と、とりあえず1000回ぐらい言いたいです。
マット・シナーが主宰を務める ROCK MEETS CLASSIC は、キスケの 「Kids Of The Century」がオイシかったー。
勿論、ディー・スナイダーも流石の存在感でしたけど。
でもって、ラストはいつもの StS ではなく
テント・ステージの WALTARI !!

d0118153_12094987.jpg
かつては、ゴスでポップでテクノでデスで…な、変わり種のミクスチャー・バンドでしたが、今やパンクでフリーキーな面が強まってる…かと。
いやー、レアなモンが観れましたー。

しかし、着いた日はどうなるコトか…と思ってたけど、何とか終わるモンですなー。


[PR]
by naniwametal | 2015-08-02 11:59

WOA DAY 2


恒例の冷水シャワーで幕を開けた金曜日ーーようやく晴れた!!!
でも、地面はぬかるんだまま。
足首どころか、ふくらはぎの真ん中ぐらいまで沈むトコもあって、かなり危険…。

そんな中、初期曲テンコ盛りで「NM 156」をやった QEENSRYCHE に涙チョチョ切れ!
RUNNING WILD は「Under Jolly Roger」から。
インフレの大人気っぷりにも、またまた驚きまくり。
ANCIENT BARDS のオネーチャンのパイオツカイ…(ry)
しかし、ステージ移動がありえんぐらいにキビしいなー。
うむーー。


by naniwametal

[PR]
by naniwametal | 2015-08-01 10:30