ダイヤリ
by naniwametal


まさかの核弾頭が…


 渋谷のオーチャードホールでYES featuring Jon Anderson, Trevor Rabin, Rick Wakemanを観てきました。

 ARW…というか、ANDERSON, RABIN & WAKEMANからわざわざ名義が変更になったのは、どこかで何かの力が働いたから?
 まぁ、コッチの方が本家よりも本家らしいとの意見もありますが。
 いや実際、そっくりさんとかコピバンの人も悪くなかったけど、やっぱしホンモノに限りますな~。
 ジョン・アンダーソン、充分に保っておられました。
 見た目は「あれ…? 縮んだ?!」ってな感じながら、お立ち台(?)で頑張ってました。
 動きとか軽やかだし、声もやや枯れ気味とはいえ、どの曲も見事に歌いコナしてたし、タンバリンとか、アコギとか、ハープ(!)でも大活躍。
 トンボの眼鏡はなかったけど、ぞうさん&どんぐりころころも飛び出したし。
 トレヴァー・ラビン(レイビンなの?)は、ますます職人気質全開。
 ヴォーカルもイイ感じ。
 但し、'70年代の曲には自分なりのアレンジを加え、ハウのフレーズをしっかりなぞったりはしません。
 リック・ウェイクマンはマント着用!
 でもって、やたらデカい!
 腹周りも凄い…けど、鍵盤捌きは流石でした。
 途中、ヘッドフォンしてたのは、シンセの調整をやってたの?
 演奏しながら…??
 リズム隊は、イアン・ホーナル(b)&ルイ・モリノ3世(ds)…って、よく知らない人達ですが、後者はラビン人脈で、前者はGG絡みなの?
 ベースはリー・ポメロイから変更。
 この人、IT BITESといい、何故か日本にあんま来ないという…。
 ホーナルは、多くの曲でリッケンバッカーを弾き、結構スクワイアの音色&フレーズを再現してました。
 3世もそこそこ再現してたし、かなり上手いんでしょうけど、ブルフォードと音から何からあまりに違い過ぎて、'70年代曲では違和感アリアリ。
 スウィングなんてしなくてイイから、もっとタイトに叩いてくれ~。

 セトリは海外ツアーとほぼ同じ?
 新曲やるとか、『TALK』('94)から何曲かやるとか、色々言われてたみたいですが──どっちもナシ。
 定番多いとはいえ、“90125”YESがそれなりに堪能出来ました。
 個人的には「Changes」が良かった~。

1.Cinema 2.Perpetual Change 3.Hold On 4.I've Seen All Good People 5.Ds Solo~Lift Me Up 6.And You And I 7.Rhythm Of Love 8.Heart Of The Sunrise 9.Changes 10.The Meeting 11.Awaken 12.Make It Easy(Intro)~Owner Of A Lonely Heart [Encore]
13.Roundabout

 「And You And I」はハーモニカなし。
 「Heart Of The Sunrise」の途中にちょいベース・ソロ。
 「Ritual」のフレーズ入ってた?
 ABWHの「The Meeting」は、歌&エレピだけでしっとり。
 アンダーソンのハープが炸裂する「Awaken」は、うねうね妖しいロング・ヴァージョンに。
 「Owner Of A Lonely Heart」は、ラビンが「Make It Easy」を少し弾いてからスタート。
 途中でラビンとウェイクマン@ショルキーが客席へ降りてきて、通路をずいずい進んでいき、PA付近で座席に腰掛けてソロ・バトル!
 それに狂喜乱舞する観客の多くが、お相撲さんとかレスラーにやるように、2人をペチペチとタッチしまくってました。
 その後ステージに戻ってすぐ、「Sunshine Of Your Love」@CREAMのリフが挿入され、アンダーソンが少し歌ったりも。
 「Roundabout」は、ハーモニクスなしが残念…。
 あと、ステージ後方に設置された5枚のスクリーン(?)へ、様々に照明が映し出される演出は、幻想的でイイ効果になってたかと。

 そんなこんなで、暗転したのは19:09頃&終演は21:01頃~。
 (客出しBGMはボウイだったの?)
 開始時も、終演時もメンバー同士がやたらハグしまくってて、仲の好さをアピール?
 さて、今後もこのARWの活動は継続され、本当に新曲入りのアルバム制作を行なうのでしょうか…?
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-19 02:14

副流煙渦巻く~


 吉祥寺シルバーエレファントであらんちゃんバンド(仮)を観てきました。


d0118153_5414251.jpg


d0118153_542580.jpg


 OUTER LIMITSのギタリスト、荒牧 隆のニュー・バンドです。
 “(仮)”というのは、本当にバンド名がまだ決まっていないからだとか。
 ラインナップは以下の通り。

●月本美香<Vo>
●荒牧 隆<G,Vo>
●森脇 健<B>
●高橋克典<Ds>
●渡邉暢夫<Key>

●Kow<Vo>

 メイン・ヴォーカルは浪漫座でお馴染み(&元MARGE LITCH)。
 あらんちゃん…というのは、現在女装家となっている荒牧の別名?
 え~と、他の方々はよく知りません…。
 Kowというのは、NEGASPHEREの別働隊──NEGACOUSTIKAの曽我部 晃だとか。
 確か、3曲ほど参加してました。
 現状、正式な男性ヴォーカルが決まっておらず、ライヴ毎にゲストを迎えているみたい。
 (先日の京都でのライヴでは、元浪漫座の北白川妙朗を起用)
 あと、荒牧も何曲かでリード・ヴォーカルを執ってました。

 OUTER LIMITSの曲はやってないと思います。
 まだ音源制作前なので、どれも知らん曲ばっか。
 英詞の曲もあれば、日本語詞の曲も。
 荒牧のギターは、かなりロバート・フリップしてます。
 曲調もKC風多し。
 但し、幻想テイストよりも叙情味が勝っていて、当然ヌーヴォ・メタル路線でもありません。
 また、古語を使った(?)和風曲もあったり、仮タイトル通りラヴェルの「Boléro」を彷彿とさせるインスト(スキャット入り)もあります。
 渡邉は時々ショルキーを使用。
 あ…渡邉も女装してました。
 いつもではないそうですが。
 森脇は太いトーンが心地好く、高橋はタイトにパワフルに叩きまくり。
 月本は幾つかの曲に苦戦中といった印象ながら、元々巧いシンガーなので、きっとすぐに自分のモノにしてしまうでしょう。

1.Welcome To The Club(SE)~Tearing Apart 2.100+ Days 3.Code Of Conduct 4.緊縛の理論と実践 5.のぶをちゃんと遊ぼう 6.事の語り事も此をば 7.Bolero(仮) [Encore」8.100+ Days(Reprise)

 月本とKowの相性は、和風の「事の語り事も此をば」がダントツ。
 というか、この曲はKowがめっさハマってて、月本もドンズバだったので、かなり完成度が高かったかと。
 「緊縛の理論と実践」はSMがテーマ?
 Kowが怪しい仮面着用でちょいパフォームしてました。
 「のぶをちゃんと遊ぼう」はインスト・ジャムで、曲名にも示されているように鍵盤ソロ主体。
 最もJap'sプログレしてたのは、ポップな「Code Of Conduct」かな?
 でもって、アンコールは本編の演奏曲から、人気投票で選ばれた2曲目を再度プレイ。
 次に人気があったのは「緊縛の理論と実践」でした。

 尚、現状ではレコーディングの予定はないようで、まずは正式な男性シンガーを見つけたい…のだそうで。
 そう、これは飽くまで“プレヴュー・ライヴ”なのです。
 いいヴォーカルが見つかるとイイですな~。
 そうすれば、荒牧もギターに専念出来る?
 つか、月本をもっともっと歌わせないと勿体ないお化け出るよ~!
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-16 05:43

北斗の劣化が…


 “ライヴ絶響上映”にて、Paul McCartney & WINGSの『ROCKSHOW』を観てきました。


d0118153_20333627.jpg


 “ライヴ絶響上映”とは、ライヴ会場のPAシステムを使い、ロックな映画を大音量で楽しんでもらおう…という企画。
 スタンディングOK、シンガロングOK、絶叫OK、ヘドバンOK…で、要はライヴ感覚で映画が楽しめると。
 過去には、LED ZEPPELINの『THE SONG REMAINS THE SAME』とか、METALLICAの『THROUGH THE NEVER』も上映され、会場は東京がZepp DiverCity、大阪がZepp Nambaとなってます。
 今回、初体験したのですが、なかなかのド迫力で、観客は実際に、歓声を上げたり、メンバーの名前を叫んだり、映画の中のポールのMCに反応したりしていました。
 尚、スタンディングだけでなく、椅子席もちゃんとあります…というか、フロアは殆どが着席エリアだったり。

 WINGSに関しては、正直あんまよく知りません…。
 当然、ライヴは観たことがあるワケないし、アルバムもアナログで何枚かは持ってるものの、特に熱心に聴き込んだりしていないので、ほぼ素人です。
 元THE MOODY BLUESのデニー・レインはともかく、可愛い子ちゃんのジミー・マカロックが元STONE THE CROWSなんてことも、全く把握してませんでした。
 (初期のWILD HORSESを経て、26歳で夭折したことも…)
 なので、このライヴ演奏曲の多くにもあんま馴染みがなく、2時間超の長尺(英米のオリジナル上映時よりも長い“完全版”)は、途中で何度か寝落ちしそうになったりも…。
 (&前から2列目で首が疲れて…、流石に130分もあるとケツが痛くて──映画館の座席って素晴らしいんだな…と改めて気付いたりも)
 それでも、各メンバーのマルチっぷりとか、ポールのベースの音がデカくてイイ!…とか、ホーン・セクションが地味にカッコいい!…とか、リンダ・マッカートニーがメロトロンっぽい音出してた!…とか、MCのイングリッシュ・ジョークがよく分からん…とか、それなりに楽しめました。
 あと、やっぱりポールのスターとしてのオーラが凄い。
 デニーとジミーがリード・ヴォーカルを執る曲もあるけど、どっちもあんま歌は上手くないので、もう全曲ポールでイイんじゃないか…と。
 後者はスライド・ソロとかワウ・ソロがシブいんで、そっちはたっぷり堪能しましたが。

 ちなみに、データ的なことも書いておくと──ライヴが収録されたのは、'76年6月10日、米シアトルにて。
 来場者は6万7千人!
 アメリカでの映画公開は'80年11月で、日本での初公開は'81年夏。
 日本でも当時、前年にWINGSの(2度目の)来日中止があったことで、この映画は熱狂的に受け止められた…そうです。
 (ジョン・レノンのあの射殺事件も同時期…)
 しかし、'70年代のライヴって照明が暗いですね~。
 しかも、狙ってのことなのか、ちょくちょくピンが合ってない映像があって、ホーンの人達とか、せっかくソロ執ってるのに、本人ではなく手前のマイク・スタンドにピンが合ってたりして…。
 そんな雑さもまた味わい深い…??

 そうえいば──上映前には、藤本国彦(元『CDジャーナル』編集長)&本 秀康(“レコスケくん”でお馴染みのイラストレーター)による対談が。
 (当初は藤本×萩原健太の予定から変更)
 ボソボソしゃべる藤本氏、結構アツい本氏の対比が面白く、2人してやたらジョージ・ハリスンに絡めるのも、やたらウケてました。
 後者による「当時、デニーは“第2のジョン・レノン”になる野望を…」という発言がなかなか興味深く、その後の上映では、しっかりそれを踏まえてデニーの姿を追うことに。
 ただ、WINGSとTHE BEATLESのマニアが集まってる…という前提での対談なので、固有名詞とか曲名とかが、何の説明もなくどんどん飛び出し、初心者としては全く付いていけてなかったのですが…。


 でもって、
 次回の“ライヴ絶響上映”は、何と『PINK FLOYD THE WALL』ということで、これまた楽しみ~。
 尚、“ライヴ絶響上映”では上映作品のリクエストなんかも受け付けてるそうです。
 個人的には、ANVILとLORDIに1票ずつ…!
 WACKENの映画なんかも期待したいけど、集客を考えると難しいでしょうな…。
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-12 20:33

羅刹組と初・金伝丸


 渋谷クアトロでEPICAを観てきました。

 バンド結成から15年目──ようやくの初来日です。
 何と、ソールド・アウト!
 いや~、異常な人気ですな~。
 歓声も凄かった~。

 つか、本日の主役はダントツで鍵盤奏者のクン。
 あんな面白キャラでしたっけ?
 いちいちアクションがデカくて、ヒマになるとすぐ前に出てくるし。
 クルクル回るキーボードはジョーダン・ルーデスのパクリ?
 あと、グニャっと曲がったU字シェイプのMIDIコントローラー(これまたジョーダンの影響?)もインパクト大です。
 彼を中心にメンバー同士がよく絡み、やたら和気藹々としてたのもイイ感じ。
 互いの楽器を弾き合ったり、シモーネがちょっとだけ鍵盤弾いたり、マークのグロウルの後ろでシモーネがクンにマイク向けて叫ばせたり…などなど。
 以前はあんなノリじゃなかったと思うのですが…。

 シモーネは意外に露出度低め。
 失礼ながら…老けたな~と思ったりも。
 そりゃまぁ、10代でデビューした彼女も、もう32歳なワケで。
 ピッチはワリと安定してました。
 勿論、同期にかなり助けられながら…ですが。
 驚いたのは、そのシモーネが序盤からスゲー笑顔だったこと。
 当然、クール・ビューティな佇まいは残しつつも、ヤケに柔和な印象でビックリ。
 初めての日本滞在がよっぽど楽しかったんでしょうね~。
 あと、勿論オーディエンスの熱狂っぷりにも大感激といった様子。
 マークもMCで、「日本人は大人しいと聞いてたのに…大違いだ。みんなラウドで凄い!!」と絶賛してたし。
 とにかく盛り上がりまくる観客には、イサークも驚いてたみたい。
 あ~でも、シモーネがやるんじゃなくて、オッサン2人の共同作業で“指でハート”を作るのはちょっと…ね。
 それだけ感激してくれてた…ってことなんでしょうけど。
 ベースのロブは、ほぼ空気…かな。
 いや、ヒゲだけは存在感アリアリ。
 ドラムのアリエンは相変わらずドタバタながら、手数多めの力技でガンガン押し切ってました。

 気になったのは、ギターの出音が小さかったこと。
 声量のないシモーネに合わせて…だとしても、あれは引っ込み過ぎでは?
 (それでも、ヴォーカルはちょいちょいオーケストレーションやクワイアに呑み込まれてました…)
 あと、何度もサークルを要求したり、WODを指示していたのも意外だったかと。
 モッシュとサークルは小規模ながら発生。
 (クンがサークルに合わせて鍵盤をクルクル…も)
 WODはアンコール最後の「Consign To Oblivion」で。
 殆どのオーディエンスが戸惑い気味でしたけどね~。

1.Eidola(SE) 2.Edge Of The Blade 3.A Phantasmic Parade 4.Sensorium 5.SE~Unleashed 6.Martyr Of The Free Word 7.The Essence Of Silence 8.Storm The Sorrow 9.The Obsessive Devotion 10.Ascension - Dream State Armageddon 11.Dancing In A Hurricane 12.Unchain Utopia 13.Cry For The Moon(The Embrace That Smothers, Part IV) [Encore]14.Sancta Terra 15.Beyond The Matrix 16.Consign To Oblivion(A New Age Dawns, Part III)~Outro:Wheel Of Fortune(Excerpt)@Pirates Of The Caribbean Dead Man's Chest

 セトリは、最新作『THE HOLOGRAPHIC PRINCIPLE』('16)収録曲中心。
 SE含め7曲もプレイ…って、初来日なんですから、もうちょいバランスよく組んで欲しかったな~。
 でも、各アルバムから最低1曲はやってくれました。
 「Unleashed」はシングルに入ってたイントロ付きヴァージョンで。
 「The Obsessive Devotion」の後半でシモーネが一旦退場したので、これはお色直しアリか…と思ったら、また同じ衣装で出てきてガックシ。
 「Unchain Utopia」冒頭で歌わせ…は見事に失敗。
 本編ラスト「Cry For The Moon」のエンディングでは、殆どドラム・ソロ…って感じで、アリエンが叩きまくり&引っ張りまくり。
 アンコールで最初に登場したのは、何とクン。
 まさかMCまでやるとは。
 彼はその後、MIDIコントローラーを抱えたまま客席へ乱入したりもしてました。
 結局、大阪&名古屋よりも1曲増えてて、名古屋のセトリ+「Martyr Of The Free Word」だったものの、大阪ではやった「Universal Death Squad」はナシ…と。
 う~ん、「Mother Of Light」やって欲しかったな~。

 そんなこんなで、暗転したのは19:02頃&客出しBGMとして映画『ショーシャンクの空に』から「End Title」が流れ始めたのが20:44頃でした~。
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-07 06:39

電磁波ババァ現わる…


 クラブチッタ川崎でSABER TIGERを観てきました~。

 主宰イヴェント“牙音”の第2弾──そのヘッドライナーとしての出演です。
 僅かに40分しか持ち時間がなかったので、演奏は6曲だけ。
 アンコールもナシなら、この手のイヴェントでは恒例の、出演全バンドが入り乱れてのシメのセッションもナシ。
 後者は、流石に出演バンドが多過ぎて(SABER入れて9バンド!)、収拾が付かなくなるから…?

 ともあれ、40分は本当にあっという間でした。
 長いツアーを経てきてのファイナル…というのもあってか、下山は幾らか疲れが溜まってるようでしたが、序盤ちょっと声が荒れてるな~ってな程度で、大崩れなどあるワケもなく。
 というか、普通のヴォーカルだったら、あのコンディションでステージに立ったら、3曲目ぐらいで声が出なくなってしまうけど──下山は普通じゃないので、歌えば歌うほど、どんどん調子が良くなっていって、最終曲の時点でようやくウォーミング・アップ終了…ってな状態に。
 恐らくあのままショウが続いていたら、あと2曲ぐらいで喉が万全になっていたのでは?
 50歳超えてるというのに、相変わらずスゲーというか…ありゃホンモノの化物ですわ。

 年齢のことを言えば、木下はさらに年長なので、きっとツアー疲れが相当キビしいことになってるハズ…なのに、相変わらずキレあるプレイで、最後までメロディックにアグレッシヴに弾きまくってくれました。
 マシーンは40分ステージなんて余裕…ってな印象で、ガッツリ技巧発揮しまくり。
 若手のHibikiと水野は、さらに余裕でプレイ。
 後者なんて、安定し過ぎててモノ足りないぐらい?
 他のメンバーに怒られるぐらいに、もっと無茶して欲しかったな~。

1.Rise 2001(SE)~Angel Of Wrath 2.No Fault/No Wrong 3.Hate Crime 4.Money 5.輪廻 6.Sin Eater

 う~ん…しかし、ラストが「Sin Eater」はちょい弱い。
 「Sin Eater」を1曲目にして、「Angel Of Wrath」をラストにした方が盛り上がったのでは??
 あと、「No Fault/No Wrong」に喜んだ古くからのファンも多かったことでしょう。

 ところで、SABERは秋にヨーロッパ・ツアーを行なうそうですが、オランダで出ることになったフェスのメンツがスゲー!!
 前回も共演したMARTYR(オランダのあの死神ジャケの…)に、スウェーデンのSCREAMERに、スペインのLEATHER HEART、さらには、ヘッドライナーがDREAM EVIL(何と…新作出るんか!!)で、他に…MYTHRAですから。
 そう、MYTHRAってあの(?)MYTHRAですよ~。
 まるで、ミニ“Keep It True”ですがな。
 いつか、日本にMYTHRA呼んでくれんかな~。
 &MARTYRと「Speed Of Samurai」を共演してくれ~。

 あと──気が付けば、来年は『BRAIN DRAIN』('98)のリリース20周年じゃないですか!
 こりゃ、全曲再現ライヴとか期待してイイのかな?
 水野曰く「今の時点で半分(5曲)は叩けるから、残りも楽勝ですよ!」…って、マジで実現するとイイけど。
 マシーンさ~ん、全曲ツイン・ギター・ヴァージョンへのアレンジよろしく~。
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-02 03:09