人気ブログランキング | 話題のタグを見る


雨男は誰だ?!


 渋谷サイクロンでBELLFASTを観てきました~。


 


 “Heritage Of Iron 2011”と題された、ARGUMENT SOULVIGILANTEとのカップリング東・名・阪ツアーの最終日です。

 この日、BELLFASTは2番手として登場。
 場内はほぼ満員で、かなりの熱気が渦巻いてました。
 バンドのコンディションも上々。
 家庭の事情で今ツアー不参加の狩野に代わってヘルプ起用された牧野仁幸(元ROSERICH!)も、流石に3公演目ということで、かなりバンドに馴染んでたし。
 心配された、榊魔…ぢゃなくて榊間の走り癖もあんま出ず、西野Kohのノドも絶好調。
 タロー新井のギター・ワークも味わい深く、女子2名によるフルート&フィドルも冴え渡りまくり!
 唯一…バンマス松本のみ、何だか細かいミスが目立ってたけど、もしかして緊張してた?
 まぁ、それでも勢いアリなバンド全体の中では、些細なモンでしたけど。


  


       


  


       


  


  


 あと、
 「The Druid Song」では、アルバムにも参加していたNoaが登場して、ミステリアスな世界観をしっかり再現~。


  


 演奏時間は約1時間で、終盤にはこのツアーで初お披露目されている新曲「Black Mist Island」も炸裂!

1.SE~Bell's Air 2.That's Ireland 3.Odin's Call 4.Sail Under The Midnight Sun 5.The Lone Horseman 6.The Druid Song 7.Black Mist Island(新曲) 8.Celtic Drum 9.Winds Of Time 10.Deadly Oath

 元ネタが本格芋焼酎:黒霧島…ってんで、コルピばりの酔いどれ激走チューンかと思いきや、メイン・パートは疾走してるものの、ちょっとヒネったところもある勇壮なナンバーで、いつも以上にブルちゃん歌唱のKohタンが、英詞のハズなのに「呑~み干~せ~Black(黒)Mist(霧)Island(島)~♪」と日本語で歌っちゃえるサビを熱唱~。
 いずれライヴに欠かせないレパートリーになりそうですな~。


 …で、
 対バンした2組についてもチョロっと。

 まず──ARGUMENT SOUL。


       


 丸山善康(2007~2010)脱退&福井智晴(2000~2002、2010~)復帰後、ようやく初めて観たのですが、いい意味で何も変わってませんでした。
 神谷の強烈なハイ・トーン・ヴォイスも健在だし、福井も健闘。
 スラッシーな新曲も披露。
 あとは、バンマス寺岡のミス・トーンがもうちょっと減ってくれば…。
 ともあれ、来年には出るであろうニュー・アルバムへの期待が高まる、力のこもったエネルギッシュこの上ないショウでした。

 一方、ここのところどうもピリっとしない印象のVIGILANTE…。


  


 でも、今回は初期作からも沢山プレイし(「Chaos-Pilgrimage」は盛り上がった!)、PAスタッフの力量にも救われて、久々に楽しませてもらいました。
 ただ、要は近作の楽曲がそれだけ弱いということが、よりハッキリもしたワケで、正直なところ、初期ナンバーも経年劣化で幾分パワー・ダウンは否めないしで、今後に不安はまだ残るのですが…。
 ただ、彼等も新曲をやってたみたいで、ミッド・チューンに光るモノがあったのは嬉しい発見でした。
 しかし──丹羽のTシャツのスゴイこと。
 マヂ欲しいわ~。
by naniwametal | 2011-10-10 03:41
<< セトリありがとうございました! 手造り純豆腐追加で >>