ダイヤリ
by naniwametal


<   2017年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ユーソ、すまん……


 渋谷O-WestでPENDRAGONを観てきました~。

 '78年の結成から、ほぼ40年越しの初来日!!
 もう待ち過ぎて、夢なのか現実なのか…という古株のファンもいたのでは?
 外国人オーディエンスもちらほら。
 …ってか、2名ほどウザいぐらいに盛り上がってました。
 あの人達はイギリスから追っかけて来たんでしょうか?
 そして、ダイゴ・マサユキさんは来場されてた…んかな?

 ちなみに、来日ラインナップは以下の通り。

●ニック・バレット<G,Vo>
●ピーター・ジー<B>
●ジャン=ヴィンセント・ベラスコ<Ds>
●クライヴ・ノーラン<Key>
●ヴェリティ・スミス<Cho>
●ゾーイ・デヴェニッシュ<Cho>

 ジャン=ヴィンセントは最新メンバーで、見た感じは南米系?
 かなりのパワー・ヒッターで、テクは申し分ないけど、ちょっとうるさ過ぎ??
 コーラス隊はオバ…いや、女性2人で、なかなかイイ仕事をしてました。
 で、肝心の御大3名はそれぞれに個性アリ。
 かなりの巨漢になってたクライヴは、基本的に淡々と演奏してて、わりとイメージ通りだったけど、もっと職人っぽいタイプかと思ってたピーターは、そこそこアクティヴで、キャップに赤いスニーカーと、見た目もスポーティ…?
 そして、首魁ニックはお茶目なオヤジでした。
 普段、サーフィンとかモトクロスをやってるというだけあり、ステージ上でも動きが軽やか。
 よく踊るし、アクション大きいし、客煽りも頻発。
 きっと神経質で、ある種“世捨て人系”だろう…なんて勝手に思ってましたが、全然違ってました。

 演奏はドラムが新顔にしては、よくまとまってたかと。
 ピーターは多くの曲で鍵盤も弾き、ペダル・ベースも使用。
 ニックのあのトーンはアルバム通り。
 歪んだリフがちょい弱いかと思ったけど、2階バルコニーだからそう聴こえただけで、下で観たら違った可能性あります。
 ニックのヴォーカルも、正にアルバム通り。
 所謂ヘタウマ系ながら、生で聴くとじわじわ沁みます。
 この声だからこそ…と、ハマっていくマニアが少なくないのも、生で観て初めて納得いきました。
 気になったのは、多くの曲で、プツっと雑に音を切って演奏し終えてたこと。
 そこはプログレっぽくないですな~。

 セトリは下記にて。

1.The Masquerade Overture(SE) 2.As Good As Gold 3.Paintbox 4.A Man Of Nomadic Traits 5.The Shadow 6.Masters Of Illusion 7.King Of The Castle(The Shadow Part 2) 8.Beautiful Soul 9.Faces Of Light 10.Nostrodamus(Stargazing) 11.If I Were The Wind(And You Were The Rain) 12.This Green And Pleasant Land 13.Breaking The Spell [Encore]14.Indigo

 『THE MASQUERADE OVERTURE』('96)の20周年ツアーがまだ続いているのかと思ったら、そうではなく。
 最初、イントロ含め3連打できたから、「をっ…これは!」と思った人もいたかもですが、4曲目に『NOT OF THIS WORLD』('01)から「A Man Of Nomadic Traits」をやって、また『THE MASQUERADE~』に戻ったものの、全曲再現はナシ。
 でもって、1曲もプレイされなかったアルバムもありました。
 本編ラストは『THE WINDOW OF LIFE』('93)からの「Breaking The Spell」で、アンコールでは『PURE』('08)から「Indigo」!
 尚、鍵盤にペダルにコーラスに…と、最も忙しくしていたピーターは、ドラムレスのフォーキーな「King Of The Castle」でアコ12弦もコナします。 それから、「Masters Of Illusion」のエンディングには、ドラム・ソロと言ってイイぐらいの見せ場が用意。
 日本語MCも頑張ってたニックは、何故か「スシ…」と呟くことしばしば。
 「Indigo」では、最後にハンドマイクで熱唱しておりました~。

 そんなこんなで、
 暗転したのは18:59(!)頃&終演は21:02頃だったかと。
 う~ん…再来日は──もう難しいかな??

 
 


[PR]
by naniwametal | 2017-09-28 11:22

SONS OF APOLLO、意外にレトロ志向?


 武道館でMR.BIGを観てきました~。

 お客さんの入りは上々。
 満員とまではいかないものの、スタンド席もかなり上の方まで埋まってました。
 前回来日公演は観ていないのですが、まだまだ人気ありますね~。

 ステージ前方には花道アリ。
 また後方にはスクリーンが設置。
 ここにRUSHばりにオリジナルのアニメなどが映し出されていきます。
 あと勿論、演奏中のメンバーも。
 メンバーといえば、JBをイントロSE代わりにバラバラと出てきた時に「あ…」と思ったんですが、ポールはもうヘッドフォンしなくて大丈夫なのね?
 上記アニメの中でも、ポールは常にヘッドフォン姿だったのに。
 あと、“13”Tシャツには何か意味アリ?
 エリックは、やっぱり高音がキツそうだったけど、ウマくフェイクしながら、2時間半に迫る長丁場を見事に乗り切ってました。
 AVANTASIAでは郷ひろみに見えるのに、ミスビでは森 進一に見えるのは何故??
 ビリーはシュっとした衣装で登場。
 相変わらずブリブリ弾きまくり。
 で、ドラムスはマット・スター。
 タイトにパワー満載で叩きまくってくれます…が、躍動感に欠けるのがチョイ気になりました。
 オープニング曲「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」とか、ヤケに平板な印象を受けたし。
 で、3曲プレイしたところで、エリックが「何か足りないよね?」と言って、パットが満面の笑顔で登場。
 何故かTシャツには“誠”の文字。
 大歓声に腕を上げて応えたりして、元気そうです。
 もうそれだけでも凄いのに、ドラム・キット横のパーカッション・ブースへ、軽やかに駆け上がって行って、「Alive And Kickin'」から先はほぼ全曲に参加。
 不在だったのは「Price You Gotta Pay」と「Rock & Roll Over」ぐらいかな?
 最初、タンバリンを両手に持ち、それぐらいしか無理か…と思ったら、曲によってはスティックをしっかり握り、シンバルとかカウベルを普通に叩いてました。
 あと、「Just Take My Heart」では、マットと代わってドラム・キットで普通にプレイ!
 流石に速い曲は無理でも、ほぼ問題なくバンドに付いていけてましたね~。

 本編終盤の「Addicted To That Rush」の後、メンバー紹介があって、エリックがマットまで名前をコールし、次にパット…と思ったら、「これを観てもらおう」と、スクリーンで始まったのは、アニメ“パット・トーピー物語”。
 ドラムを始めたキッカケとか、練習に明け暮れた若い頃のエピソード(電気会社とのバトルとか)とか、そんなに長くなかったけど、最後に「あきらめない」とのメッセージで締めくくられ、場内は何とも感動的なムードに。
 アニメ終了後、凄まじい歓声の中、多分パットは感極まって泣いてました…。

1.Daddy, Brother, Lover, Little Boy(The Electric Drill Song) 2.American Beauty 3.Undertow 4.Alive And Kickin' 5.Temperamental 6.Just Take My Heart 7.Take Cover 8.Green-Tinted Sixties Mind 9.Everybody Needs A Little Trouble 10.Price You Gotta Pay 11.G Solo 12.Medley:Never Say Neve~Lucky This Time~Mr. Gone 13.Open Your Eyes 14.Forever & Back 15.Wild World(Cat Stevens)16.Promise Her The Moon 17.Damn I'm In Love Again 18.Rock & Roll Over 19.Around The World 20.B Solo 21.Addicted To That Rush 22.Pat Movei 23.To Be With You 24.Colorado Bulldog 25.1992 [Encore]26.We're An American Band(GRAND FUNK RAILROAD) 27.Defying Gravity

 「Wild World」からの3曲はアコースティックで。
 花道の先の、観客に近い“ステージB”で、エリックもアコギを弾いて、パットはタンバリン×2を。
 ただ、メイン・ステージ(?)にはマットもいて、しっかりリズム・キープしてくれてました。
 「Colorado Bulldog」は、エリックの「カモン!」の合図で、ポールとビリーも花道を下って、ソロぐらいまでは“ステージB”でプレイ。
 本編最後が「1992」ってのが憎いですな~。
 スクリーンにはファンとの絆を映した過去の映像が次々と。
 アンコール1曲目のGFRカヴァーは、エリックがベース、ビリーとマットがギター、ポールがドラムスを担当し、メインで歌ったのはパット!
 つか、みんな普通に上手いし。
 ポールはオカズもちゃんと再現し、ギター・ソロはビリーが担当してました~。
 アンコール最後は『DEFYING GRAVITY』表題曲。
 終盤にはそこそこデカめの象の風船人形が2体出てきて、エリックがジャケ通り逆さまにしたりしてました。
 ビリーはやたら倒そうとしてたけど(その都度スタッフが元に戻す)、象は嫌いなの??

 そんなこんなで、
 暗転したのは19:03頃 & 終演後、“ステージB”に5人が立ち、ビリーの感謝のスピーチが終わったのは21:28頃。
 客出しのアウトロは「青い影」でした~
 
 


[PR]
by naniwametal | 2017-09-27 07:34

IN EXTREMOとの結び付き、思った以上に深いのね?


 FIDDLER'S GREEN@The Cluracan!

 “秘密のパーティ”という名の単なる呑み会だったハズが、PINCH OF SNUFFのライヴ終盤に、まずアルビ、次にトビーが飛び入り共演した後、何とな~くFIDDLER'S GREENのアコ・ライヴがスタート!!


d0118153_04570586.jpg


 最初、「3曲ぐらいやろうかな~」と言ってましたが、結局4曲やってくれました!!

1.Down 2.Bugger Off 3.Raggle Taggle Gypsy(Trad) 4.Yindy


 前日やらなかった曲もプレイされ、特に「Bugger Off」は、みんなで“F**k you!!”と叫びまくり、超絶盛り上がりました~☆

 
 


[PR]
by naniwametal | 2017-09-20 04:57

FGのTシャツって…瞬殺?


【FIDDLER'S GREEN】
d0118153_04284009.jpg
1.SE~The Leaving Of Liverpool 2.Down 3.Life Full Of Pain 4.A Night In Dublin 5.Perfect Gang 6.Bottoms Up 7.Blame It On Me 8.Irish Washerwoman 9.All The Way 10.We Don't Care 11.Yindy 12.Victor And His Demons 13.Old Dun Cow 14.The Night Pat Murphy Died [Encore]15.Folk's Not Dead


【KORPIKLAANI】
d0118153_04291120.jpg
1.SE~Viinamäen Mies 2.Pilli On Pajusta Tehty 3.Tuonelan Tuvilla 4.Lempo 5.Erämaan Ärjyt 6.Ruumiinmultaa 7.Petoeläimen Kuola 8.Sumussa Hämärän Aamun 9.Ievan polkka 10.Vaarinpolkka 11.Metsämies 12.Kipumylly 13.Rauta 14.Tervaskanto 15.Kultanainen 16.Kantaiso 17.Ämmänhauta 18.Sahti 19.Crows Bring The Spring 20.Wooden Pints [Encore]21.Vodka 22.Beer Beer


  
[PR]
by naniwametal | 2017-09-19 04:30

味七行く気マンマンも珉珉で大マンゾク~


 中野サンプラザでACCEPTを観てきました~。

 ずっと前に最初の再結成ライヴを観た同じ会場…ってことで、ちょっとだけ嫌な予感がしたのですが──今回はガッツリ楽しめましたよ。
 お客さんの入りは予想よりも少なかったけど(2階席閉鎖…)、盛り上がりは上々。
 来日ツアー4日目とはいえ、バンドの状態もすこぶる良かったのではないかと。
 マークとか前回来日時よりも快調に見えたし、時々シャウトが苦しそうだったものの、それでも何とか振り絞ってたし。
 ウヴェとウルフのコンビネーションも◎!
 かつて照明すら当ててもらえない時があったハーマンとは違い、ウヴェはのびのび笑顔でプレイ。
 フォーメーションにも参加させてもらってたし(まだちょい心許ない場面も…)、何度も他のメンバーからいぢられてたし。
 つか、ウルフの方から寄り添っていくなんてこと、ハーマン在籍時にはまずなかったですから…!
 元BLACKFOOT(!)というクリストファーは、やや打音が軽めながら、テクは申し分ないし、頻繁に立ち上がっての客煽りもナイス。
 幾つか「叩き過ぎ!」と思った曲や、ノリの違いが気になる曲もあるにはあったけど、悪夢のマイケル・カーテロンと比べれば全然OK!
 ワイルドでイイ感じでした。
 そして“ピーターと狼”の御大2名は、相変わらず元気イッパイ!
 ピーターは還暦目前というのに、終始軽やかにステージを動き回り、ウルフの“顔で”弾きまくるエモーショナルなソロ・ワークも、言わずもがな極美味。
 特に、タメのプレイがより味わい深くなってましたね~。

 セトリは新旧織り交ぜつつ、中盤に新譜『THE RISE OF CHAOS』からの曲をまとめて連打でプレイ。
 初期作からは特にサプライズなかったけど、前作『BLIND RAGE』('14)の「Final Journey」が嬉しかったな~。

1.SE~Die By The Sword 2.Stalingrad 3.Restless And Wild 4.London Leatherboys 5.Living For Tonite 6.The Rise Of Chaos 7.Koolaid 8.Analog Man 9.No Regrets 10.Final Journey 11.Shadow Soldiers 12.Wolf's G Solo~Neon Nights 13.Princess Of The Dawn 14.Midnight Mover 15.Up To The Limit 16.Objection Overruled 17.Pandemic 18.SE~Fast As A Shark [Encore]19.Metal Heart 20.Teutonic Terror 21.Balls To The Wall~Outro:Bound To Fail(SE)

 「Breaker」ナシ、「Stampede」もナシ。
 あ…サプライズありましたよ!
 本編終盤に、まさかの『OBJECTION OVERRULED』('93)表題曲が…!!
 こりゃヘドバン必至ですわ。
 アンコール3曲は、もはや定番化。
 でも、当然みんな歌いまくります。
 そんなこんなで、
 暗転したのが19:07頃、終演は21:08頃でした~。
 
 


[PR]
by naniwametal | 2017-09-15 04:53

PPUSA DAY4

早くも最終日です。

トップバッターはTERAMAZE…と思ったら、SEVEN SPIRES というバンドに代わってました。
女性シンガー擁する4人組。
クリーンもグロウルもイケるヴォーカルを、それぞれテク自慢のバック陣が盛り立てます。
楽曲はワリとオーソドックスで、色々味付けありつつも、まだまだ発展途上との印象でした。

2番手の DYNAZTY は、以前キャンセルになったのを受けてのリヴェンジ出演。
溌剌としたパフォーマンスで、グイグイ観客を掌握していってましたー。

注目の SNOWY SHAW は、ソロ名義での参戦。
何やるんかと思ったら、これまでに在籍したバンドのレパートリーを次々と。


d0118153_14345584.jpg

KD & MF は勿論、THERION もアリで、何と ILL WILL までやってビックリですよ!
あと、アーサー・ブラウンの「Fire」なんかもやってましたー。
最後にゲストでAMARANTHE を脱けたヤーケが飛入り…?

続いては、PAIN。
ペーター・テクトグレン率いるインダストリアル系…って、普通に生ドラム入りのバンド編成です。
結構キャッチーで、ノリノリ曲が目立ってました。

AMARANTHE は2度目の PPUSA 登場。
エリーゼは露出度低め。
ノーマル声の新人は、ヤーケとはかなり声質が違ってて、最初ちょい違和感アリ。
ヴォーカル3人のパフォーマンスは、以前よりも統制が取れてたような。

1.Maximize 2.Boomerang 3.Hunger 4.Invincible 5.1.000.000 Lightyears 6.Trinity 7.True 8.Fury 9.Endlessly 10.On The Rocks〜Ds Solo 11.Automatic 12.The Nexus 13.Amaranthine 14.Call Out My Name [Encore]15.Digital World 16.That Song 17.Dynamite 18.Drop Dead Cynical

オーディエンス歌いまくりで、いつも通りガッツリ盛り上がってました!


そして、大トリは KATATONIA。
元ゴシック? 元ブラック??
今や、エモーショナル・ロック?
でも、大人気です。
熱狂的ファンが多いし。
アンコール含め90分たっぷりプレイしてくれましたー。



[PR]
by naniwametal | 2017-09-10 14:34

PPUSA DAY3


アタマの2バンドは、DAYDREAM XI(元 HIBRIA のベニュールがヘルプ参加!) も DISTORTED HARMONY もかなり地味。
どっちも、ちょいヒネりの効いたプログレ・メタルをやってるんですが…。

LORDS OF BLACK はやっぱりロニー・ロメロにばっか注目が集まってました。

ANGEL DUST は、スラッシーな初期路線ではなく、後期の(?)プログレ風味のメロディック・メタル路線で、かなりウケてたような。
「Border Of Reality」でパワー・メタル魂も見せつけてくれましたけど。

MYRATH はさらに化けてました!!
ライヴ・バンドとしての進化が見事です。
観客の熱狂も凄かったー!

1.Jasmin(SE) 2.Believer 3.Get Your Freedom Back 4.Storm Of Lies 5.Wide Shut 6.The Unburnt 7.Madness 8.Under Siege 9.Endure The Silence 10.Nobody's Lives 11.Tales Of The Sands 12.Duat [Encore]13.Sour Sigh 14.Merciless Times


MIKE PORTNOY'S SHATTERED FORTRESS は、HAKEN の全面バックアップ + エリック・ジレット(NEAL MORSE BAND)で DT やりまくり。
映画『サイコ』のテーマを SE に、メトポリ2を冒頭とアンコールに配し、とにかくジャイアンのやりたいように手下をウマく使ってました。


d0118153_15080693.jpg

「The Root Of All Evil」はジレットが歌い、「Repentance」はジャイアン自らハンド・マイクで歌います。
でもって、約2時間のシメは「A Fortune In Lies」のイントロ。
久々にジャイアン・ワールドを堪能した〜☆


[PR]
by naniwametal | 2017-09-09 15:07

PPUSA DAY2


今日も天気は爽やか!

トップは NEXT TO NONE。
若手プログレ・メタラーです。
鍵盤がヴォーカルも兼ね、緩急自在な楽曲は長尺で、かなり混沌としてます。

TWILIGHT FORCE はアトランタでも大ウケ。
最前付近の観客はほぼ全員が剣持ってるし。
当然、大合唱も起こりまくってましたー。

VANDEN PLAS は…地味!!!
でも、大人気です。

BETWEEN THE BURIED AND ME は、一気にお客さんが少なくなってしまったものの、唯我独尊で激烈に駆け抜けて行きました。
って、『COLORS』('07)全曲やったの??

本日のトリは、METAL CHURCH!
相変わらず、マイク・ハウが絶好調☆
バンドもタイトで、リックがオリジナルのリードをかなり再現してるのも良かったです〜。

d0118153_13564632.jpg

1.Fake Healer 2.In Mourning 3.Needle And Suture 4.Start The Fire 5.Reset 6.Gods Of Second Chance 7.Date With Poverty 8.No Tomorrow 9.Watch The Children Pray 10.No Friend Of Mine 11.Killing Your Time 12.Byond The Black [Encore]13.Badlands 14.The Human Factor




[PR]
by naniwametal | 2017-09-08 13:56

PPUSA DAY1


今年は涼しい!

POWER QUEST は、アレッシオ客演!
さらに、THEOCRACY のヴォーカルも呼び込まれ、トリプル・ヴォーカルの曲も!

SERENITY はゲスト起用せず、4人だけで最後まで。
もはや女性シンガー必用ナシ?

ORPHANDE LAND は、コビがより自然体に。
グロウルも健在ながら、よりメタル<ロックなノリが強まってたかな?

d0118153_15494584.jpg

1.Ocean Land 2.The Simple Man 3.All Is One 4.Let The Truce Be Known 5.Barakah〜The Kiss Of Babylon 6.Brother 7.Birth Of Three(The Unification)〜Olat Ha'tamid 8.Sapari 9.El Meodo Na'ala 10.In Thy Never Ending Way 11.Halo Dies(The Wrath Of God) 12.Norra El Norra(En tering The Ark )〜Ornaments Of Gold

トリは HAKEN。
アルバム『VISIONS』('11)を全曲再現。
ガッツリ盛り上がってました。

で、来年… DREAM EVIL が出る!!
ノクタにロス・ザ・ボスも!
あと、CELLAR DARLING もヤヴァい!!!




[PR]
by naniwametal | 2017-09-07 15:49

アトランタも涼しそう?

    ではでは、今月も──  
d0118153_11270930.jpg
   ──行ってきます~!!    
[PR]
by naniwametal | 2017-09-05 12:03