ダイヤリ
by naniwametal


未読が溜まる一方…


 クラブチッタ川崎でY&Tを観てきました~!!

 前回来日から3年余振り。
 その間にベーシストが交代し、TESLAのフランク・ハノンのバンドにいたことがある(今も?)エアロン・レイが加入。
 また、元ドラマーのレオナード・ヘイズが昨年9月に亡くなった悲劇を乗り越え、また、元ギタリストのジョーイ・アルヴスがつい先週、亡くなったばかり…という状況の中での再来日でもあります。
 以前も、フィル・ケネモアを喪って間もなく来日したことがありましたが──これで最後のオリジナル・メンバーとなったデイヴは、今回も色々な思いを抱えながら、壮絶な泣きのプレイの連続で魅せてくれました。

 ちなみに、2夜連続公演の初日である本日は、Y&T名義でのファースト『EARTHSHAKER』('81)の全曲再現が目玉。
 でも、ショウの幕開けは「From The Moon」~「Hang 'Em High」ですよ。
 そこから3曲やって、5曲目からいよいよ“再現”がスタート。
 ここからは曲順通りに進んでいきます。
 「Squeeze」はジョンがセンター・マイクで歌って、「Hurricane」はジョーイに捧げられてました。
 ただ、あんま劇的な感じではなくて、わりに淡々と。
 「I Believe In You」だけは、デイヴのギターがガッツリ泣きまくりまくって、当の本人も感極まったのか、演奏後に少し涙ぐんでましたが。
(&演奏後には“まだまだ演奏し続ける宣言”が!)
 再現を終えてもそのままショウは続き──さらに5曲がプレイ。
 「Midnight In Tokyo」は、ブルージーにドラムレスで始まるパターンで披露&「Contagious」の終盤にはドラム・ソロがフィーチュアされてました。
 アンコールは2曲。
 事前に配られていたセトリには、1曲目として『BLACK TIGER』('82)の「Hell Or High Water」が記載されていたのですが、実際にプレイされたのは、『IN ROCK WE TRUST』('84)の「Rock'n'Roll's Gonna Save The World」!
 直前の変更だったのでしょうか?
 アンコール2曲目は、締め括りの定番曲「Forever」で──何とデイヴが、エンディングの大団円でフレーズをミス…!
 大事故とはなりませんでしたが、ライヴ・レコーディング&シューティングしてたので、少なからず影響アリだったのでは??

1.From The Moon(SE)~Hang 'Em High 2.Don't Stop Runnin' 3.Shine On 4.Black Tiger 5.Hungry For Rock 6.Dirty Girl 7.Shake It Loose 8.Squeeze 9.Rescue Me 10.Young And Tough 11.Hurricane 12.Let Me Go 13.Knock You Out 14.I Believe In You 15.Contagious~Ds Solo 16.Mean Streak 17.Midnight In Tokyo 18.Summertime Girls 19.I'm Coming Home [Encore]20.Rock'n'Roll's Gonna Save The World 21.Forever

 注目のエアロンは、レザーの衣装にカウボーイ・ハット着用で、指弾きがメインのグルーヴィなベーシスト。
 時にピック弾きもやり(実は客席へ投げる用?)、スラップもしつつ、全身を使い、前傾姿勢多用&時々屈みながらのプレイ・スタイルは、ちょい今どきのミュージシャン…ってな印象も。
 ドラムのマイクは、今回も堅実に、タイトに、職人気質全開。
 レオナードのフィルをそのままやってくれるのも嬉しい。
 ただ、ドラム・ソロはあんま面白味なかった…かな。
 (バスドラのヘッドが未だに『FACEMELTER』仕様なのもねぇ)
 サラサラのブロンド・ヘアーをなびかせて…のジョンは、基本リズムに徹しつつ、何曲かでソロも担当。
 デイヴのソロ中に、チョロっとハモりを入れるのも絶妙です。
 使用ギターは、エクスプローラー、レスポール・ジュニアと、ビスチェリアのアッシュコート…の3本かな?
 一方、デイヴも同じく3本を使い分け、オレンジのレスポール、青いストラトに加えて、ヤハマのレヴスターも数曲で。
 最初、デイヴの音のヌケが今イチで、またレスポールがダメ…と思ったら、ストラトもそれなりで、前半はヤマハの音が一番デカかった…という。
 ただ、「I Believe In You」の途中で、アンプをちょっと調整したら、いきなりレスポールの音が改善され──以降は、ストラトもグッとヌケが良くなり、最初からこの音だったら…と。
 そういえば、ライヴ録音しているというのに、序盤からチョコチョコ音のバランスが乱れたりもしてました。
 せっかくデイヴの声の調子が最高だったのに、ちょい勿体ない~。
 まぁ、明日もあるし、スタジオで修正加えたりもするんでしょうけど。
 とりあえず、大きなトラブルがなかったのは幸いです。

 あ…でも、「Hurricane」を演奏後、エアロンのイヤモニがトラブったようで、しばし“待ち”の状態が続き──そこでデイヴが急遽リクエストを募って、即興で2曲を弾き語ることに!!
 幾つか曲名が叫ばれる中、デイヴが反応したのは、『DOWN FOR THE COUNT』('85)の「Face Like An Angel」と、『STRUCK DOWN』('78)の「Nasty Sadie」!
 どっちも、「ワーオ…そうくるか! う~ん…出来るかな?」とか言いながら、難なくサビまで歌ってしまいました。
 「自分でもよく憶えてたと思うよ」と、YESTERDAY AND TODAY時代の後者を歌ったデイヴは、「確かこの曲は'76年にレコーディングしたんだったな…。当時、俺はまだ2歳だったんだ」とジョークを飛ばしたりも。

 そんなこんなで、暗転したのは17:01頃&終演は19:09頃~。
 さて、“ALL TIME BEST SHOW”の明日、セトリはどうなるんでしょう?
 今日、何故かなかった「I'll Cry For You」はやるかな?
 あと、「Winds Of Change」にも期待~!
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-03-19 02:01

シメ焼きそば最強


 EQUILIBRIUM@新宿BLAZE!!


d0118153_495150.jpg


1.Sehnsucht(SE) 2.Erwachen 3.Katharsis 4.Waldschrein 5.Heimat 6.Karawane 7.Blut Im Auge 8.Prey 9.Born To Be Epic 10.Heimwarts 11.Unbesiegt [Encore]12.Rise Again 13.Freiflug 14.Eternal Destination
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-03-18 04:11

穴場じゃなくなりつつある?


 やっさん@渋谷O-East!
 何と、満員完売ですよ。
 バルコニーも一部開放。
 いや~、人気根強いですな~。

 今回はGRAHAM BONNET BANDとALCATRAZZの2部構成。
 但し、バンド・ラインナップはほぼ同じで、ベースが違うだけ。
 というか──ショウ後半、GRAHAM BONNET BANDにゲイリー・シェイを入れて、それをALCATRAZZと呼んじゃう…ってことね?
 でもって、そのゲイリーと鍵盤奏者のジミー・ウォルドーは、こないだNEW ENGLANDで日本に来たばっかですな。
 あと、ドラマーがマーク・ゾンダーからマーク・ベンケチェアに交代してました。
 WARLORDメニア垂涎だったのに…。
 ベンケチェアは、かつてあの(?)ABATTOIRのマイク・タワーズ<Vo>とかLIZZY BORDENのマイク・デイヴィス<B>と一緒にバンドやってたこともあるみたい。


【GRAHAM BONNET BAND】

 まずは、ベス=アミ<B>入りのGB BANDから。
 つか、いきなりグレアムが絶好調!
 ここ何回かの来日の中では、間違いなく最高&最良のコンディションでしょう。
 現在69歳? マジで??
 いやはや…ありゃ化けモンですわ。
 最近は無理にガナって声が引っくり返ることが多かったのに、今日はほぼ完璧。
 ヤヴァそうな場面もあるにはあったものの、嘘みたいにどの曲も歌えてました。
 古稀目前のやっさんに一体ナニが…?

 ベンケチェアはパワー・ヒッターながらあんま特徴ナシ。
 強いて言えば、オリジナルにかなり忠実に叩いていたことぐらいかな?
 ヘンなこととか、いらんコトしなくてイイと思います。
 ベス=アミは相変わらず…ですが、以前よりは弾けてた…のでは?
 途中、何度かやっさんが二の腕とかケツとか触ってたりしてました。
 あと、イヤモニ用のワイアレスか何かの位置を直してもらってたんですけど、その時、何かヘンな曲を歌ってませんでした?
 ウォルドーは意外に空気だったかと。
 いや、鍵盤ソロも少し弾いてたけど、あんまやる気なかった…というか、音色とかスゲー安っぽくてビビった~。
 問題はギターのコンラード・ペシナート。
 う~ん…、どうしてもっと弾けるギタリストを探さないんでしょ?
 とにかく音もプレイもキビし過ぎる…。
 きっとフロアには、色々コピバンやってるような人も沢山いたと思うのですが──その殆どがコンラードよりずっと巧いのでは??
 ギターに関しては、何度も何度もズッコケまくりでした…。

 セトリは定番曲がテンコ盛り。
 GB BANDの曲を挟みつつ、ソロから「S.O.S.」なんかも。
 レア曲の筆頭は「Samurai」でしょうか。

1.SE~Eyes Of The World(RAINBOW) 2.California Air 3.S.O.S. 4.Night Games 5.Stand In Line(IMPELLITTERI) 6.Into The Night 7.Dancer(M.S.G.) 8.Samurai(M.S.G.) 9.Desert Song(M.S.G.) 10.Rider 11.Since You Been Gone(RAINBOW) 12.Assault Attack(M.S.G.) 13.All Night Long(RAINBOW)


【ALCATRAZZ】

 第一部が終わって、休憩挟んで…と思ったら──暗転したまましばし間があって、そのままALCATRAZZがスタート。
 いきなりベースが巧くなってビックリ!
 音も全然違います。
 ゲイリーはガタイもイイので、ステージで映えますな~。
 やっさんは、流石に疲れが見えてきたものの、それでも手は抜きません。
 「Hiroshima Mon Amour」で一部オクターヴ下げてたのを除けば、ほぼ全開のまま最後まで突っ走ってくれました。
 終盤に入っても、動きとか軽やかですし。
 つか、バラードは年相応にしっとり歌えばイイのに、血管キレそうなガナりっぷりは見事というか何とというか…。
 「Suffer Me」はかなりヤヴァかったけど、それでも69歳と考えれば異常ですわ。
 ジミーは、ALCATRAZZナンバーはそれなりにコナしてました。
 オルガン・ソロも悪くなかったです。
 一方、コンラードはここでもやらかしまくり。
 インギーとかヴァイとか…ホント無理でしょ~。
 もうね、泣けてきましたわ。

 でもって、「Island In The Sun」終わりでゲイリーがお役御免で、最後はベス=アミが戻って「Lost In Hollywood」!
 アンコールでやるのかと思ったら、そのまま続けてやっちゃいました。
 油断してた(?)ベス=アミは、慌ててステージに走り込んで来ました。
 あと、ALCATRAZZパートの方が同期を多く使ってたからか、ちょっと流れが悪くなる瞬間が多かったかも…。

1.Night Of The Shooting Star(SE) 2.Ohayo Tokyo 3.Too Young To Die, Too Drunk To Live 4.Suffer Me 5.God Blessed Video 6.Will Be Home Tonight 7.Jet To Jet 8.The Witchwood 9.Skyfire 10.Hiroshima Mon Amour 11.Island In The Sun 12.Lost In Hollywood(RAINBOW)

 そんなこんなで、暗転したのは19:01頃&客出しのアウトロ(ILLUSIONの「Please Be Home」?)が流れ始めたのは20:55頃でした~。
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-03-17 03:54

またまたにぼしラーメン


 下北沢GARDENで金子マリ&BUX BUNNYを観てきました。

 メンバーは以下の5+1名。

●金子マリ<Vo>
●永井充男<G>
●鳴瀬喜博<B>
●古田宣司<Ds>
●難波弘之<Key>

●金子ノブアキ<Ds>

 伝説的バンドが、BOXセット発売記念で再編。
 ファンキーかつ骨太。
 時にしっとりエモーショナルに。

 ドラムの古田(初期マキOZのメンバー)はスペシャル・ゲスト扱いで、ショウ終盤にはマリの息子ノブアキ(RIZE)も登場しツイン・ドラムに。
 マリおばちゃんは現在62歳。
 見た目はすっかりお婆ちゃんな感じ…。
 でも、歌声は艶っぽいです。
 流石にBUX BUNNY現役の頃のようなパワフルさはなく、すっかり味で勝負…ってな感じながら、観る者をグイグイ惹き込む、惹き込む。
 永井は、この濃いメンツの中では、ちょい空気気味。
 でも、ソロでは甘めのトーンがお見事。
 ナルチョはのっけから元気マンマン。
 ブリブリ弾きまくって、動きにもキレあって、スラップもビキビキ。
 67歳って…ウソでしょ??
 MCでもしゃべるしゃべる。
 見た目は小堺一機っぽかったけど…。
 難波の職人っぷりも健在。
 オルガン・ソロにシンセ・ソロもたっぷり!

1.そして、長い旅 2.うた 3.早く目を覚ませ 4.終わりなき始まり 5.セレナーデ 6.化石の街 7.夕焼けの詩 8.韋駄天BUNNY 9.それはスポットライトではない 10.気まぐれ雨 11.Honey 12.あるとき 13.Die Zeit~時代 14.熱帯夜 15.I Need A Man To Love(BIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY) [Encore] 16.最後の本音

 19時37分頃に暗転し、終演は22時を過ぎてました。
 アンコール含め、実に2時間半に迫る大熱演です。
 …って、MCタイムもいちいち長かったのですけど。
 ナルチョを中心に、往時の裏話をテンコ盛りで。
 メンバー変遷についてとか、故ジョニー吉長の思い出とか、北米レコーディングのエピソードとか。
 それから約40年を経て──みんな60代なんで、電車で席を譲ってもらった話とかも…。

 ライヴは明日もあります。
 セトリ変わるんでしょうか?
 MCについては、ナルチョ曰く「(色々しゃべり過ぎて)明日しゃべることがなくなる…!」とのことでしたが??
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-03-16 03:05

メイデンくん、重大決意続々??


 “Tenebrae Solemnis Vol.3”@下北沢GARDEN!!


SIGH

d0118153_3584123.jpg

 川嶋未来、フルート激奏!!!


1349

d0118153_3593324.jpg

1.SE~Sculptor Of Flesh 2.Slaves 3.I Am Abomination 4.Nathicana 5.Postmortem 6.Riders Of The Apocalypse 7.Chained 8.Exorcism 9.Chasing Dragons 10.Serpentine Sibilance 11.Atomic Chapel 12.Golem 13.Cauldron~Outro

 フロスト不在も、激烈暴虐怒濤サウンドで圧倒!!


ARCTURUS

d0118153_40333.jpg

1.SE~Evacuation Code Deciphered 2.The Chaos Path 3.Painting My Horror 4.Shipwrecked Frontier Pioneer 5.Alone 6.Crashland 7.Game Over 8.Nocturnal Vision Revisited 9.Key Solo 10.To Thou Who Dwellest In The Night 11.Raudt Og Svart

 モニター・トラブルによりヘルハマーの耳がヤラれてしまい、1時間強で突然終了…。
 
 
[PR]
# by naniwametal | 2017-03-13 04:08