ダイヤリ
by naniwametal


SIGH観に行けず…


 先日、プロモーションにて来日したアンドレ・マトスにERP取材してきました。


       
        ▲何故かやや緊張の表情…?(撮影:Sさん@ERP)

 “ANDRE MATOSというニュー・バンド”のデビュー・アルバム『TIME TO BE FREE』をリリースしたばかりの彼は、何だか達観したかのような表情をしていました。
 話し口調も落ち着いてて、いつもの熱さは残ってたものの、グッとオトナになったとの印象です。

 そう、
 ANGRAは当然のこと、VIPERの頃にまで遡って(ピット・パシャレルとの絆も復活!)自らのルーツを見つめ直し、さらにSHAAMAN時代も客観的に振り返った結果が、この『TIME TO BE FREE』なのでしょう。

 ただ、
 どうやら“バンド=ANDRE MATOS”というのは、例えばVAN HALENだとかBON JOVI、DOKKENといったグループはちょっとニュアンスが違ってて、確かにプロジェクトではなくバンドではあるけど、その原点にソロ・アルバムの計画があったということは、本人もしっかり認識しているようでした。


 残念ながら、
 現時点ではまだANDRE MATOSとしての来日公演の予定は立っていないそうですが、
 それも“年内のスケジュールには入っていない”といううだけのことなので、きっと来年には、何らかのカタチでまた日本のファンの前へ戻ってきてくれるでしょう。

 その時は、
 勿論、VIPERの曲もANGRAの曲もSHAAMANの曲も(ひょっとしたらVIRGOの曲も?)プレイしてくれるハズ!

 山羊男の「Carry On」にちょい疑問を感じる恭子の頃──やっぱりオリジナルこそが一番…かも?
 (…って、
 個人的には「Evil Warning」の方が好きなので、しっかりリクエストしときました~)


 では、また。
[PR]
# by naniwametal | 2007-08-26 22:13

CDの山、壁、雪崩との格闘の日々…


 沼袋サンクチュアリSLAVIORを観てきました。


 この日はオープニングが2組。

 まず、
 トップを務めたのはINSPIRE


 

 NOVA-ERAとかMASTERMINDとかBLASDEADとかSIEGFRIEDとかのメンバーが集まった5人組です。

 この日はベースの上田邦昭がイイ感じのグルーヴを出してました。
 ヴォーカルの杉乃@NOVA-ERAも、いつも通りにちっちゃい体で頑張って熱唱してましたが、ほのぼのMCがどうもアマバン臭さを感じさせるのが難点かも。
 あと、
 ドラムスの矢野貴資@BLASDEADにはもうちょっと安定感が欲しいところ。
 ラス曲「Under The Fire」では、いきなり表と裏がひっくり返ってたし…。

1.SE~Injured Feathers 2.Desperate Child 3.Unfair 4.Don'ttouch Memories 5.Outsider 6.Double-Dealt 7.Under The Fire


 …で、
 2番手は五人一酒


 

 ニュー・ドラマー、山口“ガクガク”岳が入ってまだ2回目のライヴだったのですけど、もうすっかり馴染んでて、のっけからバンド・サウンドに凄まじい存在感が漲ってました。
 ところどころで高橋“ふ~みん”史男のギター・ワークにキレがないのが気になったものの、バンド全体としてのまとまりには目を見張るものがあり、
 本来このバンドに求められている情念パワーがガッツリ発揮されていたのです。
 ヴォーカルのまっつんもよく声が出てたしね。

1.狂骨の夢 2.経文刻印身体 3.そして、無に帰す 4.人媒花 5.無礙の人


 そんでもって、
 当然トリはSLAVIORですよ。


 

 元WARLORD、元FATES WARNINGのマーク・ゾンダー<Ds>を中心に、元SEVENTHSIGN、元TRIBE OF GYPSIESのグレッグ・アネイラ<Vo>、MSGのウェイン・フィンドレイ<G>、そして、(元?)RING OF FIREのフィリップ・バイノ<B>という4人組です。

 そのサウンドはヘヴィでグルーヴィでエモーショナル。打ち込みなんかも使ってて、プログレ要素は思ったよりも薄いものの、楽曲の端々からプレイヤー志向の強さがひしひしと伝わってきます。
 流石はツワモノ・ミュージシャンの集合体だけあり、パフォーマンスも堂々としたもの。
 タイトかつパワフルにビートを叩き出し、時にテクニカルなフィルもキメまくるゾンダー先生は、結構淡々とプレイしつつも、そのオーラは強力!
 ヴォーカルのグレッグも、派手さはないものの歌のウマさは疑うべくもなく、MSGではサイド・ギター&キーボード担当として地味にプレイしている(いや…持ち前のアメリカンな豪快さはMSGでも感じられるけど)ウェインも、アグレッシヴに“顔で”弾きまくり。
 あと、
 新参メンバーのフィリップに関しても、演奏面での心配などあろうハズがございません。
 よって、
 最初はやや様子見的だった観客も、グイグイとバンドのペースにのせられていって、ほぼデビュー作の収録曲順通りにセットが進んでいく中、終盤にはかなりの盛り上がりとなっていました。
 さらに、アンコールでは意外なカヴァーが!
 (残念ながら、FWぢゃありませんけど…)

1.SE~Origin 2.Shatter 3.Swept Away 4.Altar 5.Another Planet 6.Deeper 7.Dove 8.Red Road 9.Stormbringer(DEEP PURPLE) 10.Can't Happen Here(RAINBOW) 11.Slavior

 いやいや、
 それにしても、こんなカタチでマーク・ゾンダーのドラミングがこんなにも間近で観られる日が来るとはね~。

 正直、
 動員的にはそこそこといった感じでしたが、今回は来日があったコトすら知らなかったという人が多かったと思うし、これを次回につなげられればイイのでは?

 ちなみに、
 前日のアキバ公演では、SPOCK'S BEARD、GPSの奥本 亮<Key>が二胡奏者と組んだデュオが共演したとか。
 う~ん…そっちも観たかった~。


 では、また。
[PR]
# by naniwametal | 2007-08-25 13:40

FIREBALLETの『TWO,TOO…』が完全行方不明…


 “Wacken 2007”報告──前夜祭の続きでSODOMです!


 

 ROSE TATTOのシブいロケンローをBGMに、小雨が降り出したんで、その対策をしつつ、メシを食ったりもしてたら、いつの間にやらSODOMの時間に。

 既にBlackステージ前には数万のオーディエンスが詰め掛け、演奏開始前からかなりのテンションで、早くもあちこちでSODOMコールも起こってました。
 まぁ、
 結成25周年のお祭り企画…ってこともあって、オールド・ファン大注目だし、それも当然でしょう。

 ただ、
 ショウの幕開けは意外にアッサリしてて、まるで通常ライヴかという感じで、現時点でのオリジナル最新作『SODOM』('06)からの「Blood On Your Lips」でスタート。
 そのまま、「Wanted Dead」「City Of God」「Axis Of Evil」と続きます。

 つか、
 「Axis Of Evil」がコールされた時点で、TYRを観るため、実はぼちぼちW.E.T.ステージへと移動を始めていたので、
 その後の旧メンバーを迎えての肝心の“ヒストリー・パート”はあんま観れず…。


       
        ▲結構淡々としてた──トム師匠!


   
    ▲これまたかなり飄々とプレイ──ベーネマン!


   
    ▲怒涛のスラッシュ・ビートを叩き出す──ボビー!


 とはいえ、
 TYRの写真を撮った後、ミヒャエル・ホフマン<G>を加えての「Tarred And Feathered」(『BETTER OFF DEAD』:'90)、アンディ・ブリングス<G>をフィーチュアしての「One Step Over The Line」~「Wachturm」(『TAPPING THE VEIN』:'92)、
 さらに、
 アトミック・シュタイフ<Ds:元LIVING DEATH!>入りの「Get What You Deserve」(『GET WHAT YOU DESERVE』:'94)は何とか観ました~。
 ガッツリ火柱なんかも上がって、スゲー盛り上がりでしたよ。
 あと、
 フランク・ブラックファイア<G>入りの「Magic Dragon」(『AGENT ORANGE』:'89)も観たような気がしたのですけど、早くも記憶が曖昧になってます…。


 それにしても、
 事前に発表されてたセット・リストとは、微妙に違ってたみたいですな。
 (『TAPPING THE VEIN』からの曲が「The Crippler」ぢゃなかったのがマヂ残念!)
 クリス・ウィッチハンター<Ds>が(アルコールの問題で?)参加出来なくなり、それも大きく響いたようですが…。
 (『SODOM』からの曲も1曲だけ変更あって、多分「Bibles And Guns」はプレイされず)

 とりあえず、
 グレイヴ・ヴァイオレイター<G>(とアグレッサー<G>…も出たのかな?)を観逃したのは痛かったけど、その後、再びTYRを観にW.E.T.へ戻ったので仕方ないか…。

 まぁ、
 複数ステージのフェスでは、それも致し方ないので…。


 ちなみに、
 “ヒストリー”パートでは、あまりの観客の多さにステージ付近へ接近すること叶わず、写真は撮ってないのですけど、
 その後、バックステージでアンディ・ブリングスを発見したので、1枚だけパチリ…と。

       


 ともあれ、
 きっとこのSODOMの25周年記念ショウの模様は、DVDとかでリリースされることでしょう!


 では、また。
[PR]
# by naniwametal | 2007-08-20 17:28

またまたLP&CD発掘作業で汗ダク…


 こんにちは。

 ぼちぼち…っと──“Wacken 2007”報告。
 今年は前夜祭から簡単に順を追っていこうか…と。

 …ってコトで、
 今年最初に観たバンドは不死身の(?)NWOBHMバンド、BLITZKRIEGです!


   
    ▲ブライアン先生──今回はムチ持ってませんでしたね~。

 オープニング・バンドとしてはちょっと意外?
 いや、
 それ以前に「まだやってたの?」とか思われそう?
 いやいや、
 何度か活動を止めつつ、メンバー・チェンジを頻繁に繰り返しつつ──ガッツリ現役ですよ。
 …って、
 ワタシ自身も'05年に『SINS AND GREED』を出してたコトは知らなかったのですけど。
 それどころか、
 この夏には新作『THEATRE OF THE DAMNED』がリリースされ、この日のショウも、どうやらそこからの新曲で幕を開けたようでした。

   

 確か、
 SE~「Theatre Of The Damned」で始まって、次が「The Phantom」で、3曲目に『ABSOLUTE POWER』('02)からの「Legion」だったような…。
 う~ん…でも、
 フェスなんだから、まずは旧曲でツカミやってからにすればイイのにね~?
 ただ、
 どの新曲も、初めて聴いた気がしないのは…相変わらずですわ。

 とりあえず、
 上の写真をご覧頂ければ分かるように、当然ながらブライアン・ロス<Vo>は健在。
 でも、
 他のメンバーはほぼ全員無名だったようで、ドラマーのみ、“Wacken 2004”でSATANが再結成された際にヘルプした人がずっと在籍してるみたいです。

   


 …で、
 とりあえずBLITZKRIEGを3~4曲ほど観て、その足でPartyステージへ移動。

 今年はPartyステージの場所が変更され、ダブル・メイン・ステージの遥か向こうに設置されてたので、まずはその移動経路(&カメラマン用の導線)を確認する目的もあって、藁の下で見事にぬかるんだ──前日までず~っと雨続きだったそうです──フェスティヴァル・エリアを苦心惨憺しながら移動…。

 すると、
 そこではオーストリアの若手(?)メタル・コアのTHE SORROWが盛り上がってる真っ最中。
 但し、
 既に写真撮影OKな曲数が経過してたんで、ピットには入れず──仕方なく、そのまま何となく眺めてたんですけど、
 特に個性もなく、メタル・コアの王道(?)な典型的サウンドが正直キツかったので、2曲ぐらいで退散。

 グル~っと回って、途中、BLITZKRIEGをBGMにTシャツ売り場なんかも軽く物色しつつ、遠路遥々メイン・ステージの方へと戻っていきました。
 そんでもって、
 これまた移動経路確認のためもあり、BLITZKRIEGをチラ観したのみで、今度はW.E.T.ステージへと移動。
 この大型テント・ステージの場所は今年も同じです。

 確か…この後、17:45からWARGASM(!)のハズ──それこそ“まだやってたんや~”“それとも再結成?”と、何度もぬかるみに足を取られながらW.E.T.に近づいていったら、
 何故かもう始まってやんの。

 ところが、
 ピットに入ってステージ前へ行ってみると、スラッシュではなく、ヴァイキング/ペイガンっぽいデス・メタルをやられてて、「あれ、違うバンド?」…と。


   

 時間を間違えたかも…と思って、Running Orderを見ると、確かにWARGASMのようですが、“METAL BATTLE(FRANCE)”とあるぢゃないですか。
 え~と…“あの”WARGASMってアメリカのバンドですよね?
 いや──フランス出身かアメリカ出身かとかいう以前に、もし再結成による再出発だとしても、そもそも“勝ち抜き新人メタル合戦”な“Metal Battle”に出るか?

 そしたら、
 やっぱり…全く別のWARGASMでした~。

 つか、
 アメリカのWARGASMもしっかり活動中みたいで、それもビックリはビックリなのですけど(DVDが出るのかな?)、このWARGASM(仏)も決して悪くなかったですよ。

 ヴォーカルはプロテクターみたいなのを肩に付けてて、上の写真の通りギタリストはキルト着用。さらに、殆どのメンバーがウォー・ペイントもやってました。

       

 本人達曰く“Epic Death/Black Metal”らしいけど、実のところかな~りペイガンな感じでしたわ。
 思わずもっと観たい…とか思ったものの、
 メイン・ステージでROSE TATTOOがスタートする時間なので、再びメイン・ステージへ。

 するって~と、間もなく始まりましたよ──豪産燻し銀ロケンローラーのショウが!!


       
        ▲くわ~! オヤヂったら、し…シブ過ぎる!!

 …って、
 去年も観たし…なモードで、2~3曲ほどですぐにステージ前を離れ、次なるSODOMに備えて(?)メシを食いに行ってしまったのでした~(スマン…)。
 (もしかして、
 この時点でポツポツと小雨が降り出してた…のかな?


   


 では、また(…続く)。
[PR]
# by naniwametal | 2007-08-19 03:16

BLITZKRIEGもアマゲド所属になったのね?


 ぼちぼちいこか…の“Wacken 07”報告──まだ序盤ですが、早々にバックステージ写真館でも。


 まずは、
 HOLY MOSESのザビーナ・クラッセン。

       

 あら? 今年、HOLY MOSESって出てたっけ?
 …と気付いたアナタは正しい。
 確かに、バンドとしての出場はありませんでしたが(記者会見はやってたみたい)、運営スタッフとして重要なポストにいる彼女は、毎年プレス・テントで忙しく働いてるのです。
 この写真も、Armageddon Music所属のパワー・メタラー、SPELLBOUNDのショウケース・ライヴで司会をやってた時に撮りました。
 仕事中なのにビールを持ってるところがイイですな~。


 続いては、
 Partyステージで激演を繰り広げてくれたTHE BLACK DAHLIA MURDERのギター・チーム。

   

 左がリズム担当のブライアンで、右がリード担当のジョンです。
 意味不明なポーズ&表情も、いかにも彼等らしい?
 すぐ後ろにはヴォーカルのトレヴァーもいて、どうやら、プレス・テントでこれからインタビューを受けるところだった模様。
 ステージを終えて間もなくだったのですけど、全く疲れを見せてないのはスゲーですわ。


 次はバックステージではなく、フェスティヴァル・エリアで遭遇したオスカー@HAMMERFALL

       

 この人も毎年Wackenに来てます。
 やはり、今年ハマフォとしては参加していませんが、お忍びでも何でもなくフツーに遊びに来てるみたいです。
 でも、流石は有名人──上の写真を撮らせてもらった直後、瞬く間にファンに取り囲まれてました。
 おかげでハマフォの近況(ベストが出るのね?)とかは訊けなかったです…。


 …で、
 この子供達は──フィンランドからやってきたSTURM UND DRANG

   

 いえいえ、
 バックステージご招待ではありません。
 ドイツ語で“疾風怒濤”というバンド名を持つ彼等はれっきとしたミュージシャンなのですから。
 全員15~16歳ながら(左の2人はもっと幼く見えるけど?)、メロディックなオールドスクールHR/HMをプレイする特異点として注目を集めており、近々に日本デビューも飾るそうですよ。
 バックステージでのショウケース・オンリーながら、ライヴも行なったので、後日またその模様もレポります~。
 いや…しかし、フィンランドからは色んなバンドが出てきますな~。


 最後は、
 シュミーア@DESTRUCTION&シレノス@DIMMU BORGIR

       

 このツー・ショットはちょっと貴重?
 …って、
 最初はノー・メイクのシレノスに気付くワケもなく、シュミーアに声を掛けてカメラを向けたら、「よし、ぢゃあデストラ&ボギャーの最強チームで撮ってくれ!」と言われて、「あれ…もしかしてアナタはシレノス? いつからそこにいたの…??」となったのでした。
 以前に取材で素顔を見たコトあったけど、全然憶えてなかったわ…。
 つか、
 シュミーアが放つ強力なオーラにすっかり掻き消されてた…のかもしれませんが。


 そんなこんなで、また続きはいずれ。



 では、また。
[PR]
# by naniwametal | 2007-08-11 02:54