ダイヤリ
by naniwametal


閉店、閉店、また閉店…


 目黒鹿鳴館でRED-RUMを観てきました~。


 


 元VOLFEED~BLUE STEALERの“きらりん”こと山本朋子<Vo>率いる様式美HR/HMバンドです。
 この日はデビューEP『BREAKIN' THROUGH THE NIGHT』のレコ発ライヴ…って、
 同作が発売されたの、去年の6月だったりするんですけど──その後すぐにキーボーダーが脱退してしまったため、昨年秋にその後任が加わるまで、なかなか思うように活動出来なかったようです。

 ちなみに、レコ発といっても、この日は対バン3組の通常(?)ブッキング。
 お客さんの入りはそこそこ。
 いや、かなり身内ノリっぽい雰囲気が漂っていたし、対バンした連中もフロアで観てたでしょうから、正直アレでは少なかった…かも。
 まぁ、VOLFEEDもBLUE STEALERも、抜群に知名度あったワケではないし、当時聴いてたファンの中には、きらりんが復活したことに気付いていない人も、きっと沢山いる…ワケで。
 いや、VOLFEEDもBLUE STEALERも知らん人にも、まんま赤尾和重2世…ってな凄いヴォーカルとして認識してもらいたいし、ギターのGanもほぼ無名ながら、シブいギター弾くんで、バンドとして、もうちょっと広く知られるとイイな~なんて思ったりも。

 ショウはBLUE STEALER時代の「Ride Over」でスタート。
 いきなり、きらりんの声が出てなくてヒヤヒヤしたけど、何とか力技で歌いきりました。
 またもや喉の状態は完璧ではなかったみたい。
 本人はMCで「乾燥にヤラれて…」なんて言ってたけど、それ以外の原因もあるのでは…?
 ただ驚いたのは、歌えば歌うほど、どんどん声が出るようになってきたこと。
 バラードの「Fly Away」ではまだ苦しそうに歌ってたけど、新曲という「Heel」では、その前の関西ノリのMCがそこそこウケて調子が上がってきたのか、出だしとは比べモノにならないぐらいに歌えるように…!
 一方、バック陣の演奏は──堅実の一言。
 みんな地味ながら、様々なコピバンで経験を積んできているようで、リズム隊とか、目を見張るプレイはないものの、とりあえず安心して聴いていられます。
 鍵盤も同様──もうちょっと派手に弾いてもイイんじゃ…なんて思いつつも、音色も悪くないし、プレイも安定感アリ。
 んで、やっぱり目と耳を惹き付けられるのが、Ganのギター・プレイ。
 しっかりアクション付きで、時には“顔”でも弾いてくれるし、何よりその年齢に似つかわしくないシブ味がプレイのそこかしこから感じられるのが凄い。
 曲によってはネヲクラ寄りの速弾きもしてたけど、いっそそっちは封印して、泣きのメロディだけでとことん勝負して欲しい…とか思ったりも。
 あと、せっかくいいギター弾くんですから、たまにはステージ中央で堂々ソロを弾きまくればイイのに~。


       


       


  


  


  


1.SE~Ride Over(BLUE STEALER) 2.Callin' 3.Fly Away 4.Heel 5.Anything In Your Heart(VOLFEED) 6.Breakin' Through The Night [Encore]7.空へ(Carmen Maki & OZ )


 そんなこんなで、お客さんは少ないながら、徐々に盛り上がってきて、終盤にはサビの掛け合いなんかも。
 アンコールは──呼ばれて出てきたけど、もう曲がなくて、ステージ上で「何やる?」なんて相談を始めたり。
 結局、昨年末にもプレイしたマキOZでまとまりかけるも、鍵盤のHemuが「どんな曲だったっけ?」とか言い出し、「え~と…イントロはこうで……」みたいな感じで、その場で公開打ち合わせ。
 それでも、何とかやれちゃうんですけどね。
 どうせなら、TERRA ROSAとかやって欲しかったけど──ホワスネじゃなくて良かった…かな?

 尚、バンドは今後、新曲をどんどん書いていくとか。
 もう笑っちゃうぐらいにコテコテの様式美路線を期待したいモノです。
 あんま考え過ぎないで、TERRA ROSA~VOLFEEDしちゃって~。
 あと、きらりんの喉を“ライヴ仕様”に戻すためにも、新曲が出来る度にライヴやらなきゃ…ですな。
 コピバンの延長で何となくやってます…的なバンドで終わらせるのは勿体ない~ので!
[PR]
by naniwametal | 2013-01-14 02:32
<< 最初から大鷲に運んでもらえば~? 終わるの遅杉で2日とも王民王民... >>