ダイヤリ
by naniwametal


<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

しげる、TNX!


 “SYMPHONIC NIGHT VOL.2”@渋谷O-East。

【新●月プロジェクト】

 ヴォーカルに上野洋子を迎えて、10人編成(短波ラジオ担当とかフリューゲル・ホルン奏者など含む)の大所帯で70分弱熱演!
 「鬼」とかかなり感触違いました。

1.五月雨 2.白唇 3.星の記憶 4.Lyra 5.殺意への船出 パート2 6.鬼 7.せめて今宵は


【CERVELLO】

 イタリアン・ロックの伝説の(?)バンド、一夜限りの(?)再編ライヴ!
 OSANNA人脈に絡み、後にNOVAへと発展。
 アルバム・リリースは'73年作『MELOS』1枚のみ。
 メイン・ソングライターのコラード・ルスティチ<G>は、当時まだ弱冠16歳だったというから驚愕ですわ。
 今回は、そのコラードとアントニオ・スパニョーロ<B,G>、ジュリオ・ダンブロッジオ<Sax,Flu>という3人のオリジナル・メンバーが来日。
 その脇を固めるのは、OSANNAの現メンバー、ササ・プリオーレ<Key>、オーディション番組出身という若手シンガー、ヴィルジーニオ・シモネッリ<Vo>、そして、ダヴィデ・デヴィート<Ds>という面々です。
 驚いたのは、ヴィルジーニオの多才さ。
 ファルセットなどもかなりオリジナルを再現してました。
 ショウは前半に『MELOS』を曲順通りにプレイしていき、後半にはNOVAやOSANNA、コラードのソロ曲('16年『AHAM』収録)を3連打で!
 でもって、アンコールでもコラードのソロ曲('06年『DECONSTRUCTION OF A POSTMODERN MUSICIAN』収録)がプレイされました~。

1.Canto Del Capro 2.Trittico 3.Euterpe 4.Scinsicne(T.R.M) 5.Melos 6.Galassia 7.Affresco 8.Princess And The Frog(NOVA) 9.L'uomo(OSANNA) 10.Roots Of Progression(Corrado Rustici) [Encore]11.Eros(Corrado Rustici)

 とりあえず、生「Galassia」に悶絶…!
 OSANNAとはまた違う「L'uomo」も面白かったです。
 演奏はかなりタイト。
 コラードのジャズ・ギターが勢い余ってつんのめる場面もあったとはいえ、それも臨場感のうち。
 尚、鍵盤は当初、ピーター・ヴェテッシが来るハズだったのに、ケガで急遽ササに代役を頼んだのだとか。
 セット・チェンジを経て20:31頃に開演し、アンコール含め80分強…ってな感じでした~。
 さぁ、次は8月にSEMIRAMISですな…!!
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-07-28 04:43

ロビーでくっちゃべってたらコメント映像観逃した~


 クラブチッタ川崎でANGEL WITCHを観てきました~!

 これで3度目の来日。
 前回からはセカンド・ギターとドラマーが代わってます。
 つか、前回はビル・スティアがいたんでしたな。
 新しいギタリストのジミー・マーティンは短髪のヒョロ長くん。
 パッと見では完全にパンクスです。
 最初、ヘンなジャンプが気になったのですけど、次第に存在感が薄まっていって、中盤からはもう空気に…。
 時々、ケヴィンと向かい合わせでツイン・リードを弾く時だけは、「あれ…いたっけ?」となりますが。
 新ドラマーのフレドリク・ヤンソンは、元ABRAMIS BRAMAで、WITCHCRAFTとかCOUNT RAVEN(!)にも在籍していたことがあるスウェーデン人。
 これがなかなかの逸材。
 手数多めで、ドカドカ叩きまくりで、このバンドにピッタリです。
 ベースは、初来日時から変わらず…のウィル・パーマー。
 ただ、2階バルコニーにはベースの音が殆ど届かず…。
 動きから想像するに、かなり気合入れてプレイしてたように見えましたが。
 首魁ケヴィンは相変わらず。
 わりと淡々としていて、歌もギターも'80年代からほぼ変化ナシ。
 あんまシャウトしてくれないし、高音も出ませんけど──それはファンも重々承知しているでしょう。
 あ~でも、初めて観た若いファンは、歌メロがハッキリしなくて、ちょっとキツかったかも…?
 それでもやっぱり、最後の「Angel Witch」だけはかな~り盛り上がってましたけど。

 セトリは下記の通り。

1.SE~Gorgon 2.Confused 3.Guillotine 4.Atlantis 5.Sorcerers 6.Dead Sea Scrolls 7.White Witch 8.The Night Is Calling 9.Angel Of Death 10.Baphomet 11.Angel Witch

 ぐぬぬ…「Sweet Danger」なかった……。
 『SCREAMIN' N' BLEEDIN'』('85)は今回も丸無視。
 「Evil Games」すらやらず。
 まぁ、持ち時間60分なんでね~。
 5曲目に「Dead Sea Scrolls」をコールして、「あれ? 間違った~スマン」となったケヴィンは、「時差ボケで…」と言い訳。
 つか、今回のようなイヴェントで「The Night Is Calling」のようなマイナーで長尺の曲をやるマイ・ペース加減も見事です。
 「Angel Witch」のエンディングには、「Devil's Tower」ではなく別のドゥーミーなアウトロが。
 17時18分頃に暗転して、終演は18時19分頃でした~。

 で──皆さんご存知の通り、今回はOUTRAGEのイヴェント“極悪祭”出演(5バンド中、AWはトリ前)だったのですが、大トリのOUTRAGEも観てきました~。
 ショウは機材トラブル…というか、阿部のギターが何度も何度もトラブりまくって、途中からかなりグダグダな展開になってしまったものの、フロアの盛り上がりは凄かったです。
 さらに、アンコールはカヴァー満載でゲストも続々登場~!

1.SE~Megalomania 2.You Suck 3.The Day Of Rage 4.Madness 5.Visions 6.Fists Full Of Sand 7.Rise 8.Blind To Reality 9.Worlds Slow Down 10.Under Control Of Law 11.Death Trap 12.Step On It [Encore 1]13.Prowler(IRON MAIDEN) 14.Slowly But Surely(FLOWER TRAVELLIN' BAND) 15.Whiplash(METALLICA) [Encore 2]16.My Final Day

 MAIDENには大谷@UNITEDが客演。
 …って、
 会場にはハリー先輩もいたので、どうせならトリプル・ギターでやれば良かったのに。
 (あと、BELLFAST──というか、この場合はEDDIE THE GREATかな?──のKohタンも呼んで欲しかったな~)
 FTBには、本家から石間秀機が登場!
 シターラ・ソロ大炸裂ですよ。
 これが阿部の激音に全然負けてません。
 大きなアクションも飛び出して、あの存在感はスゲー。
 大感動しまくりました!!
 そしてMETALLICAカヴァーでは、再び大谷、COCOBATのTake-Shit、CASBAの羽鳥、DOOMの藤田が大挙参加して、ツイン・ヴォーカル、クアッド・ギター、ダブル・ベースで…!
 石間の爺ちゃん、OPETHじゃなくてOUTRAGEで観ることになるとは…。
 ともあれ、貴重なモン観してもらいましたわ~。
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-07-24 02:15

まさかのゴム長難民


 VOLCANO@渋谷Garret!


d0118153_2144158.jpg


「失敗を失敗と思うなよ。ウマくいかない方法を見付けただけや!」

1.Django(SE) 2.The Way Of The Serpent 3.Wait Until You Return 4.Democracy Intersects 5.Antagonism 6.SE~Tokyo Panic 7.War Of All Against All 8.Super Whole Stone 9.Cloud Covers 10.Ds Solo 11.4148 12.The Trooper(Excerpt:IRON MAIDEN) 13.Get Mad Child 14.Tiger 15.屍忌蛇's S Solo 16.Sin The Thin 17.Crazy Vespinae 18.Shadow 19.Coming Hill 20.Fire Sky~Another World 21.Fire Sky~Hero Of This Story 22.Bigger Roar 23.Brain Dance 24.The Mother Earth 25.Hate Of Flames 26.Wasteland The Wind [Encore 1]27.Dawn Attack(SE) 28.Sacred Eternity 29.Barbwire [Encore 2]30.The Present(SE) 31.Kill All Of Me 32.Volcano

 新作『LEVIATHAN』からほぼ全曲プレイ!
 (「Fist Shark Fist」だけやらず?)
 中盤にゲスト鍵盤の瑠美奈が登場。
 なので、「Fire Sky~Another World」はSE処理ではなくエレピ・ヴァージョンです。
 屍忌蛇は開演前「今日は演奏、荒いかも…。新曲をいっぱい練習せなアカンかったから」と言ってましたが、途中ソロを忘れてしまった(!)りもしたものの、終盤はめっさ勢いアリアリでした。
 アンコール2回含め…2時間45分ぐらいやったかな?
 でもって、9月にまたワンマンやるそうです~。
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-07-23 03:38

メンテ長杉



CAIN'S DINASTY@新宿ACBホール!

d0118153_23472100.jpg



1.Intro(SE)~The Grey Ones 2.Two Seconds To Forget Your Name 3.Devil May Cry 4.My Last Sunrise 5.Screaming Lungs 6.St.John 6:12 7.Breaking the Bloodlines 8.I Want Out(HELLOWEEN) 9.Tears Of Pain 10.Legacy Of Blood 11.SE~Tonight We Play In Japan
 
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-07-18 23:47

モルドレッドがムマキルもどきに乗って…とかもうね


 豊洲PITでLIONHEARTPRAYING MANTISのカップリング・ライヴを観てきました~。

 PITに行ったのは初めて。
 デカくてビックリ。
 椅子席で1000人ぐらい入るとか?
 2階席があるのかどうかも知りませんが、とりあえず1階は7~8割ほど埋まってました。
 お客さんの年齢層は当然ながら激高いです。
 でもって、物販が開演前にほぼ品切れに。
 まだまだ人気根強いですな~。


【LIONHEART】

 まずは──昨年、復活したメロハーの雄から。
 暗転したの、まだ17:59でしたよね…?
 いや~、デニスが全然変わっていませんでした。
 ちゃんと衣装らしい衣装を着込んでいたスティーヴ・マン以外、みんな休日にお出掛けするお父さん…ってな感じだったのに、デニスは袖を切ったバンT着用ですよ。
 顔のデカさも健在。(当たり前か…)
 まだ再結成してから、そんなにライヴの回数をコナしてないと思われるものの、演奏はよくまとまり、安定もしてました。
 クライヴ・エドワーズは完全に職人ドラマーですな。
 派手さは全くないけど、それで無問題。
 ロッキー・ニュートンも同じく。
 いや、彼はユニオン・ジャックの一部アップ…ってなベースのペイントが派手めだったかも?
 ヴォーカルのリー・スモールは、ハットを被って見た目はメタル要素皆無ながら、エモーショナルでパワフルな歌唱は、やはりHR/HM向きだな…と。
 演奏面で気になったのは、スティーヴのリードが度々ヨレてたことぐらい?
 あ…デニスのギターがやたらキンキンしてたのも、時々気になったかな~。
 でも、スティーヴは鍵盤もしっかり兼任してて、職人ミュージシャンとしての役目は、これまたしっかり果たしてました。
 (シンセは一部同期でも流してました)
 デニス、スティーヴ、ロッキーによる人力コーラスもお見事!
 あとは、曲によってはちょっと雑というか、もうちょっと情念込めてプレイして欲しいな~と思うことが何度か。
 (特に「Die For Love」…)
 でも、総体的には素晴らしかったです。
 選曲もなかなか良かったし。

1.Prelude(SE)~Give Me The Light 2.Hot Tonight 3.Wait For The Night 4.Die For Love 5.Prisoner 6.Angels With Dirty Faces 7.Dangerous Game 8.30 Years 9.Anytime(McAULEY SCHENKER GROUP) 10.Towers Of Silver 11.Don't Pay The Ferryman(Chris De Burgh) 12.Heartbeat Radio 13.Lionheart 14.Outro:Reprise(SE)

 でも、曲順はもう少しヒネっても良かったかも。
 #2~4とか、どれか後半にもってくれば…と思ったし。
 『SECOND NATURE』って、まだ出たばっかで、流石にどの曲もあんま浸透してないでしょ~。
 クリス・デ・バーの知名度も、メタル・ファンにはそこそこでしょうし。
 (「オーオーオー♪」との唱和は悪くなかったけど)
 驚いたのは、McSGの「Anytime」をやったこと。
 スティーヴが書いた曲(歌詞はマコーリー?)だから…ってことね?
 でもって、
 本来アンコール用に残してた「Lionheart」ですが、「Heartbeat Radio」終わりで、みんなでお辞儀して、退場しようとするも牛歩で──デニスが「ん? ど~なの? もっとやって欲しい?」…みたいな感じで残って、「じゃあもう1曲!」と、ちょい勿体ぶってプレイ。
 とりあえず、『SECOND NATURE』の鍵盤入りアレンジじゃなかったから良かった~。
 イントロとアウトロ含めて約68分は、ちょうどイい長さかも…?
 勿論、他にもやって欲しい曲はありましたけど。


【PRAYING MANTIS】

 その後、12~13分の休憩(転換)があって──19:21頃にプレマン登場~。
 事前に休憩が何分か言ってなかったし、「間もなく開演します」…みたいなアナウンスもなく、いきなり暗転したので、外に出ていた人達が大慌てで戻ってきました。
 まぁ、20分ぐらいは大丈夫かな~なんて思いますもんね?
 ともあれ、今回もプレマンはグッダグダ…。
 これが2度目の来日となるジェイシーのヴォーカルはパワー満載だったし、ハンスのドラミングも豪快だったものの、それぞれ自分の色を出し過ぎてて、何か違~う瞬間が何度も…。
 特にジェイシー。
 前回('15年)は、「パワフルなヴォーカルが入って、メタリックなプレマンもイイかな~」なんて思ったけど、まるでロニー・ディオか…というクドさが気になったし、歌メロをすっかり自分流にしちゃってたのも、こりゃ大いに問題アリでしょ~。
 このバンドでキャリアを積んだことが、逆に仇になってしまいましたな…。
 ギター2人はトラブル多し。
 ティノはシールドがダメなのか、のっけから何度もクルー(日本人スタッフ)を呼んで、調整したり、修正したり…。
 そのため、なかなか次の曲いいけないこともありました。
 そして…結局、ワイアレスを借りたみたい?
 う~ん、最初からそうしてよ~。
 アンディは後半になって弦を切ったのか、「Cheated」の途中で急にステージから消えてしまい(ジェイシーがアンプ裏へ探しに行ったりも…)、再び現れた時には、“ECLIPSE”がレスポールになってました。
 (その後、「Flirting With Suicide」で“ECLIPSE”に戻しましたが)
 う~ん…このギター親父2名は、毎度困ったモンですな~。
 いや、ティノは時々、しっかりギターを泣かせてくれるし、アンディも今回はギター・サウンドのヌケが良かったし、リードも丁寧で、「をっ!」と思わせてくれることも、当然あることはあるんですけどね。
 いや…実際、いつも安定したプレイと絶妙なコーラス(流石に高音はキツそうな時があるものの)のクリスがいないと、結構ヤヴァいことになりそうで…。
 セトリは、初期曲多め。
 デニスがいることを意識したから?? 

1.SE~Captured City 2.Panic In The Streets 3.Praying Mantis 4.Time Slipping Away 5.Fight For Your Honour 6.SE~Dream On 7.Lovers To The Grave 8.Cheated 9.Turn The Tables 10.Flirting With Suicide 11.Children Of The Earth [Encore]12.A Cry For The New World 13.Phantom Of The Opera(IRON MAIDEN) 14.Running Free(IRON MAIDEN)

 大阪でやった「Running For Tomorrow」の代わりに「Dream On」を加えたのは、ジェイシーによれば、彼の(?)友達のお母さんが亡くなったとの報を受けから。
 でも、次の曲と曲間ナシでつないじゃってたのは…イイのかな??
 そんでもって、アンコールでデニス登場~!!
 久々の「A Cry For The New World」に場内が沸くものの、やっぱりディオ風味のクドいヴォーカルに違和感が…。
 スティーヴも一緒に出てきて、生鍵盤を入れてくれてたのは良かったけど。
 そして──やっちゃいました…MAIDEN曲!
 しかも2曲も…!!
 むむ~、'90年の初来日の再現…なのかもしれないけど、だったらポール・ディアノも呼ばなきゃ。
 きっと、ジェイシーがMAIDENトリビュート・バンドをやってたから…ってのもあると思います。
 「Running Free」は、LIONHEARTのメンバー全員を呼び込んで。
 ヴォーカル・パートは、ジェイシーとリーが2人で分けてました。
 他のメンバーはコラースで…って、クライヴはサビすら殆ど歌わず、携帯で客席を撮影するのに没頭。
 さらに、フロアを左右に分け、デニスが仕切って、サビの絶叫を競わせて、盛り上がりは最高潮に。
 しかし…他人の曲でシメちゃってイイのかな?
 しかも、別にデニスが書いた曲もでないのに…。
 まぁ、盛り上がればイイか~。
 そんなこんなで、コチラは終演20:59頃で、正味100分弱…って感じでした。
 
 
[PR]
by naniwametal | 2017-07-02 06:17