ダイヤリ
by naniwametal


日乃屋ウマー!


 わーさんのトーク・イヴェント“劇的トーク・ナイト”にお邪魔してきました~。


d0118153_16152024.jpg


 テーマは“ジャーマン・メタル”!
 パネラーとして、MARY'S BLOODのMari、EVP代表のYamaDB、そして橋山メイデンが登壇。
 ブラック・メタルやってるのに実は大のブラガ・ファンというYamaDB、KREATORとSODOMとRAGE(マンニ含むトリオ期)が大好きというMari、GRAVE DIGGER命のメイデンに、VICTORIUS激推しなわーさん…が、時々大きく脱線しながら、熱く濃ゆいトークを繰り広げました~。
 残念ながら、お客さんは少なかったけど、プレゼント大会(?)も含め、それなりに盛り上がった…かと。

 え? これが最終回??
 う~ん…勿体ない~!

 


[PR]
# by naniwametal | 2018-07-21 16:16

18年目にしてまさか出ないとか…?


 “SYMPHONIC NIGHT VOL.3”@渋谷O-East!

 ド平日だし、どっちも初モノではないので、動員がどうか…と思ったら、椅子席とはいえ、何とソールド・アウトに!
 '03年のSEBASTIAN HARDIE公演のあの激寒い状況の再現とはならず…よかったです。
 ただ、「あんま曲とか知らんけど、とりあえず来た」という人もいたのか、ライヴ中はあちこちで舟を漕ぐオヤジ多数…。
 勿論、感動で胸いっぱいという人も少なくなかったと思いますが。


【ATOLL】

 先鋒はフランスのYES。
 過去に何度か来日してますが、アンドレ・バルゼとクリス・ベヤが揃っての来日は初。
 でも、実質“CHRIS BEYA ATOLLにアンドレが合流”といった感じみたいで、アンドレが歌わない曲も。
 要は、CHRIS BEYA ATOLLの曲もやる…と。

1.Puzzle 2.L'Age d'Or(Dans 8000 Ans) 3.Tunnel Part I 4.Tunnel Part II 5.L'Araignée-Mal:1)Imaginez Le Temps 6.L'Araignée-Mal:2)L'Araignée-Mal 7.L'Araignée-Mal:3)Les Robots Débiles 8.L'Araignée-Mal:4)Le Cimetière De Plastique 9.As A River Flows 10.I Hear The Earth 11.Paris C'est Fini 12.I'd Like To Be

 バルゼは、何度も衣装チェンジしながら、マイ・ペースで歌ったり、踊ったり。
 マスクマンとか、例の電球頭もやってました。
 ベヤはジャジーなノリを全開にしつつ、速弾きをごまかしたり、リズムに乗れなかったり…。
 『MUSICIENS - MAGICIENS』('74)と『L'OCÉAN』('89)からは選曲ナシ。
 英語タイトルなのがCHRIS BEYA ATOLLの『ILLIAN - I HEAR THE EARTH』('14)からのナンバー。
 (元々の仏語ヴァージョンはATOLL名義でしたよね?)
 よって、それらはフルート兼任のミケエラ・カディが歌い、その間バルゼは不在に。
 う~ん…でも、どうせなら『MUSICIENS - MAGICIENS』から何曲かやってくれた方が…。
 当然、一番盛り上がったのは「Tunnel」と組曲「L'Araignée-Mal」…なんですが──正直どっちも演奏が微妙で、ズレズレなアンサンブルには苦笑するしか…。
 とにかく、ベヤとドラマーがお互い全く合わせようとせず、バルゼもとにかく自由過ぎて、ところどころカオスりまくり。
 途中、ベヤが「何で俺に合わせないんだ!」と怒っていざたようにも見えましたが…?
 それにしても、何で「Paris C'est Fini」をラス曲にしなかったんでしょ?
 おかげで、終演時の空気がちょっと微妙に…。
 そんなこんなで、19:02頃に暗転&メンバーが退場したのは20:15頃~。
 (全曲演奏後、みんなで並んでお辞儀しようと思ったら、「Paris C'est Fini」終わりで退場していたバルゼがなかなか出てこなくて、終演時にもちょいグダってました…)


【MARIO MILLO BAND】

 セット・チェンジに30分ほどかかり、20:46頃に暗転。
 今回はMMB名義ですが、当然ながら目玉は『FOUR MOMENTS』('75)の再現ですよ。
 マリオの、レスポールをレズリー・スピーカーにつなぎ、ローランドのテープ・エコーをカマした音は、かなりヌケ良し&コシあり。
 泣きのプレイをたっぷり堪能することが出来ました。
 バンド・アンサンブルも、ATOLLとは違って安定感アリ。
 マリオと共にヴォーカルも執るベーシストも、やはりレズリーを使ってた鍵盤奏者も、職人気質のドラマーも、全員なかなかイイ仕事してました。

1.Windchase 2.Human Games 3.Soulful Experience 4.
Four Moments:1)Glories Shall Be Released 5.Four Moments:2)Dawn Of Our Sun 6.Four Moments:3)Journey Through Our Dreams 7.Four Moments:4)Everything Is Real 8.Rosanna 9.Openings [Encore]10.Epic III:The Journey~Valley Of Music~Musical Passages~Spectrum Of Instruments~Wisdom Teacher~Home-Coming~Captured Moments~Retrospect

 セトリはSHとマリオのソロ作からの楽曲で構成。
 SHの最新作『BLUEPRINT』('11)からはプレイされず。
 やはり盛り上がるのはSH曲で、フュージョン風味のソロ収録曲も悪くはなかったものの、みなさん『FOUR MOMENTS』再現に大感動したことでしょう~。
 個人的には、「Rosanna」を最も楽しみにしてて──いざ始まったら、序盤でもう涙腺崩壊。
 みっちりジックリ堪能しまくりました~。
 で、コチラはアンコールあり。
 マリオの口から「Epic III」がコールされると、大きな歓声が上がり、ソロ曲の中ではズバ抜けて反応が良かったです。
 そんなこんなで、終演は22:11頃──85分に迫る熱演でした~。

 


[PR]
# by naniwametal | 2018-07-19 16:35

金魚絵師の人、意外に闇抱えてた…


 HELLHOUND@吉祥寺クレッシェンド!!


d0118153_15471650.jpg


 ニュー・アルバム『THE OATH OF ALLEGIANCE TO THE KINGS OF HEAVY METAL』──邦題『鋼鉄の軍団』のリリース記念ライヴです。
 新作からガッツリ演奏して、定番旧曲もバッチリ。
 フロアにはパッチGジャン軍団が居並び、終始ヘドバンの嵐が荒れ狂っておりました。
 新加入のMountain King<Ds>は、ずっと前からヘルプとかしてきてるから、もうすっかりバンドに馴染んでるし、Lucifer's Heritage<G>はソロ弾きまくりで気合い充分だし、Blackwind<B>は期待通りにMCをハズしてくれるし…で、とにかく大盛り上がり!
 のり…じゃなくてCrossfireのカミソリ・シャウトもキレッキレで、特に「Requiem For Warrior」での絶唱は聴き惚れてしまいましたわ~。

1.Theme(SE) 2.The Oath Of Allegiance To The Kings Of Heavy Metal 3.Metal Nation 4.Speed Metal Hell 5.Earthbangers 6.Interlude(SE) 7.Requiem For Warrior 8.Sign Of Heavy Metal 9.Let Metal Rule The World 10.Metal Psycho [Encore 1]11.Heavy Metal Magic 12.Heavy Metal Never Dies 13.Metal Warrior [Encore 2]14.Mr.Heavy Metal

 結局、新作からは「Kill With Metal」を除き全曲プレイ。
 ちゃんと(?)ゲストも生参加し、「Heavy Metal Magic」ではオネーチャン・コーラスが、「Heavy Metal Never Dies」では鍵盤奏者がそれぞれ客演ですよ。
 それにしても、
 いつ何どき、どんな場面でもマイ・ペースなCrossfireは、本当にナイス・キャラですな~。
 ホームのクレッシェンドでは、まぁ内輪っぽいノリもついつい出てしまうものの──実のところ、WOAとかでも基本アレと同じですから。
 WOAのテント・ステージを埋めた観客をすっかり魅了してしまった時も、クレッシェンドの常連ファンを前にした時も、あの飄々としたノリはそう変わらないんですよ。
 これまで彼等が、何度も非メタルな国内イヴェントに呼ばれ、その都度、初見の一般人を見事に巻き込んでいってしまうのも、よ~く分かりますわ。
 今後もオッサン・パワーでメタル一筋に邁進していってもらいたいモノですな~。

 


[PR]
# by naniwametal | 2018-07-15 16:12

久々フラッシュ・ディスク!


 MACHINE HEAD@渋谷O-East!

 フロアの埋まりは上々。
 ギッシリじゃないから、モッシュもサークルもやり易い?
 毎度のオジーを合図に、約30分押しで開演。
 特にステージ上はバタバタしてなかったんで、最初から19時半スタートにするつもりだった…?

 例によって(?)“An Evening Of MH”ということで、軽く2時間超…と思ったら、途中のMCでロブが3時間とか言ってるし。
 結果、2時間45分以上、50分未満…って感じ。
 途中、何度か暗転してイントロ…というパターンが何度もあったので、どこからがアンコールとか、そういうのはナシだったかと。

1.Intro(SE)~Imperium 2.Volatile 3.Intro(SE)~Now We Die 4.Beautiful Mourning 5.The Blood, The Sweat, The Tears 6.Kaleidoscope 7.Intro(SE)~Clenching The Fists Of Dissent 8.Philanthropy:Phil's G Solo 9.Darkness Within 10.Intro(SE)~Catharsis 11.From This Day 12.Ten Ton Hammer 13.Is There Anybody Out There? 14.Intro(SE)~Locust 15.Beyond The Pale 16.Ds Solo 17.Bulldozer 18.Killers & Kings 19.Davidian 20.SE~Descend The Shades Of Night 21.Triple Beam 22.Aesthetics Of Hate 23.Game Over 24.Old 25.Halo

 セトリの新旧バランスなかなかです。
 新作からのナンバーもすこぶるウケ良し。
 結構みんな歌ってたし。
 暗転する度にいちいちマシへ・コールも熱い~。
 当然、サークルもサーフもひっきりなし。
 ロブも笑顔で大満足だったようです。
 トークも舌好調!
 渋谷は酔っ払い天国で「最高!」だそうですよ。
 それにしても、ロバート兄貴は元気ですな~。
 現在50歳ですから。
 2時間半超なんて、途中休憩アリの2部構成にしてもおかしくないのに。
 えっ…フィルは51歳で、デイヴは52歳?
 もっとスゲ~。
 でもって、お客さんもタフ。
 終盤、ロブに「疲れたか? おネムなんじゃないか?」と言われても、全~然!!
 最後までフロアは暴れまくりでした~。

 






[PR]
# by naniwametal | 2018-07-03 03:08

もつ焼きウマー


 “SWEDISH BLACK INVASION”@下北沢ガーデン!


【NAGLFAR】


d0118153_05334049.jpg


1.Feeding Moloch 2.Black God Aftermath 3.Bring Out Your Dead 4.Odium Generis Humani 5.The Perpetual Horrors 6.Blades 7.The Darkest Road 8.The Mirrors Of My Soul 9.As The Twilight Gave Birth To The Night 10.And The World Shall Be Your Grave 11.A Swarm Of Plagues 12.I Am Vengeance 13.The Brimstone Gate


【DARK FUNERAL】


d0118153_05340326.jpg


1.Unchain My Soul 2.The Arrival Of Satan's Empire 3.Vobiscum Satanas 4.As I Ascend 5.The Secrets Of The Black Arts 6.As One We Shall Conquer 7.Open The Gates 8.Hail Murder 9.My Funeral [Encore]10.Nail Them To The Cross 11.Atrum Regina 12.Where Shadows Forever Reign


 


[PR]
# by naniwametal | 2018-06-17 05:34