ダイヤリ
by naniwametal


<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『夢蝶』って“胡蝶の夢”なんか…!


 新木場スタジオコーストでSTRATOVARIUSを観てきました~。

 2階閉鎖&下も後方エリアを閉鎖&フロアも左右狭めてた…とはいえ──それでほぼ満員。
 金曜の夜とはいえ、めっさ寒くて雨まで降ってたのに、いや~まだまだ人気ありますな~。

 ただ、ショウは何だか淡々と進んでいったような印象も。
 小ティモのMCも定石通り…って感じだったし。
 さらに、演奏時間も90分弱と、ちょっと短いかな~。
 もう1回アンコールあるかと思ったのですけど…。
 まぁそれでも、なかなか盛り上がってたし、アンコール最後「Hunting High And Low」でのサビ歌わせも、みんなよく声が出てました。
 小ティモが「東京はどうだ? 大阪に負けないか?」…みたいな感じで煽るパターンだったのですが、みんないきなりガッツリ全開だったので、
 小ティモとしては、最初ちょっと声が小さくて、「まぁまぁだな。でも、もっとやれるよな?」…とか言って、徐々に盛り上げていくパターンを狙ってたのに、最初っから合格になっちゃってました。
 いや…さらに、イェンスに「どうかな? 大阪に負けてないか?」と訊いて、きっと小ティモは、「そうだな…もっと出来るんじゃない?」的な答えを待っていたんでしょうけど、流石にイェンスも大満足だったのか、あっけなく「イイね!」となってしまい、
 困った小ティモは、仕方なく海外のオーディエンスと比べる作戦に──「メキシコの観客はこんなモンじゃないぞ!」&「ブラジルではもっと凄いぞ!」…なんて感じで。
 要は、それだけ盛り上がってたということです。
 フロアの反応の良さには、ラウリも感激していたようで、演奏中に何度も何度もニヤニヤと。
 ラウリは動きも活発でした。
 マティアスもかなりアクティヴで(熱あるとか言ってた?)、度々イェンスのところへ行き、掛け合いソロでも大いに楽しんでいたようです。

1.Intro(SE)~My Eternal Dream 2.Eagleheart 3.Phoenix 4.Lost Without A Trace 5.SOS 6.B Solo 7.Paradise 8.Against The Wind 9.SE~The Lost Saga 10.Key Solo 11.Black Diamond 12.Unbreakable [Encore]13.Shine In The Dark 14.Hunting High And Low

 セトリは昨年の欧州ツアーとほぼ同じ?
 アンコールで「Forever」やらなかったけどね。
 初期からのファンにとっては、何と言っても「Against The Wind」が嬉しかったのでは?
 あと、「The Lost Saga」が壮大で良かったです。
 ソロ・タイムは、ラウリとイェンス。
 マティアスはナシ。
 それと、「Black Diamond」のエンディングには、ドラム・ソロってほどではないものの、軽くドラムの見せ場が用意されてました。
 小ティモは、省エネ唱法ながら終始よく声が出ていたし、あの五木ひろしばりのコブシにぎにぎ熱唱も頻出。
 あと、ラウリとマティアスが、それぞれイェンスに絡む際、悪戯っぽくチョロっと鍵盤弾いたりする場面も、何度か見られましたね~。
 そんなこんなで、ほぼオンタイムで暗転&終演は20:28頃でした~。
[PR]
by naniwametal | 2016-01-30 01:46

リアルゴールド&バナナソフトに救われる


 渋谷O-EastでAMORPHISを観てきました~。

 いつもですが、とにかくスゲー盛り上がり。
 1曲終わる度に大歓声が沸き起こり、ヴォーカルのトミは何度も深々とお辞儀したり、「おい見ろよ、凄いぜ!」と言わんばかりにエサの方を見やったり…と。
 ちなみに──去年、WOAで観た時はヤケに違和感あったトミの非ドレッド・ヘアーが、今回はそう気になりませんでした。
 エサは本編を、日本でもらったという非エクリプスな新しいESPギターでプレイ。
 2本持ってきたエクリプスは使わないのかと思ったら、しっかりアンコールで黒のツヤ消しのを持ち出してきました。
 一方のトミ・コイヴサーリは、持参したエクリプス2本を使い分け。
 何曲かの曲中で、クルーに「をい、ギター換えるぞ!」とジェスチャーしてたように見えたけど、結局どの場面でもそうしませんでした。
 そんな彼の最大の見せ場は、“オリジナル・シンガー”とコールされ、「Drowned Maid」で一部リード・ヴォーカル(グロウル)を執った時。
 ドラムのヤンは、さらにパワフルに!
 でも、「Silent Waters」とかではもうちょい力抜いてよ…。
 「My Kantele」途中のメンバー紹介で、トミに「ニ・ク…!!」と呼ばれていたニクラスは…あんま特筆すべきことはなかったかな?
 そして鍵盤のサンテリは、最初シンセ・ソロが聴こえなくて(2階だけ?)、勿体ない…とか思ってたら、終盤にやっとこ改善されました。

1.Intro(SE)~Under The Red Cloud 2.Sacrifice 3.Bad Blood 4.You I Need 5.Sky Is Mine 6.The Wanderer 7.On Rich And Poor 8.Drowned Maid 9.Enemy At The Gates 10.The Four Wise Ones 11.Silent Waters 12.My Kantele 13.House Of Sleep 14.Hopeless Days [Encore]15.Death Of A King 16.Silver Bride 17.The Smoke

 セトリは昨年の欧州ツアーとほぼ同じと思われ。
 大阪公演との違いは、「Sky Is Mine」に代えて「You I Need」をやったのと、本編最後の2曲の順番を入れ替えたことぐらい?
 いや~しかし、流石に似たテンポの曲が多くなってきたので、もうちょっとメリハリが欲しいところ。
 つか、日本ではセカンドの再現ライヴをやってないのだから、せめて同作からあと1~2曲は加えて欲しかったな~。
 でも、多くの曲で「ヲ~ヲ~♪」大合唱になってたし、もはやサビを歌わされてもみんな全然OK…ってことで、終始ガッツリ盛り上がりまくりまくりまくりでした~。
 暗転は19:02頃、アウトロの「Vaivaistalossa」@ELAKELAISETが流れ、客電が点いたのは20:33頃~。
 今度は『ELEGY』('96)の全曲再現やってんか~。
[PR]
by naniwametal | 2016-01-28 00:09

閉店時間まであと4分です


 “Pagan Metal Alliance Vol.2”@渋谷duo MUSIC EXCHANGE!!



MÅNEGARM


 


1.SE~Blodörn 2.Tagen Av Daga 3.Odin Owns Ye All 4.Vedergällningens Tid 5.Hemfärd


ARKONA


 


1.Явь 2.От сердца к небу 3.Гой, Роде, Гой! 4.Заклятье 5.На страже новых лет 6.Славься, Русь! 7.Купала и Кострома 8.Стенка На Стенку 9.Ярило


FINNTROLL


 


1.Vindfärd/Människopesten 2.Eliytres 3.Fiskarens Fiende 4.Trollhammaren 5.Nattfödd 6.Ursvamp 7.Marknadsvisan 8.Det Iskalla Trollblodet 9.Grottans Barn 10.Solsagan 11.Skogsdotter 12.Häxbrygd 13.Jaktens Tid 14.Under Bergets Rot
[PR]
by naniwametal | 2016-01-23 04:36

またポチっと間違って…


 人間椅子のワジーこと和嶋慎治にYG取材してきました~。


       


 間もなく新作『怪談 そして死とエロス』がリリース!
 それに伴うインタビューだったのですが、例によってワジーは、全曲について(使用機材など)細かなメモを用意してくれておりました。
 ご存知の通り、自作エフェクターを山ほど所有しておられるワジー。
 だからこそのコダワリが、レコーディングでも随所に散りばめられているワケで。
 今回、かなり洋楽色が強くて、ハード&ヘヴィでガッツリ攻め攻めな作風ながら、当然キャッチーな“らしさ”も満載されていて、またまたかなりハイ・クオリティに仕上がっております。
 つか、ここのところの勢いはホンマ凄いですな~。
 しかも、もう五十路というのに、アイディアに煮詰まることもなく、むしろより意気軒昂なぐらいで、マジ素晴らしいとしか言いようがないですわ。
 尚、このインタビューの模様は2月売りの3月号に掲載予定です~。


 んで、
 YG取材はもう1本──随分前だったので、つい忘れるトコだった(汗)このギター・チームにも。


  


  SikThのダン(左)&ピンです。
 久々のYG登場となる彼等──前回のインタビューは、確か“DOJO”で来日した遥か昔だったハズ。
 それなのに、「『YOUNG GUITAR』のことはよく憶えているよ!」と。
 ライヴ前の取材ってことで、ショウ内容については訊けなかったのですが、改めて再結成についてとか、2人のスペシャルな機材についてとか、色々と語ってもらってます。
 コチラも記事掲載は3月号なので、これから。
 来日したのはちょっと前ですが、〆切の関係などでようやく…ということになりました。
 あ…勿論、新作EP『OPACITIES』('15)についてもたっぷり話してくれてますよ~。


 そして──実を言うと、年明けイッパツ目の取材は、この大ヴェテランでした~。


  


 “どこの老人会?”…なんて言っちゃダメ~。
 LUCIFER'S FRIENDの(左から)ディーター・ホーンズ<B>、ジョン・ロートン<Vo>、ペーター・ヘスライン<G>です。
 コチラはERP取材。
 つか…現場で見事に(?)ディーターとペーターを間違えてしまいました(大汗)。
 いや、ステージではペーターがキャップ着用だったので、つい…。
 ロートン個人はこれが3度目の来日。
 なので、彼がドイツ人2名を引っ張る感じで取材は進行。
 ただ、ディーターは一旦話し始めると止まらないタイプ。
 ペーターは最初、あんましゃべってくれないので、もしや英語が…と思ったら、要所々々ではしっかりコメントしてくれました。
 興味深いことに、メンバー同士で話す時は、基本ドイツ語なんですね~。
 以前、ロートンが独語でMCしてるのはYouTubeで見たことあったけど、あそこまでペラッペラだとは…!
 サウンドチェックが押して、取材時間が短くなり(しかし、ロートンが「まだ大丈夫だよ」と、少し延長してくれました…!)、幾つか訊きたいことが訊けなくてそれだけが残念…。
 ERP掲載は次号の予定ですが──季刊なのでもうちょい先になります。
 お楽しみに~。
[PR]
by naniwametal | 2016-01-22 16:09

千尋先生のペイガン噺も久々堪能


 LUCIFER'S FRIENDURIAH HEEP@クラブチッタ川崎、2日目~!

 引き続きほぼ満員!
 やっぱりオッサンだらけ。
 2階喫煙スペースは…どうでした?


【LUCIFER'S FRIEND】

1.Wake Up Call~Pray 2.Fire And Rain 3.In The Time Of Job When Mammon Was A Yippie 4.Keep Goin' 5.Hey Driver 6.Riding High 7.P Solo~Moonshine Rider 8.Burning Ships 9.Ride The Sky 10.Rock'n'Roll Singer 11.High Flying Lady - Goodbye 11.When Your Gone~Outro

 まさかのセトリ変更ナシ。
 でも、演奏はさらによくなってました。
 ロートンの声にもさらに深みが出てたし。
 あと、ホーンズがより元気に。
 最大のサプライズは、「Ride The Sky」の例のフレーズを、ヴィッヒマンが間違ってピロピロ音で弾いてしまった大事故。
 「Hey Driver」のエンディングでも、誰かがミスって危うかった…。
 ロートンはMCで、「また戻って来たい!」と。
 是非、次回はフル・ショウで…!


【URIAH HEEP】

1.SE~Gypsy 2.Look At Yourself 3.I Wanna Be Free 4.Shadows Of Grief 5.Love Machine 6.The Law 7.The Outsider 8.Sunrise 9.Bird Of Prey 10.Stealin' 11.The Magician's Birthday 12.Wise Man 13.The Wizard 14.Can't Take That Away 15.One Minute 16.July Morning 17.Easy Livin' [Encore]18.Lady In Black

 何と…HEEPもセトリそのまま。
 いや、「Can't Take That Away」と「One Minute」の曲順が入れ替わってたけど、そんなの些細なこと。
 う~ん…他にもやるべき曲はイッパイあるのにな~。
 それでも、ガッツリ楽しめましたよ。
 ショウは序盤に「カワサキ~!!」とMCしてたのに、ちょっと油断すると(?)、ついつい「トキヲ~!!」と叫んでしまいます。
 昨日、ランゾンを「誰かに似てるな~」とか思って見てたのですが──ロイハンのアンドレでした!
 この場合、アンドレがランゾンに似てるのかな…?
 ギルブルックは本日もメタル・ドラマー全開。
 ツイン・ペダルもドコドコ踏みまくりです。
 曲によってはパワー・メタルか…ってぐらいに。
 それにしっかり付いていく68歳(!)のボックスはホントにスゲー!!
 いや~しかし、最高のライヴ・バンドですな。
 '70年代の名曲群は言うまでもなく浸りまくれるし、最新曲もクオリティ高いし。
 もう毎年、来日して欲しいわ~。
 その際は、LUCIFER'Sと共演じゃなくてもロートンを連れて来て、改めてロートンのヴォーカルで「Wise Man」をやって欲しい…!
 何なら、『FIREFLY』('77)完全再現でもイイし。
 あと、ショウ期の曲ももっと聴きたい!
 とにかく、近いうちに再来日を…!!
[PR]
by naniwametal | 2016-01-18 02:11

とはいえ、ココは鬼になってもらわねば…!


 LUCIFER'S FRIENDURIAH HEEP@クラブチッタ川崎!!

 2階までほぼ満員!
 オッサンだらけ。
 2階喫煙スペースもくもく。


【LUCIFER'S FRIEND】

1.Wake Up Call~Pray 2.Fire And Rain 3.In The Time Of Job When Mammon Was A Yippie 4.Keep Goin' 5.Hey Driver 6.Riding High 7.P Solo~Moonshine Rider 8.Burning Ships 9.Ride The Sky 10.Rock'n'Roll Singer 11.High Flying Lady - Goodbye 11.When Your Gone~Outro

 ヘスラインが悲惨なぐらいに弾けてなかった…。
 ロートンはエモーショナルに歌いまくってくれてたものの、歌メロはフェイク多し。
 いや、きっと声が出ないワケじゃないハズ。
 単に無理はしない…ってことだったのかと。
 ホーンズはほぼ空気。
 “II”のメンバーでもあったヨギ・ヴィッヒマン(key)は、かなりの腕前で再現度も高かった。
 シュテファン・エッガート(ds)は──パワー不足ながら安定感アリ。
 う~ん…やっぱり、非HR/HM畑のドラマーはあかんな~。
 でも、約1時間はあっという間。
 ガッツリ楽しみましたよ~。
 17時ちょうどに暗転し、終演は17:59頃。
 明日は「Dirty Old Town」やるかな~?


【URIAH HEEP】

1.SE~Gypsy 2.Look At Yourself 3.I Wanna Be Free 4.Shadows Of Grief 5.Love Machine 6.The Law 7.The Outsider 8.Sunrise 9.Bird Of Prey 10.Stealin' 11.The Magician's Birthday 12.Wise Man 13.The Wizard 14.One Minute 15.Can't Take That Away 16.July Morning 17.Easy Livin' [Encore]18.Lady In Black

 『TOTALLY DRIVEN』のリリースがあったんで、それに準じたセトリになるかと思ったら…全くそんなことなく。
 いや、'70年代の定番はガッツリやりましたけど。
 つか、『LOOK AT YOURSELF』('71)は全曲再現じゃないし…。
 ロートン期から「Wise Man」('77年『FIREFLY』収録)をやったので、「これは…!」と思ったら、ロートン出て来ず。
 そして、何故かアンコールの「Lady In Black」で出て来ました。
 まぁ、観客も一体になってみんなで歌う曲…って感じなんでしょうか。
 いや~しかし、ショウが凄過ぎ。
 あの荒削りなヴォーカルが合わない…という人もいるでしょうけど、とにかく巧いです。
 声もよく出てたし、高音シャウトも完璧。
 その上、よく動き回るし。
 ボックスはやっぱり笑顔全開。
 ワウかけまくり。
 そして、お得意の右手パフォームもひっきりなし。
 職人ランゾンのオルガン・ワーク、見事なコーラスにも感心しきり。
 ギルブルックは完全にメタル・ドラマーで、ドカドカ叩きまくり。
 前回、あんなにパワー満載でしたっけ?
 でもって、新顔ベーシスト、デイヴ・リマーは長髪で'70年代っぽいルックス。
 アクションもなかなか派手でした。
 ただ、ベースの音がヤケに太いのが難点…。
 もうちょっと丸い音なら良かったのに~。
 セトリは、現時点での最新作『OUTSIDER』('14)から4曲もやってビックリ。
 でも、その他のショウ期のアルバムからは全くやらず…。
 う~ん…勿体ないお化け出まっせ~。
 『LIVE AT KOKO』('15)に「Against The Odds」が入ってたからもしや…と思ったけど、掠りもしないし。
 明日はもしかすると…??
 ともあれ──デビュー45周年を迎えても、未だ最上級のライヴ・バンドとして現役感バリバリなのはホンマに凄いわ~。
 18:24頃に暗転&終演は20:13頃でした。
[PR]
by naniwametal | 2016-01-17 03:41

スモークで字幕が…


 わーさんのポッドキャスト『キャプテン和田の劇的メタル』にお呼ばれしてきました~。


      


 新年イッパツ目ということで、昨年末の出来事を振り返りつつ、今年の展望(?)を…って、
 実は、'15年を(来日公演を中心に)振り返る…という前回も出させてもらってたのでした~。
 いずれも、毎度の打ち合わせほぼナシ&完全ぶっつけ収録のため、とりとめなく、ところどころカミカミだったりしてますが…ご興味ありましたら。
 つか、再度BEAST IN BLACKのことしゃべろうと思ってたのに、すっかり忘れててた…。
[PR]
by naniwametal | 2016-01-16 09:56

レミー追悼3連打


 “THRASH DOMINATION 2016”@クラブチッタ川崎!


DARK ANGEL

1.SE~Time Does Not Heal 2.We Have Arrived 3.Never To Rise Again 4.The Burning Of Sodom 5.Merciless Death 6.Act Of Contrition 7.The Death Of Innocence 8.No One Answers 9.Death Is Certain(Life Is Not) 10.Darkness Descends 11.Perish In Flames(Incl.:Older Than Time Itself)


DESTRUCTION

1.SE~Curse The Gods 2.Thrash 'Til Death 3.Nailed To the Cross 4.Mad Butcher 5.Armageddonizer 6.Ace Of Spades(MOTORHEAD) 7.Eternal Ban 8.Life Without Sense 9.Beyond Eternity(SE) 10.Release From Agony 11.Hate Is My Fuel 12.Carnivore 13.The Damned(PLASMATICS) 14.Invincible Force [Encore]15.SE~Total Disaster 16.The Butcher Strikes Back 17.Bestial Invasion~Outro:Ave Satani@The Omen(SE)


KREATOR

1.Choir Of The Damned(SE) 2.Enemy Of God 3.Terrible Certainty 4.Phobia 5.Awakening Of The Gods 6.Endless Pain 7.Warcurse 8.Mars Mantra(SE) 9.Phantom Antichrist 10.From Flood Into Fire 11.Extreme Aggression 12.Suicide Terrorist 13.Hordes Of Chaos(A Necrologue For The Elite) 14.Civilisation Collapse [Encore]15.The Patriarch(SE) 16.Violent Revolution 17.United In Hate 18.Pleasure To Kill 19.Flag Of The Hate 20.Betrayer 21.Outro:Until Our Paths Cross Again(SE)
[PR]
by naniwametal | 2016-01-10 01:42

現状、残り113日


 “Metal Battle Japan”──新展開!!


  


 “WOA Metal Battle”日本代表バンドを支援するクラウドファンディングがスタートしました~。
 詳細はココにて!!
[PR]
by naniwametal | 2016-01-07 00:45