ダイヤリ
by naniwametal


“Drachen Hauch”味って…?


 クラブチッタ川崎でFAIR WARNINGを観てきました~。

 25周年記念ライヴの第1弾──本日は'93年の初来日公演の再現!
 とはいっても、所謂“完全再現”ショウではありませんが。
 まず“再現”されたのは前半の流れ。
 これは羽田での前夜祭とも全く同じでした。
 つか、
 開演予定時刻を5分ほど過ぎた頃、まだ暗転前にメンバーがゾロゾロ出てくるじゃありませんか。
 初来日時もああだったんでしたっけ?
 ステージ後方にはスクリーン。
 いきなりバンド・ロゴが映し出されて、他にどんな演出が…と思ったら、以降もずっとロゴが出たり引っ込んだりするだけ。
 昔の映像とか、写真とかをウマく使えたら良かったのにね~。

 お客さんの入りは上々。
 満員ではなかったようですが、それなりに埋まってたかと。
 2階バルコニーから見ている限り、1階フロアの前半分は終始スゲー盛り上がりまくってたし。
 メンバーも序盤から張り切りまくり。
 (若干1名のみ淡々とプレイしてました…)
 そこにアンディがいないのは寂しい限りですが。
 ただ、サポート・メンバーのニクラスは、少なくともコーラス要員としては最上級の活躍をしていたと思います。
 よく通る声質で、難なくハイ・トーンも出せるんですから、何とも頼もしい存在です。
 というか、最初トミーの声があんま出てなくて、羽田では絶好調だったのに──どうしたの? この調子で2時間もつ??
 …なんて心配してたら、
 3~4曲目ぐらいにはかなり持ち直してきて、「The Heat Of Emotion」辺りで、もう完全に本調子に。
 というか、明らかに前回来日時よりも調子良かったです。
 ところどころニクラスに助けてもらいつつ…とはいえ、トミーももう49歳ですから、あれだけ歌えたら誰も文句ないでしょう。
 例のQUEENトリビュート・ショウのロングラン・ツアーで、以前よりも喉が鍛えられたのでしょうか?
 動きもキレあったし、客煽りも見事で、ちゃんと「カワサキー!」と言ってましたな。
 あ…いや、ドイツ人なのでついつい「カワザキ!」になっちゃいますけど。
 観客の反応も凄かった~。
 それに感激し、何度も「Amazing!」「What a night!」と叫ぶトミー。
 ウレもその横でニッコニコです。
 C.C.は日の丸柄に“日本”とプリントされたTシャツにキルトを着用。
 要はそれも初来日時の再現ね?
 (ちなみに、'93年に着ていたキルトは、羽田前夜祭のプレゼント・コーナーで放出!)
 プレイも実にタイト。
 曲終わりにスティックを振り上げてのドヤ顔もイイ感じ。
 そんな中、唯一どことなくハジけきれていなかった…のがヘルゲです。
 ギター・プレイにもあまり覇気がなく、昨日に引き続きチューニングがあんま安定していなかったようで、内向きのエモーションは何度か炸裂していたものの、速弾きフレーズとか今ひとつ流麗ではなかったし…。
 もしかして、以前にやらかした骨折が影響している?
 それとも、付け爪でのフィンガー・ピッキングにハマり過ぎて、プレイのニュアンス自体が変わってしまったんでしょうか?
 少なくとも、流れるように弾くスタイルでは全くなくなっていたのは事実です。

1.Intro:Sunset(SE) 2.Out On The Run 3.Longing For Love 4.When Love Fails 5.Helge G Solo~Eastern Sun(ZENO) 6.Crazy 7.Take Me Up 8.Long Gone 9.The Heat Of Emotion 10.Key Intro~Take A Look At The Future 11.Children's Eyes 12.In The Ghetto(Elvis Presley) 13.The Call Of The Heart 14.Angel Of Dawn 15.Rain Song 16.Hang On 17.P Intro~Still I Believe 18.Sukiyaki(坂本 九) 19.Don't Give Up 20.Angels Of Heaven 21.Save Me [Encore]22.One Step Closer 23.Burning Heart 24.A Little More Love(ZENO) 25.The Eyes Of Rock

 「Eastern Sun」の導入インプロは、確か初来日時はアンディがやってましたよね?
 でも、ロート家の色が濃い曲ですから、実はヘルゲのエキゾティック&スピリチュアルなプレイの方がより合ってました。
 「Take Me Up」と「Long Gone」はメドレーのように続けて。
 なので、後者のあの印象的なイントロがなく、それはかなり残念…。
 「In The Ghetto」から「Hang On」まではアコ・セット。
 これまた前夜祭と全く同じ流れです。
 (「Follow My Heart」はなかったけど──というか、明日にとっておいた?)
 「Angel Of Dawn」でヘルゲは12弦を使用。
 「Hang On」はフラメンコ・アレンジ(?)で、ヘルゲはこの曲のためだけに、通常の6弦とは別にもう1本アコを用意していたみたい。
 「Still I Believe」は、トールシュテンのピアノ・イントロから、最初ピアノ&ヴォーカルのみでしっとりスタート。
 その後バンドが入ってきて、グググと盛り上がり、終盤トミーが観客にサビを歌わせようとしたものの、曲名の部分以外が微妙な結果に…。
 「じゃあこの曲は宿題ね。明日はちゃんと歌ってくれよ」とトミー。
 みなさん、頑張ってください~。
 「Sukiyaki」の前には、最近亡くなったという初期からのファンをトミーが紹介。
 天を仰いで「そっちで聴いてるかい?」と叫んで、ちょっとしんみりムードに。
 でも、以降の曲を、その故人が初来日時に作ったフラッグをマイク・スタンドに付けて歌ったのは、実に感動的でした。

 そして、アンコールで事件が。
 「One Step Closer」の導入で、トールシュテンがシンセの音色を間違えて弾き、日本語で「スイマセン…」と言ったのです。
 ヴィデオ・シューティングしてるのに、そんなこと言っちゃダメ~!
 でも、爆笑が起き、ヘンな緊張から和んだ空気になったのは良かった?
 あと、「Burning Heart」の途中には、どうやらフロントの4人がステージ中央に集まり、並んでプレイするパートがあった…ようですが、すっかりヘルゲが自分の世界に入ってしまい、横目で「何やってんの?」オーラを出しまくるトミーにも全く気づかず、ひとりで黙々と演奏。
 その前にもチューニングを気にしてたヘルゲは、色々ちょっとナーヴァスになっていたのかもしれません。
 一方、「本当に最後の曲だ…!」と紹介された「The Eyes Of Rock」では、今後はトミーがソロ直前に「ギター!!」と叫んでヘルゲの方を見やるも、ここでソロを執るのはニクラスだったという、ミニミニ・ハプニングも。
 この時はヘルゲが、「やっちまったな?」という視線をトミーに向けてました…。

 そんなこんなで、開演は17:05頃&終演は19:15頃…ということで、公約通り(?)2時間超の熱演に、ファンはみんな大満足だったのでは?
 でも、前夜祭で演奏された「Follow My Heart」と「Generation Jedi」はやらず…。
 それと、本日は『PIMP YOUR PAST』('16)ヴァージョンでプレイされた曲はなかったようなので(「Long Gone」はまた違うアレンジかな?)、その辺が明日のヒントになるかと。
 さてさて、2日目“リアル・ベスト・コレクション”はど~なる??
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-23 04:39

ウン十年ぶりのバス酔い…


 羽田空港のTIAT SKY HALLでFAIR WARNINGのプレミアム・ウォーム・アップ・ショウを観てきました~。

 これは、この週末に行なわれる彼等の25周年記念来日公演に先駆けて行なわれた“前夜祭”で、バンド史上初の公開リハーサル企画…です。
 あ…いや、実際のところ、事前に「バンドのウォーム・アップも兼ねており、曲が繰り返し演奏されたり、途中ストップしたり、本公演では演奏されない楽曲の披露もあるかもしれません」「曲中、曲間でのクルーとのやり取りなど、今までファンへ非公開だった事が目の前で行われます」とのアナウンスがあったものの──結果的に、ちょっとしたやり直しはあったものの、同じ曲を複数回プレイしたり、曲の途中で演奏を止めたりといったことは全くありませんでした。
 確かに、本番よりはユルい雰囲気だったものの、アレはリハーサルではなく、正にライヴでしたよ~。
 照明なんかも、もしかしたらずっと客電点けっ放しで演奏するんじゃ…なんて思ってたら、ちゃんと暗転して、それなりに効果も加えられてたし。

 のっけからトミーのテンションが高い、高い!
 ガンガン観客を煽り、ノリノリで歌い上げまくり。
 声もよく出てたかと。
 一部の高音パートはフェイクして、コーラスのニクラスに任せてたものの、前回来日時からは別人のように復活(?)してました。
 つか、ヒゲ生やしてるとGOTTHARDの故スティーヴ・リーに似てない?
 でもって、ニクラスはデイヴ・エレフソン@MEGADETHみたい。
 あと、絶賛肥大化中のヘルゲは、まるでヴィニー・ポールで──ウレは…どこかのマダムっぽい?
 ちなみに、ドラムのC.C.は、さらに志村けん度が薄れてました。
 誰かに似てるけど思い出せない…。
 可哀想に、鍵盤サポートのトールシュテンは、アンプの後ろでプレイ。
 まぁ、顔は見えてましたけど。

 セトリは以下の通り。

1.SE~Out On The Run 2.Longing For Love 3.When Love Fails 4.Helge G Solo~Eastern Sun(ZENO) 5.Crazy 6.Take Me Up 7.Long Gone 8.The Heat Of Emotion 9.Generation Jedi 10.Save Me 11.In The Ghetto(Elvis Presley) 12.The Call Of The Heart 13.Angel Of Dawn 14.Rain Song 15.Hang On 16.Follow My Heart

 やはりファースト曲、多し!
 ヘルゲは途中、弦を切る熱演?
 ZENO曲も飛び出し、セカンドも…と思ったら、「Generation Jedi」が。
 で、「In The Ghetto」以降はアコ・パート。
 ここでは12弦のチューニングが今イチだったヘルゲ。
 すかさず、「油が切れてるんじゃないの?」とトミーが突っ込み、給油するかのようにペットボトルをヘルゲの頭に当てたりも。
 「Rain Song」では、C.C.が楽器のレインメーカーを取り出し、「Hang On」ではニクラスとトールシュテンとC.C.がパルマの嵐!

 ところで、観客は終始、着席したままだったのですが、もしかして「立ち見厳禁」とのお達しがあったのでしょうか?
 それでも、盛り上がりは凄かったんですけどね。
 そんなこんなで、
 暗転したのが19:42頃で、終演は21:02頃…なので、ここまでちょうど80分。
 1/3がアコ・セットとはいえ、普通にほぼフル・ショウでしたな。

 そして──約20分の休憩を挟み、後半は質問コーナー&プレゼント大会~。
 プレゼントはどれもレア品ばかりでした。
 トミーは初来日時の衣装の一部を、プレート付きの木箱に納めたモノを5つ用意。
 ウレはデビュー当時の販促チラシとか、『PIMP YOUR PAST』('16)のレコーディングで用意したドラム譜とか、文字通りのお宝を連発。
 他の面々(サポメン2人はナシね)のブツも、かな~りファン垂涎でしたね~。
 ただ、22時を過ぎても、誰も慌てる様子はなく、終電がヤヴァい人達が泣く泣く帰っていくのに、プレゼント抽選はその後も粛々と続けられてました。
 22時半の時点で、最後のプレゼントが…って状況。
 もし、既に帰っちゃった人に当たったら…かなり可哀想なんですけど。 
 そして、みんなで写真撮影もやったようですが、さらにその後に何があったのかは、22時半を過ぎた頃においとましちゃったので…不明。
 全員握手会とかもやったのかな?

 しかし、パフォーマンス自体は素晴らしかったものの、土日の本チャンに向けて、ちょい謎の残る演目でした。
 「Sukiyaki」もなかったし。
 果たしてチッタでは、セカンドとサードからどれぐらいプレイしてくれるんでしょう?
 楽しみ半分、不安半分ですな~。
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-21 04:41

まさかの核弾頭が…


 渋谷のオーチャードホールでYES featuring Jon Anderson, Trevor Rabin, Rick Wakemanを観てきました。

 ARW…というか、ANDERSON, RABIN & WAKEMANからわざわざ名義が変更になったのは、どこかで何かの力が働いたから?
 まぁ、コッチの方が本家よりも本家らしいとの意見もありますが。
 いや実際、そっくりさんとかコピバンの人も悪くなかったけど、やっぱしホンモノに限りますな~。
 ジョン・アンダーソン、充分に保っておられました。
 見た目は「あれ…? 縮んだ?!」ってな感じながら、お立ち台(?)で頑張ってました。
 動きとか軽やかだし、声もやや枯れ気味とはいえ、どの曲も見事に歌いコナしてたし、タンバリンとか、アコギとか、ハープ(!)でも大活躍。
 トンボの眼鏡はなかったけど、ぞうさん&どんぐりころころも飛び出したし。
 トレヴァー・ラビン(レイビンなの?)は、ますます職人気質全開。
 ヴォーカルもイイ感じ。
 但し、'70年代の曲には自分なりのアレンジを加え、ハウのフレーズをしっかりなぞったりはしません。
 リック・ウェイクマンはマント着用!
 でもって、やたらデカい!
 腹周りも凄い…けど、鍵盤捌きは流石でした。
 途中、ヘッドフォンしてたのは、シンセの調整をやってたの?
 演奏しながら…??
 リズム隊は、イアン・ホーナル(b)&ルイ・モリノ3世(ds)…って、よく知らない人達ですが、後者はラビン人脈で、前者はGG絡みなの?
 ベースはリー・ポメロイから変更。
 この人、IT BITESといい、何故か日本にあんま来ないという…。
 ホーナルは、多くの曲でリッケンバッカーを弾き、結構スクワイアの音色&フレーズを再現してました。
 3世もそこそこ再現してたし、かなり上手いんでしょうけど、ブルフォードと音から何からあまりに違い過ぎて、'70年代曲では違和感アリアリ。
 スウィングなんてしなくてイイから、もっとタイトに叩いてくれ~。

 セトリは海外ツアーとほぼ同じ?
 新曲やるとか、『TALK』('94)から何曲かやるとか、色々言われてたみたいですが──どっちもナシ。
 定番多いとはいえ、“90125”YESがそれなりに堪能出来ました。
 個人的には「Changes」が良かった~。

1.Cinema 2.Perpetual Change 3.Hold On 4.I've Seen All Good People 5.Ds Solo~Lift Me Up 6.And You And I 7.Rhythm Of Love 8.Heart Of The Sunrise 9.Changes 10.The Meeting 11.Awaken 12.Make It Easy(Intro)~Owner Of A Lonely Heart [Encore]
13.Roundabout

 「And You And I」はハーモニカなし。
 「Heart Of The Sunrise」の途中にちょいベース・ソロ。
 「Ritual」のフレーズ入ってた?
 ABWHの「The Meeting」は、歌&エレピだけでしっとり。
 アンダーソンのハープが炸裂する「Awaken」は、うねうね妖しいロング・ヴァージョンに。
 「Owner Of A Lonely Heart」は、ラビンが「Make It Easy」を少し弾いてからスタート。
 途中でラビンとウェイクマン@ショルキーが客席へ降りてきて、通路をずいずい進んでいき、PA付近で座席に腰掛けてソロ・バトル!
 それに狂喜乱舞する観客の多くが、お相撲さんとかレスラーにやるように、2人をペチペチとタッチしまくってました。
 その後ステージに戻ってすぐ、「Sunshine Of Your Love」@CREAMのリフが挿入され、アンダーソンが少し歌ったりも。
 「Roundabout」は、ハーモニクスなしが残念…。
 あと、ステージ後方に設置された5枚のスクリーン(?)へ、様々に照明が映し出される演出は、幻想的でイイ効果になってたかと。

 そんなこんなで、暗転したのは19:09頃&終演は21:01頃~。
 (客出しBGMはボウイだったの?)
 開始時も、終演時もメンバー同士がやたらハグしまくってて、仲の好さをアピール?
 さて、今後もこのARWの活動は継続され、本当に新曲入りのアルバム制作を行なうのでしょうか…?
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-19 02:14

副流煙渦巻く~


 吉祥寺シルバーエレファントであらんちゃんバンド(仮)を観てきました。


d0118153_5414251.jpg


d0118153_542580.jpg


 OUTER LIMITSのギタリスト、荒牧 隆のニュー・バンドです。
 “(仮)”というのは、本当にバンド名がまだ決まっていないからだとか。
 ラインナップは以下の通り。

●月本美香<Vo>
●荒牧 隆<G,Vo>
●森脇 健<B>
●高橋克典<Ds>
●渡邉暢夫<Key>

●Kow<Vo>

 メイン・ヴォーカルは浪漫座でお馴染み(&元MARGE LITCH)。
 あらんちゃん…というのは、現在女装家となっている荒牧の別名?
 え~と、他の方々はよく知りません…。
 Kowというのは、NEGASPHEREの別働隊──NEGACOUSTIKAの曽我部 晃だとか。
 確か、3曲ほど参加してました。
 現状、正式な男性ヴォーカルが決まっておらず、ライヴ毎にゲストを迎えているみたい。
 (先日の京都でのライヴでは、元浪漫座の北白川妙朗を起用)
 あと、荒牧も何曲かでリード・ヴォーカルを執ってました。

 OUTER LIMITSの曲はやってないと思います。
 まだ音源制作前なので、どれも知らん曲ばっか。
 英詞の曲もあれば、日本語詞の曲も。
 荒牧のギターは、かなりロバート・フリップしてます。
 曲調もKC風多し。
 但し、幻想テイストよりも叙情味が勝っていて、当然ヌーヴォ・メタル路線でもありません。
 また、古語を使った(?)和風曲もあったり、仮タイトル通りラヴェルの「Boléro」を彷彿とさせるインスト(スキャット入り)もあります。
 渡邉は時々ショルキーを使用。
 あ…渡邉も女装してました。
 いつもではないそうですが。
 森脇は太いトーンが心地好く、高橋はタイトにパワフルに叩きまくり。
 月本は幾つかの曲に苦戦中といった印象ながら、元々巧いシンガーなので、きっとすぐに自分のモノにしてしまうでしょう。

1.Welcome To The Club(SE)~Tearing Apart 2.100+ Days 3.Code Of Conduct 4.緊縛の理論と実践 5.のぶをちゃんと遊ぼう 6.事の語り事も此をば 7.Bolero(仮) [Encore」8.100+ Days(Reprise)

 月本とKowの相性は、和風の「事の語り事も此をば」がダントツ。
 というか、この曲はKowがめっさハマってて、月本もドンズバだったので、かなり完成度が高かったかと。
 「緊縛の理論と実践」はSMがテーマ?
 Kowが怪しい仮面着用でちょいパフォームしてました。
 「のぶをちゃんと遊ぼう」はインスト・ジャムで、曲名にも示されているように鍵盤ソロ主体。
 最もJap'sプログレしてたのは、ポップな「Code Of Conduct」かな?
 でもって、アンコールは本編の演奏曲から、人気投票で選ばれた2曲目を再度プレイ。
 次に人気があったのは「緊縛の理論と実践」でした。

 尚、現状ではレコーディングの予定はないようで、まずは正式な男性シンガーを見つけたい…のだそうで。
 そう、これは飽くまで“プレヴュー・ライヴ”なのです。
 いいヴォーカルが見つかるとイイですな~。
 そうすれば、荒牧もギターに専念出来る?
 つか、月本をもっともっと歌わせないと勿体ないお化け出るよ~!
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-16 05:43

北斗の劣化が…


 “ライヴ絶響上映”にて、Paul McCartney & WINGSの『ROCKSHOW』を観てきました。


d0118153_20333627.jpg


 “ライヴ絶響上映”とは、ライヴ会場のPAシステムを使い、ロックな映画を大音量で楽しんでもらおう…という企画。
 スタンディングOK、シンガロングOK、絶叫OK、ヘドバンOK…で、要はライヴ感覚で映画が楽しめると。
 過去には、LED ZEPPELINの『THE SONG REMAINS THE SAME』とか、METALLICAの『THROUGH THE NEVER』も上映され、会場は東京がZepp DiverCity、大阪がZepp Nambaとなってます。
 今回、初体験したのですが、なかなかのド迫力で、観客は実際に、歓声を上げたり、メンバーの名前を叫んだり、映画の中のポールのMCに反応したりしていました。
 尚、スタンディングだけでなく、椅子席もちゃんとあります…というか、フロアは殆どが着席エリアだったり。

 WINGSに関しては、正直あんまよく知りません…。
 当然、ライヴは観たことがあるワケないし、アルバムもアナログで何枚かは持ってるものの、特に熱心に聴き込んだりしていないので、ほぼ素人です。
 元THE MOODY BLUESのデニー・レインはともかく、可愛い子ちゃんのジミー・マカロックが元STONE THE CROWSなんてことも、全く把握してませんでした。
 (初期のWILD HORSESを経て、26歳で夭折したことも…)
 なので、このライヴ演奏曲の多くにもあんま馴染みがなく、2時間超の長尺(英米のオリジナル上映時よりも長い“完全版”)は、途中で何度か寝落ちしそうになったりも…。
 (&前から2列目で首が疲れて…、流石に130分もあるとケツが痛くて──映画館の座席って素晴らしいんだな…と改めて気付いたりも)
 それでも、各メンバーのマルチっぷりとか、ポールのベースの音がデカくてイイ!…とか、ホーン・セクションが地味にカッコいい!…とか、リンダ・マッカートニーがメロトロンっぽい音出してた!…とか、MCのイングリッシュ・ジョークがよく分からん…とか、それなりに楽しめました。
 あと、やっぱりポールのスターとしてのオーラが凄い。
 デニーとジミーがリード・ヴォーカルを執る曲もあるけど、どっちもあんま歌は上手くないので、もう全曲ポールでイイんじゃないか…と。
 後者はスライド・ソロとかワウ・ソロがシブいんで、そっちはたっぷり堪能しましたが。

 ちなみに、データ的なことも書いておくと──ライヴが収録されたのは、'76年6月10日、米シアトルにて。
 来場者は6万7千人!
 アメリカでの映画公開は'80年11月で、日本での初公開は'81年夏。
 日本でも当時、前年にWINGSの(2度目の)来日中止があったことで、この映画は熱狂的に受け止められた…そうです。
 (ジョン・レノンのあの射殺事件も同時期…)
 しかし、'70年代のライヴって照明が暗いですね~。
 しかも、狙ってのことなのか、ちょくちょくピンが合ってない映像があって、ホーンの人達とか、せっかくソロ執ってるのに、本人ではなく手前のマイク・スタンドにピンが合ってたりして…。
 そんな雑さもまた味わい深い…??

 そうえいば──上映前には、藤本国彦(元『CDジャーナル』編集長)&本 秀康(“レコスケくん”でお馴染みのイラストレーター)による対談が。
 (当初は藤本×萩原健太の予定から変更)
 ボソボソしゃべる藤本氏、結構アツい本氏の対比が面白く、2人してやたらジョージ・ハリスンに絡めるのも、やたらウケてました。
 後者による「当時、デニーは“第2のジョン・レノン”になる野望を…」という発言がなかなか興味深く、その後の上映では、しっかりそれを踏まえてデニーの姿を追うことに。
 ただ、WINGSとTHE BEATLESのマニアが集まってる…という前提での対談なので、固有名詞とか曲名とかが、何の説明もなくどんどん飛び出し、初心者としては全く付いていけてなかったのですが…。


 でもって、
 次回の“ライヴ絶響上映”は、何と『PINK FLOYD THE WALL』ということで、これまた楽しみ~。
 尚、“ライヴ絶響上映”では上映作品のリクエストなんかも受け付けてるそうです。
 個人的には、ANVILとLORDIに1票ずつ…!
 WACKENの映画なんかも期待したいけど、集客を考えると難しいでしょうな…。
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-04-12 20:33